妖精体験

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕は昭和34年に東京で生まれましたが、
2歳を迎える前に、埼玉県の入間市に引っ越しました。

それから、16年間、
大学に入って独り暮らしを始めるまで、
そこで幼少時代を過ごしました。

スタジオ・ジブリの「となりのトトロ」を、
知らない人はいないと思います。

この物語の設定は、
僕が幼少期を過ごした場所の隣町で、
映画に登場する町の名前など、
多くが実在し、僕も知っている場所です。

しかも、時代設定まで、殆ど同じ。

実は、その町で幼少期を過ごした僕たちの世代は、
多くの仲間が、まるで「トトロ」のような体験をしました。

いわゆる、妖精体験です。

その子に、丁度良い妖精と出会いました。
つまり、その子の放つ波動に見合う妖精が現れたのです。

僕の家の周りには、同世代の子供は、
殆どが女の子だったせいもあり、

女の子の好きな遊びや趣味が、
そのまま僕の遊びや趣味になりました。

料理が好きなのも、そのせいかも(笑)

男の子の間では、野球が流行っていましたが、
ルールも知らないので、
誘われるコトもありませんでした。

むしろ、ママゴトのお父さん役の方が、
しっくりしていたのです(笑)

そのため、僕の体験した妖精物語は、
とてもメルヘンな内容でした。

小学校までは、2キロの道のりを、
独りで通学したのですが、

途中には、大きな雑木林が幾つもあり、
みちくさをするには、絶好の環境でした。

ある霧の濃かった日、雑木林の入口で、
薄汚れたランニングシャツを着た、
小柄な子供に出会いました。

僕の友人のT君に似ていたので、
彼の弟だと確信して、僕から話し掛けようとすると、

彼の方から手が差し出され、
その手に触れた次の瞬間、

彼と僕は、同じ馬の背中にまたがっていました。

立派な体格の馬で、
タテガミが光っていました。

馬は、僕たちを乗せて、
雑木林の奥へと、ドンドン入って行きました。

子どもの僕にとって、丁度良い速さで、
切る風の感覚が絶妙な肌触りで、

あまりの気持ち良さに、寝入ってしまったのです。

どれくらい寝ていたのか、判りません。
気が付くと畑の真ん中で、仰向けになって寝ていました。

今から思えば、まるで「猫バス」です。

一度や二度で無く、
そんな素敵な経験を、僕は何度かしました。

少し大きくなってから、
友達が河童に騙された話しを耳にしました。

河童にいたずらされた子供に共通していたのは、
全員が男の子で、例外なくイタズラ好きの子でした。

そして、オバケに遭った子の話しも聴きました。

彼等は皆、怖がり屋さんで、
いつも、何かの不安を抱えているタイプでした。

メルヘンな子は、魔法の馬に乗り、
イタズラっ子は、河童に騙され、
臆病な子は、オバケに遭遇したのです。

そんな体験が、珍しく無かったのは、

おそらく、当時のその地方は、
3次元と4次元の間の仕切りが曖昧で、

自分の無意識を、
そう言うカタチで体験させるコトで、

将来、何かの役に立たせたかった神様の計画が、
在った気がしてなりません。

実際、僕が沖縄に惹かれたのも、
キジムナの話しに興味を抱いたからだし、

16年前の沖縄への移住が、キッカケとなって、
調和療法を完成させるコトになったのだし、

自分スタイルの音楽への気付きも、
この島での、CMソングを唄うチャンスを通じて、
確信となったのですから、

すべては、遠いあの日の、
魔法の馬に始まった、長い長い物語だったようです。

潜在意識の正体

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日の投稿は、世の心理学者たちに嫌われるはずです(笑)

僕は、潜在意識なんて無い!と思っています。
その正体は、あなたの生んだ幻です。

うそだぁ!という声が、聞こえます(笑)

まあ、イイです。
とりあえず、その有無は、さておき…、

僕たちは、潜在意識について、難しく捉え過ぎではないか?

…という程度の疑問に、
まず、お付き合いください。

世の常識では、以下の通りです。

意識には、顕在意識と潜在意識があって、
自分で気付くコトのできる顕在意識は、
意識と言う氷山のほんの一角で、

とてつもなく大きな、そして自分では制御できない、
潜在意識の力に圧倒された生活を送っている!と、
世の人々は、信じ切っています。

例えば、表向きには、平気な顔をしていても、
心の奥底では、自分に自信が持てず、
事ある度に緊張し、自分らしさを出せずにいれば、

それは、潜在意識側の自己肯定感が無いからだと結論付け、
でも、潜在意識は、自分ではどうしようもないから、
手が出せないでしょ!というシナリオに落ち着いてしまうのです。

意識が見えないコトをイイコトに、
話しを、わざわざ複雑にして、

自分の不都合な一面を、
納得するための、究極の理論に仕上げているのです。

ですが、宇宙の真理では、
そう、思っているから、そうなってるだけ!でしかありません。

潜在意識が、どうのこうの言う前に、

実際問題として、思いの癖はありますよね。
癖ですから、自分では気付くコト無く、そうした考え方をします。

そうした思いの癖に、

生きている中、生活の中で、問題として気付き、
それを変えようと心掛ければ、それは、新たな思いの癖になります。

良い思いの癖は、良い行動に繋がり、
良い行動は、良い習慣となり、
良い習慣は、良い人格を生み、
良い人格は、良い運命を引き寄せ、
良い運命は、良い人生を築くのです。

とても、シンプルです。

ですからあなたも、僕のように、
自分の意識は、全てが自身の支配下にあると確信してみませんか?

その上で、思いの癖に気付いて、それを修正することで、
良い人生を築いてみませんか?

僕は、こうした発想の方が、
世界を変える!という、トンデモナイ奇蹟を成し遂げるために、
自分も生きやすいし、断然好都合です。

そして自分は、自分であって、
意識も、意識でしかないけれど、

未知なる可能性を秘めた、
潜在能力は無限にある!と確信しています。

そうです。

潜在意識なんて、複雑でネガティブな発想は、今日限り捨てて、
自身の潜在能力の存在を、大胆に肯定しましょうよ。

無限の潜在能力こそ、幸せになるエネルギーであり、
自身を生かす力であり、生きる力の源です。

自分の中に、

そんな、とてつもないエネルギーがあるコトに気付き、
幸せに向かって邁進しましょう。

開運の手

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、台湾華僑に学ぶ、
開運に導くための、自身の手に関する情報をシェアします。

お金が、最もイメージしやすいかもしれませんが、
僕たちは、多くを手で受け取ります。

例えそれが、非物質であっても、
手で何がしかを受け取るというイメージは、
対象が何であれ、明確にあるものです。

ですから、手を良い状態に保つことに、
台湾の華僑たちは、こだわるのだとか。

彼らの風水的に説明すると、
掌にある沢山の線(手相に関係する線)の中で、

縦方向に走る線は、その多くが吉相と関係し、
横方向の線は、障害線が多いため、

胸の前で、両方の掌を合わせ、
縦方向に掌をこすることで、

障害線が薄くなり、吉相が強まるのだとか。

また、こうして掌を擦れば、
摩擦熱で温かくなりますが、

温かくなったところで、

両方の親指の付け根の下の、ぷっくりした部分を、
反対側の親指で揉んでやると、

開運のためのスタミナが、育まれるのだそうです。

また、同じ要領で、小指の付け根も揉めば、
こちらは金運や人間関係を向上させる力が育まれるのだとか。

また、縦方向に擦った掌が発する摩擦熱は、
吉相を高める効果がある分、その熱の波動も高まって、

身体の問題のある部位に、掌を当てることで、
治療効果も期待できると言われています。

また、冒頭でも述べたように、
僕たちは、それが何であれ、手で受け取るイメージができる以上、

受け取ろうとする掌に、隙間があっては、
ザルでは水がこぼれるが如く、幸運も逃げてしまいます。

両手の全ての指を、ピシッと閉じてみて下さい。

指の付け根に、隙間ができていませんか?
それでは、幸運がこぼれてしまいます。

そのため華僑たちは、暇さえあれば、
指に力を入れて、指と指を寄せてみたり、

反対の手で、人差し指から小指を包み込むように握り、
隙間を埋めようとする習慣もあるそうです。

手相は変わると、良く言われますので、

こうした、指の付け根の隙間なども、
きっと、どんどん変わるのでしょうね。

そういう意味でも、手相は結果であって、

そうした変化を生み出す原因が、
ポジティブなものであればあるだけ、

何らかの形で、開運や奇蹟と関係するのでしょう。

宇宙銀行と光の貯金

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

明日から2日間の東京行きを前に、
3日分のブログと、メルマガの原稿に追われてます(笑)

今日の投稿のテーマは、
そんなメルマガ読者の皆さんには、
5月29日の便でお届けした内容なのですが、

こちらの公式ブログでは、
内容を少々膨らませて、ご紹介しようと思いますので、

メルマガ読者さんも、ぜひもう一度お読み下さい。

Facebook経由で知ったブロガーさんが、
面白いコトを、自身のブログに書かれていました。

彼は、地球外存在と頻繁にコンタクトされており、
彼らから「宇宙銀行」についてレクチャーされたそうです。

地球外存在とのテレパシックな遣り取りは、
最近では、あまり珍しくありませんが、

彼が得た情報に、とてもインパクトがありました。

宇宙には、自分の輝き資金の入金された銀行口座があって、
それを物質次元で出金することが、

何と可能なんだそうです。
\(^o^)/

自分自身が、人生で輝けば輝く程、
そのエネルギーが宇宙銀行に貯蓄されるので、

積極的に物質界におろして、
必要に応じ利用せよという指令を、
彼は受けたんだとか。

これに対して、そのブロガー氏は、
それを、「むちゃくちゃな指令」と形容していますが、

僕の受け取り方は真逆で、
「これは真実だ」と、心底思えました。

異次元存在ではなくても、
物質次元の僕たち「らしい」やり方で、

そうした輝き資金は「引き出せる」という、
確信を持ったのです。

僕の共鳴した、そのポイントとは、
物質次元の「口座に引き出す」という部分でした。

以下は、前述のブロガー氏に出会う数週間前に知った、
宝くじに高額当選された女性の記事です。

去年の年末ジャンボで、高額当選しました。

あの後、家と土地を現金で買って、
後の生活は、何も変わらないかな。

それから、不妊で治療していたけれど、
家が建ってすぐに妊娠出来ました。

世界は、何でも与えてくれると思います。

振り返ると、宝くじが当たったのは、
まるで、決められているみたいでした。

本来なら、その年末はまだ、
海外に住んでいたはずなのに、

ビザの猶予は、まだあったのに
何となく3年住んだアメリカからの帰国を決め、
帰って来たのが11月でした。

帰国後、たまたま行ったスーパーマーケットの、
宝くじ売り場で、くじを1枚だけ買いました。

それが、当たってました。

アメリカでの生活は、
悟りたくて毎日瞑想したり、自己観察したりと、
自分探しの日々でした。

でも、ある時疲れちゃって、
もうイイやって思ったんです。

もうイイや、
今あるもので、どうにかしよう!って。

どうせ、いつか死ぬんだから、
先を心配するのは、やめようって思ったんです。

頑張るのをやめてもイイやと決めたら、
急に気が楽になって、

勤めていた会社に退職願いを出す前に、
帰国のチケットを購入してました。

人生なんて、死ぬまでオートマチックで、
勝手に自分が動いてくれるので、

気持ちとしては、今を一生懸命生きるしかないんですよね。

希望を叶えるための条件は、何一つ無いと思います。
ぶっちゃけ、何やっても自分に必要な事は起こります。

生きている間にしか、見られない景色を楽しんで、
生きている間にしか、経験出来ないことを経験して、

一瞬一瞬を、大切に生きる事です。

一瞬を大切に生きる人の、
人生が素晴らしくないはずがありません。

人生は、一瞬の連続で、出来ているんですもんね。

もちろん、不安な日も、
心配な事もありますし、実際起こります。

でもそれでイイ、そんな風に生きています。
人生傍観モードです。

この文章を読まれて、どう思われましたか?

前述のブロガー氏は、物質次元の自分の口座に、
宇宙の輝き資金が送金されるなんて、
有り得ないと言いましたが、

実際、宝くじの場合、高額当選になると、
口座に振り込まれると言いますので、

宇宙が、その人に対して、何等かの応援を開始すると、
物質次元に存在する、
そんな「宝くじ」のようなシステムを利用して、

僕たちに送金してくれるコトも、
この二つの記事から、
充分に考えられるなと思ったのです。

それともあなたは、彼女の高額当選について、
単なる「運」で片付けますか?

この二つの記事のもたらしたアイデアは、
かなりワクワクできる内容だったので、

皆さんに、お伝えしたいと思ったのでした。
お役に立ちますように。

Scroll to top