世界を笑顔に

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、世界スマイルデーだそうですね。

今朝未明の瞑想で、先月末に得た素晴らしい情報を、
シェアしてOKというサインを、宇宙から頂戴しました。

このリーディング結果が、とても気に入ったのですが、
その時点では、公表してはいけないコトになっていました。

この情報の公表OKのサインと、
世界スマイルデーが関係するかどうかは判りませんが、

現金を引き寄せたい、そんなあなたにシェアします。

お金は、あって困るモノではないですし、
経済的な自由を手に入れたなら、
遣りたいコトは、僕も山ほどあります(笑)

そんな時に、頼りになる存在が、
かつて何回か話題にした宇宙銀行です。

宇宙銀行には、僕たちの徳が貯蓄されているコトは、
こちらの投稿で、お話ししましたが、

具体的にお金という時空のツールを、
自分の手元に引き寄せるためには、

どうやら、正しい窓口が存在したようです。

簡単に言うと、それは「宝くじ」なのですが、
どんな「宝くじ」でも、良いワケではありません。

以下、宇宙銀行に関するリーディングの結果です。

宇宙銀行は、その性格上(=光の特性)
公平なシステムに関与しようとする。

「ジャンボくじ」などの「全国自治体くじ」は、

購入者の多い首都圏に、
当選者が出る仕組みになっているので、

沖縄などの地方では、当選者が出難くいため、
宇宙銀行は介入したがらない。

これは「スクラッチくじ」にも言える。

また「サッカーくじ」は、
試合の勝敗と関係するため、

聴衆のエゴや、
八百長さえも入り込めることから、

宇宙銀行は関与しない。

幸運を公平に届ける「くじシステム」は、
数字を選ぶナンバーズ系のみである。

中でも週に一度の抽選と、
一枚200円の手軽さから、

宇宙銀行は「ミニロト」を応援している。

好きな数字を5個選ぶという参加方法も、
そして選べる数字(1~31)も、
出生月日を意識しており、
※出生のホロスコープ=宇宙との繋がり

自身と数字の調和を図れるという側面も、
宇宙銀行は気に入っている。

ちなみに、アラビア数字とは、
世界のみならず、宇宙の共通シンボルである。

ぜひ、参考にして、
必要な現金を手にして下さいね。

このリーディング情報が、
世界に笑顔を届けますように。

首の振り方

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

健康で、波動の高い人の首の振り方に、
独特な傾向があるコトに、最近気付きました。

そこに気付くと、その反対となる、

不健康だったり、
ネガティブだったり、
チャンスを逃し気味だったりと、

そんな波動が低めの人は、
その真逆な首の振り方をしています。

コミュニケーションの中で、

前者は、首を縦に振るのに対し、
後者は、横に振るのです。

例えば、男性から女性に対して、

綺麗ですね、
可愛いですね、
若いですね、

などと声を掛けられた時に、

前者は、にっこり笑って、
首を縦に、しかも、ゆっくりと振りるのですが、

後者は、「いえいえ、そんなこと…」、
…と言いながら、首を横に振り、

しかも、手では、その褒め言葉を、
遮るような仕草まで加える人までいます。

もちろん、本人は謙遜のつもりなのですが、

その瞬間に波動が下がり、
降りかかっていたチャンスまで、
逃がしているコトに気付けません。

こうした受け答えが、身に付いてしまうと、

殆どの遣り取りの中で、
首を横に振るようになってしまいます。

また、首を横に振る仕草自体も、
お世辞にも、美しいモノではありませんから、
※実際、首筋にシワも残ります

そうしたジェスチャーを表した瞬間、
自身の波動の低さを、
宇宙に宣言してしまうコトになります。

これは、日本の道徳教育の影響の一つですが、
とにかく日本人は、不自然なまでに謙遜します。

確かに、漢字の「謙」も、「遜」も、
その意味は「へりくだる」コトですが、

それは「相手を敬うこと、自分を控えめにする」コトであって、

首を横に振って、
自己否定すると言う意味では、
決してありません。

本来は、慎ましく、そして素直に
相手の意見などを受け容れる姿勢です。

ならば、首を縦に振る謙遜だって、出来るはずです。

これを理解した上で、ゆっくりと優雅に、
首を縦に振る習慣を身に付ければ、

自ずと自身の波動は高まり、
幸運を引き寄せ始めるはずです。

相手に褒められたら、首を縦に振ります。

 有難うございます。
 とても、嬉しいです。

相手に苦情を言われても、首を縦に振ります。

 なるほど、
 そういう部分は、是非あらためたいです。

そして、叱られても、首を縦に振ります。

 有難うございます。
 早速今日から、変えて参ります。

こうして、
首を縦に振るコミュニケーションを習慣化すれば、

相手の意見を傾聴した事実を体現しながら、
自身を成長させるコトにも成功していますから、

相手に対しても、
そして宇宙に対しても、

高い波動で応えるコトができますよね。

首の振り方ひとつで、
宇宙銀行の残高にも、かなり影響しそうです(笑)

宇宙銀行と光の貯金

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

明日から2日間の東京行きを前に、
3日分のブログと、メルマガの原稿に追われてます(笑)

今日の投稿のテーマは、
そんなメルマガ読者の皆さんには、
5月29日の便でお届けした内容なのですが、

こちらの公式ブログでは、
内容を少々膨らませて、ご紹介しようと思いますので、

メルマガ読者さんも、ぜひもう一度お読み下さい。

Facebook経由で知ったブロガーさんが、
面白いコトを、自身のブログに書かれていました。

彼は、地球外存在と頻繁にコンタクトされており、
彼らから「宇宙銀行」についてレクチャーされたそうです。

地球外存在とのテレパシックな遣り取りは、
最近では、あまり珍しくありませんが、

彼が得た情報に、とてもインパクトがありました。

宇宙には、自分の輝き資金の入金された銀行口座があって、
それを物質次元で出金することが、

何と可能なんだそうです。
\(^o^)/

自分自身が、人生で輝けば輝く程、
そのエネルギーが宇宙銀行に貯蓄されるので、

積極的に物質界におろして、
必要に応じ利用せよという指令を、
彼は受けたんだとか。

これに対して、そのブロガー氏は、
それを、「むちゃくちゃな指令」と形容していますが、

僕の受け取り方は真逆で、
「これは真実だ」と、心底思えました。

異次元存在ではなくても、
物質次元の僕たち「らしい」やり方で、

そうした輝き資金は「引き出せる」という、
確信を持ったのです。

僕の共鳴した、そのポイントとは、
物質次元の「口座に引き出す」という部分でした。

以下は、前述のブロガー氏に出会う数週間前に知った、
宝くじに高額当選された女性の記事です。

去年の年末ジャンボで、高額当選しました。

あの後、家と土地を現金で買って、
後の生活は、何も変わらないかな。

それから、不妊で治療していたけれど、
家が建ってすぐに妊娠出来ました。

世界は、何でも与えてくれると思います。

振り返ると、宝くじが当たったのは、
まるで、決められているみたいでした。

本来なら、その年末はまだ、
海外に住んでいたはずなのに、

ビザの猶予は、まだあったのに
何となく3年住んだアメリカからの帰国を決め、
帰って来たのが11月でした。

帰国後、たまたま行ったスーパーマーケットの、
宝くじ売り場で、くじを1枚だけ買いました。

それが、当たってました。

アメリカでの生活は、
悟りたくて毎日瞑想したり、自己観察したりと、
自分探しの日々でした。

でも、ある時疲れちゃって、
もうイイやって思ったんです。

もうイイや、
今あるもので、どうにかしよう!って。

どうせ、いつか死ぬんだから、
先を心配するのは、やめようって思ったんです。

頑張るのをやめてもイイやと決めたら、
急に気が楽になって、

勤めていた会社に退職願いを出す前に、
帰国のチケットを購入してました。

人生なんて、死ぬまでオートマチックで、
勝手に自分が動いてくれるので、

気持ちとしては、今を一生懸命生きるしかないんですよね。

希望を叶えるための条件は、何一つ無いと思います。
ぶっちゃけ、何やっても自分に必要な事は起こります。

生きている間にしか、見られない景色を楽しんで、
生きている間にしか、経験出来ないことを経験して、

一瞬一瞬を、大切に生きる事です。

一瞬を大切に生きる人の、
人生が素晴らしくないはずがありません。

人生は、一瞬の連続で、出来ているんですもんね。

もちろん、不安な日も、
心配な事もありますし、実際起こります。

でもそれでイイ、そんな風に生きています。
人生傍観モードです。

この文章を読まれて、どう思われましたか?

前述のブロガー氏は、物質次元の自分の口座に、
宇宙の輝き資金が送金されるなんて、
有り得ないと言いましたが、

実際、宝くじの場合、高額当選になると、
口座に振り込まれると言いますので、

宇宙が、その人に対して、何等かの応援を開始すると、
物質次元に存在する、
そんな「宝くじ」のようなシステムを利用して、

僕たちに送金してくれるコトも、
この二つの記事から、
充分に考えられるなと思ったのです。

それともあなたは、彼女の高額当選について、
単なる「運」で片付けますか?

この二つの記事のもたらしたアイデアは、
かなりワクワクできる内容だったので、

皆さんに、お伝えしたいと思ったのでした。
お役に立ちますように。

Scroll to top