続・塩との相性

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

そして昨日は、本サイトの統合による、
URL一本化へのご理解とご協力に感謝いたします。

今後とも、宜しくお願いいたします。

さて、今日のお話しは、
昨年末の塩との相性に関する投稿の続報です。

あの投稿をした直後に、
それまで2年半、愛用していた塩の銘柄を変えました。

当時、使っていたのは、こちらの塩でした。

アマゾンでは、かなり高額な商品になっていますが、
沖縄のスーパーでは、この倍量が200円未満で購入できます。

「沖縄の塩」と銘打っていますが、
使用されている海水は、海外のモノでした。

突っ込みどころ満載(笑)な塩ですが、
使用する上では特に問題はなく、
乾癬の治療にも役立ちました。

そして、その後、
入浴に使い始めたのは、こちらの塩です。

この塩も、沖縄のスーパーでは、
倍量の1キロ入りが、300円前後で販売されています。

これは、数年前から、
わが家の調理用の自然塩で、
塩糀や漬物作りも、この塩を使っていました。

前者と比べて、粒子がしっとりしており、
そのせいか水解けが良く、

粒子が角ばっていないせいなのか、
肌に優しい感じさえします。

こちらの塩で、入浴も歯磨きも行いはじめ、
3週間が経過したのですが、

肌のしっとり感、すべすべ感が、
今までにない素晴らしさなのです。

この発見をしたのも妻で、
彼女は若いせいか、効果がすぐに表れましたが、

僕は3週間送れましたが、実感できました(笑)

入浴後は、ニガリ化粧水と、
シアバターによる保湿を行っています。

簡単で、お金もかからず、
若々しい肌が手に入れられますよ。

この塩で洗髪をしてから、
頭皮がフカフカになり、髪にもコシがでました。

この調子で、増毛まで辿り着けたら最高ですよね 😉

確かに、ドライヤーを使っている際の指先の感触が、
若い頃の髪を思い起こす触り心地で、

ついつい嬉しくなる毎日です。

塩との相性

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

塩浴をはじめて2年半が経過し、
そのスタイルも随分変化しました。

以前にもご紹介した通り、
当時の僕が参考にした本は、↓こちらです。

松本和子氏の著作「塩浴生活をはじめよう!」です。

これを簡単に説明するなら、
飽和食塩水で身体を洗う入浴法です。

この方法に、生糠を加えたり、
酢を加えたり、

自分なりに色々アレンジしたのですが、
現在では、塩をそのまま使う方法で落ち着いています。

つまり、塩を水で溶かさず、
粒子状の自然塩を、濡れた手のひらで揉んで溶かし、
それで全身を優しく撫で洗いする方法です。

撫で洗いを終えたら、お湯のシャワーで塩を流し、
最後は水シャワーで体表を締めます。

冬のこの時期ではありますが、
水シャワーは塩浴の決め手でもあり、
先にご紹介した著作でも強く勧めていると同時に、
僕はこれで、喘息や乾癬とも決別できました。

実は、今を遡ること数十年、
粗塩で身体を揉み洗いするような、
ダイエット方法を紹介されたことがありました。

揉み洗いするというより、
塩を肌にすり込むような感じでした。

その頃は今より、
36キロも体重が多かったことも手伝って、
疑うこともなく、その入浴法を試したのですが、

塩の粒子で身体を傷付けてしまい、
体表は真っ赤に腫れ、
とても辛い経験となったのでした。

ですから、塩を水に溶かさず、
身体を洗うという遣り方は、

どちらかというと、意識して避けていたのですが、

妻がある日の朝、
塩で洗顔したら、スベスベで気持ちいイイ!
…と言い出したのをキッカケに、

上記の方法を試してみたところ、
肌は驚くほどスベスベになり、
そして、若い頃の肌の柔らかさまで帰って来たのです。

飽和塩水に生糠を足したときは、
柔らかい洗い心地が気に入っていましたが、
入浴後の洗い場の洗浄が手間でした。

また、塩浴のあとに、
酢でリンスをする遣り方は、
髪の乾燥対策としては効果を感じましたが、
なぜか入浴中に、皮膚に小さな痛みを感じたのです。

痛みや痒みは、それが例え小さな反応であっても、
身体に合っていないサインでしかありません。

一方、今、気に入っている塩浴は、
入浴後の肌の柔らかさは格別で、

酢を使った時のような違和感は、
微塵もありません。

僕は、塩との相性が抜群のようです。

そう言えば、2ヶ月程前から、
歯磨きも塩だけで行っています。

歯科医に言わせると、良くないケアのようですが、
塩歯磨きは僕に向いているようです。

入浴にせよ、歯磨きにせよ、
塩を優しく扱うことが、とにかく大切なようで、

これは漬物作りでも言えるのですが、
優しく塩で漬け込むと、野菜もそれに応え、
殊の外美味しく漬かってくれます。

当たり前のことですが、
こういう気付きが、大切なのでしょうね。

ところで、話しは変わりますが…、

塩と漬物のお話しのついでに、
お知らせいたしますね。

丁度2年前となる、2015年の12月下旬から、
ひかりあめでは有機野菜による、
無料の漬物処方を始めました。

この2年間で、沢山の利用者の皆様に、
喜んでも頂け、僕にとっても素敵な経験となりました。

そんな漬物処方でしたが、
今日をもちまして、
終了させて頂くことにいたしました。

もちろん、趣味としての漬物作りは、
今後もずっと、続けるはずですので、

もしかすると、ひかりあめの利用者様に、
プレゼントさせて頂くこともあるかもしれません。

皆様から頂戴した沢山の笑顔を、
生涯、大切にいたしますね。

本当に、有難うございました。

食をハッピーに♡

こんにちは!智子です。

前回のブログでは、家事が楽しめるようになったことを
シェアさせていただきました。

今回は、料理について、具体的にお話ししますね。

さて、みなさんはお料理されてますか?

我が家では、夫婦でキッチンに立っているのですが、
夫の料理への向かい方、調理法、楽しみ方に、
「なるほど!」と、うなってしまうことがあります。

たとえば、私は、今まで、調理時間を短縮するために
調理手順をスキップすることが多かったのですが、

スキップしたところで、完成した料理の満足度が上がったり、
時間が削減できているわけではなかったなぁ。と気がつきました。

これからご紹介する内容を、当たり前と思われる方も、
ハードルが高いと思われる方もいらっしゃるでしょう。

実践的な内容を、いくつかをご紹介しますので、
どなたかのご参考になればうれしいです。

〜 料理編 〜

1, 調理前に、心を落ち着かせてリラックスする

〈方法〉
どのような方法でも良いですが、包丁を構える前、
軽く目を閉じ、心の中で静かに感謝を伝えてから、調理を始めます。
今は、毎日やっていますが、とてもリラックスして、調理への集中が高まります。

〈今までの私〉
自分の中のスイッチを、「調理モード」に切り替えずに
調理を始めると、思考のぐちゃぐちゃが、そのまま料理や調理環境に出ます。
効率が落ちるので、調理中に疲れてしまい、調理後にはぐったりすることも。

2, ひとつの料理に、きちんと向き合う

〈方法〉
ひとつの料理に向かい始めたら、
素材を「おいしい料理」に仕上げるまで、子どもを見守るように観察する。

加熱などで時間がかかる場合、つぎの料理の準備に入るよりも、
調理台、まな板、シンクを美しくに整えることを優先させる。

ポイント:張り詰めて、完璧主義的に行うのではなく、
調理中は、リラックスしていることが何より大切ですよ^^

〈今までの私〉
いくつかの料理を、同時進行でこなす感じでした。
追われながら、次々に作るので、ひとつの料理に向き合う感覚は、
ほとんどありません。

ひとつの料理の出来映えより、全体を仕上げることを優先して、
もうちょっと炒めた方が美味しいだろうなと思っても、
時間がないからと、次の行程に進んだりしていました。

調理スペースを、気持ちよい環境に保つことをおろそかにすると、
シンクに洗い物がたまったり、思考がガチャガチャしたり、
イライラすることもありました。

3, どんな味付けにするかは食材に聞く

〈方法〉
1)  使う素材を決める。

2)  どう調理するか(焼く・煮る・蒸す・炒める等)を決める。
この段階では、味付けを決めない。

3)  加熱料理は、火が通った時点で、素材を味見するなどして
どんな味付けがよいか判断する。

4)  そして、味付けする。

すると、素材そのものが活かされた、びっくりするほど
美味しいオリジナル料理が完成することが多いのです。

難しそうに思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
基本調味を、自然塩、醤油、味噌、みりん、酒、に絞って考えると、
シンプルながら、それだけの調味とは思えない仕上がりになります。
ぜひ、お試しくださいね。

ちなみに、「○○(料理名)を作る」と決めて、調理することもありますが、
調味料の量や、調味料の種類は、その都度違っています。

〈今までの私〉
過去のイメージ(調味の経験、食べた経験)の再現で
調味することが多かったです。

素材を問わず、その味にたどり着くことが完成形なので、
素材の持ち味は活かされず、「味付けで食べる料理」になります。

それが悪いわけではありませんが、素材ありきで調味する
すばらしさを知ると、少しもったいなさを感じます。

4, 常備菜は欠かさない

〈方法〉
冷蔵庫に常備しておきたい惣菜を、ひとつ以上決める。
それを、たっぷり作り、大きめのタッパーにストック。
なくなる前に作り、切らさないようにする。

いつも常備菜があると、安心感があります。

料理の材料の一部にしたり、
そのままおかずの一品にもなり、料理の幅が手軽に広げられます。

〈今までの私〉
いろいろな味覚を食卓に並べようと、毎日、複数品作っていましたが、
常備菜はあまり利用していませんでした。

今思えば、毎回の手間は、けっこう負担になっていました。

「それはそうだ」と、笑ってしまいますが、
常備菜を常備する余裕がなかった、ということですね。

さて、ご紹介した内容は、
現在、私が「できていること」ではありません。

夫の姿を見て気づき、「そう在ろう」としている段階で、
日々、楽しく学んでいるところです。

そんな夫へは、ぜひ、料理教室をやってほしいと伝えました。

彼が、毎日、楽しんでいる料理には、
「家族を大切にすること」や、料理の大切なエッセンスがたっぷりで
ステキな料理教室になるだろうなぁと、ワクワクするからです。

ちなみに、私個人として、「こんな料理教室してほしい!」
と思っているテーマは、以下です。

● いろいろ使える常備菜
● 沖縄野菜のシンプルレシピ
● 発酵食

お料理をこれから始めようと思われている方も、ベテランの方も、
ハッピーな食卓を一緒に作っていきませんか?

料理教室に関して、「こういうことが学んでみたい」など
ご要望がありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

それでは、次回は、お掃除についての実践編をシェアしますね。

夫から生活の楽しみ方を教わる

こんにちは! 智子です。

今回は、生活の楽しみ方について
私が、日々、感動しながら学んでいることをシェアしますね。

みなさんは、家事をどのような心持ちでされていますか?

家事の中には、得意、不得意や、
好きなこと、苦手なことが、あるのではないでしょうか。

結婚するまでの私にとって、
家事は「しなければならないこと」であり、
時間に追われながら行うものでした。

ところが今、その“家事観”が、大きく変化しています。
時間に追われることもなく、気持ちよいからやっているのです。

なぜ、長年の生活習慣によってできた価値観が
短期間で変化したのでしょうか。

その理由は、家事の才能に秀でた師匠から、
楽しく学んでいるから。

師匠とは、夫のことです。

夫には、家事の才能があります。
家事の才能、というより、生活の質を上げる才能、
といった方が、しっくりくるかもしれません。

私に、家事の才能はありませんが、
彼のおかげで、家事=義務 ではなくなりました。

夫は、料理や掃除など、家事が楽しくて仕方ないそうです。
彼のつくる料理には、涙が出そうになることもあります。

人には素質があり、楽しんで楽に行えることや、
頑張っても、楽しみを見出すことができず、
なかなか上達しないと感じることもあるかと思います。

ちなみに、素質がある・ないは、
あるから良いとか、ないから悪いということではなく、
素質がないことに劣等意識を感じる必要もありません。

どのような人にも、なんらかの素質があります。

素質を磨いて生きていると、
自然と、その人も周りの人も輝くのではないかなと、
家事を楽しむ夫を見ていて思うのです。

よく、「本物を見なさい」とか、
「一流の人から学びなさい」と言われます。

本物、一流から学ぶことのパワフルさ。
それは、本質を伝え受けるところにあるのではないでしょうか。

さて、家事が得意でない人が、いきなり、
夫の家事を “ How to ” から取り入れようとすれば、

ハードルが高く感じたり、力んで三日坊主になったり、
「私には無理」と思ってやらないような気がします。
私なら、きっとそうなります(笑)

ですから、まず、その人のあり方から、本質を学ぶ。

How toの部分は、「なぜそうするのか」を理解したなら、
自由に、人それぞれで異なっていてよいのです。

さて、次のブログでは、生活を楽しむ方法について
具体的にお伝えしていきますね。

乳鉢のある生活

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

ひかりあめで、メディカルハーブと
セットで人気があるのが、こちらの乳鉢です。

僕も毎朝愛用しています。

特に、ジンジャーのような茶葉は、
熱湯を注ぐだけでは、効能が出難いですが、

台所ハサミで細切れにしたジンジャーを、
この乳鉢で体重を掛けながら挽いてやると、

例え少量でも、しっかり効能を引き出せ、
とってもエコに使うことができます。

また、僕のようなジンジャー好きなら、
そのようにして、しっかり挽かれた茶葉なら、
茶葉自体も美味しく頂くこともできます。

つまり、何も残らないのです。

エコの極みですよね。

これが、乳鉢を使わない状態だと、
食べられないコトはありませんが、

少々刺激が強過ぎますので、
茶葉まで食べる行為は、
避けられた方が無難かもしれません。

また、エルダーフラワーや、
ローズマリーのように、十分小さな茶葉でも、

乳鉢で挽くと表面積が増えるため、
しっかり効果を楽しめます。

電気式のミルミキサーでも、
茶葉は十分小さくなりはしますが、

回転熱で煮えてしまうため、
オススメできません。

ちなみに、僕は前世で、
何度も医者を経験しているそうで、

そのせいか、乳鉢で薬草を挽いていると、
懐かしいような、せつないような気持ちや、

その音や感覚で、
薬草の声を聴き分けるような充実した感触が、
いつも、どこからともなく、湧いて来ます。

魂の記憶なんでしょうね。

最近は、心身の浄化を促進させるために、
沖縄県産の秋ウコンを愛飲しています。

毎朝、これを乳鉢で挽いていますので、
内側が黄色く染まってしまいました(笑)

とはいえ、これも愛用の証です。

ご家庭にひとつあると、とっても重宝です。
サイズも手頃ですので、ぜひご活用下さい。