焼けた惑星

古典占星術では、コンバスチョンという惑星のシチュエーションがあります。

出生のホロスコープにおいて、太陽の前後8度に入った惑星を、
コンバスチョン(=焼けた)として捉え、様々な鑑定を進めるのですが、

それは、太陽と近過ぎたあまりに、惑星が焼かれ(コンバスト)
非常に力が弱まって、厳しいディビリティ(衰弱)に陥った状態です。

惑星同士の重なるアスペクト(星位)と異なり、
互いのサイン(星座)が異なっても、コンバスチョンは成立します。

ちなみに、同じ惑星であっても、
土星周期の外の惑星(天王星、海王星、冥王星)では、
この問題は起こりません。

ところで、惑星は焼かれると、どうなるのでしょう。

前述のとおり、惑星の力は半分以下に弱まってしまいますから、
その惑星の良い面も、悪い面も、人生の中で自覚し難くなるばかりか、

その惑星に支配されているサインやハウスまでもが、
上手く機能しなくなってしまいます。

ですが、焼失したワケではありませんので、
その惑星の課題や周囲への影響は、衰弱した状態で残り続けます。

例えば、あなたの出生のホロスコープで、水星が焼かれていたとしましょう。

すると、水星の支配する双子座と乙女座が、存分に機能しなくなりますので、
その2サインが起点となるハウスも機能し難くなり、

そればかりか、双子座と乙女座にある別の惑星も、
リーダーシップを期待していた水星の力が衰弱したため、

自身のディグニティ(惑星としての個の力)を、発揮し難くなってしまうのです。

少々面倒な状態だと言うことは、ご理解頂けたと思うのですが、
ここで注意せねばならいコトは、

実際の水星が焼かれてしまったのではなく、
あなたが生まれた瞬間の水星が、その力を存分に発揮できなかっただけであり、

リアルな水星自体は太陽系で機能し続けている点です。

つまり、出生のホロスコープの焼けた水星は修復できませんが、

言い替えるなら、あなたの生れながらの持ち味としての水星力は衰弱していますが、
自身の水星力を異なる形で補強し、リアルな水星と共鳴させれば、

こうしたコンバスチョンの問題を克服する生き方を選べるのです。

以下は、水星の古典解釈からの抜粋です。

水星は、あらゆるレベルにおける情報を処理することと関連し、コミュニケーション、論理、そして知的能力を支配する。外界を知覚し、判断し、その意味を理解するための能力でもある。さらに水星は、あらゆる物理的意味での繋がりも支配し、そこには旅や様々な形態の移動も含まれ、わたしたちがいかに他者と関係するかだけではなく、自分が自身とどのように関係するかも示す。

原文を一割以下にまで要約してみましたが、
水星に関する捉え方の大枠は判って頂けますでしょうか。

人生において、この一連の内容を発揮するための、
あなたの生れながらの水星力は衰弱しているけれど、

半分以下になっているその力を、あなたの意志と行動で補えば良いのです。

例えば、水星という性格上、学ぶ姿勢と関連しますから、
学習時の集中力の欠如という形で、問題が表れるかもしれませんので、

そのためには、自身の集中を欠きかねない要因を、あなたの生活から可能な限り排除するのです。

例えば、少食になる、朝方の生活に切り替える、
軽いウォーキングによる脊椎弛緩とリフレッシュを習慣化させるなど、

学ぶためのエネルギーを、積極的に温存する生き方にシフトさせれば良いのです。

古典占星術は、その方に相応しい調和点に辿り着くための、
人生の旅の地図であり、羅針盤でもありますが、

同時に、このコンバスチョンのように、自身に降りかかっている問題を受容させ、
前向きに、そして有意義に生きるための、具体的な方法も教えてくれます。

平成最後の新月となった4月5日、ひかりあめは婚活支援をはじめましたが、
それは、このホロスコープ療法を軸としたプログラムであり、

今回ご紹介したようなアプローチが、
結果として結婚体質を磨くコトになるという理由を、ご理解頂ければ幸いです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

ひかりあめの婚活支援

平成最後の新月となった4月5日、
ひかりあめが婚活支援を始めました。

しかもその日は、何かを始めるには、
これ以上の月齢はないであろう、牡羊座の新月でした。

冒頭から驚かされた、あなたの顔が目に浮かびます(笑)

ちなみに、婚活支援を始める当事者の僕自身が、
結婚に不向きなコトは、出生のホロスコープに現れています。

僕の場合、パートナーシップがどうと言うのではなく、
結婚という社会制度に向いていないようで、

ミッドヘブンに土星が重なっているため、
アセンダント、ディセンダント、ノースノード、ヴァーテックスの、

合計で4つもの感受点とスクエア(葛藤の星位)になるためで、
この事実は、四柱推命でも表れていました。

つまり僕が、自分らしい社会活動をすればするほど、
これらの感受点と問題が起こる星位になっているのです。

社会活動を放棄すれば、この問題は起こりませんが、
そんな人生を選べる人間でもありません。

ですから、そんな僕が、
婚活支援を始める、しかも仕事として向き合うというコトは、

まるで、シルベスタ・スタローンが、
舞台でジュリエットを演じるようなものですよね(笑)

確かに、闘う男!としてのイメージの強烈な彼が、
可憐なジュリエット役に取り組むと言うのは、

プロの俳優として不可能ではないにせよ、
本人もマネージャも、そして観客も望まないでしょう。

ちなみにこの比喩は、古典占星術の解説書(↑)の中で、
デトリメントしている惑星の例えに使われており、

僕の火星は、実際にデトリメントしていますので、
案外、的外れでもないのですが、

僕の今回の婚活支援への参加は、
スタローンが舞台でジュリエットを直接演じるのではなく、

舞台でジュリエットを演じたい新人女優に、
スタローンが舞台監督として、
心理的な支援をするとお考え下さい。

言い替えるなら、

ひかりあめが、どなたかの結婚相手を探したり、
そのための準備をご一緒するのではなく、

その方に相応しい結婚を引き寄せるための心身づくりを、
調和療法を駆使してお手伝いさせて頂くのです。

つまり、ひかりあめが結婚の仲介をするのではなく、
その方の結婚体質を存分に磨いて頂く
ためのプログラムをご用意します。

具体的には、婚活に特化したホロスコープ療法をご提供した上で、
結婚相談所のデータベースへとお繋ぎします

実際にお繋ぎする結婚相談所は、
成婚実績のとても豊富な、みらい結婚コンシェルさんで、

こちらの田井代表と、不思議なご縁を頂戴したことが、
ひかりあめで婚活支援に取り組むキッカケとなりました。

ちなみに、一般的な婚活支援とは、

現在のご自身を客観的にチェックした上で、
相応しい相手をデータマッチングで探し出し、良縁へと導くものです。

出会いの少ない婚活者にとって、
全国規模のデータマッチングが可能なだけでも、

結婚相談所とは、相当に有難いシステムと言えるでしょう。

ですが、そうしたシステムを使う前の段階、
つまり、「現在のご自身を客観的にチェック」する段階で、

その方の結婚体質が、最高品質になっていたらどうでしょうか。

例えば、

 ①婚活に向けた自分の持ち味をチェックする
 ②どんな相手が、自分に相応しいのか
 ③その人と出逢うために、自分はどうあるべきか
 ④自分を最大限に好きになる方法は …等々

出生のホロスコープには、こうした情報が隠されていますから、
これらを具体的に知って、その方の日常が好転すれば、

着実に結婚体質が向上するはずですよね。

つまり、現在の自分を最良の状態に引き上げてから、
そんな自分に相応しい相手をマッチングさせるのです。

古典占星術では、結婚に限らず、
人生の様々な局面における調和点を探り出すコトを得意としますが、

結婚については、過去世からの課題も踏まえ、以下のように捉えます。

結婚とは、相応しい理想の伴侶とともに、自分たちだからこそがなれる、転生史上最高のチームとなること

ちなみに、みらい結婚コンシェルさんのご好意で、
ひかりあめから同会へとお繋ぎする際の特典も、ご用意して頂けるようです。

本件の詳細に関する、お問合せとお申込みは、
こちらの専用フォームか、以下のLINE@からお尋ね下さいね。

→婚活支援へのお問合せ/お申込み

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top