運を刺激する

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

今日の投稿は、出生のホロスコープで、
6ハウスに惑星の集結している方には、
特に役立つ内容です。

僕自身も6ハウスに、ステリアム※が存在しますので、
※ステリアム=3つ以上の惑星が重なっている

この事実に気付いたときには、
その効果のもたらしたモノに、感動さえ覚えました。

遣ることは簡単なのですが、
時空主義の6ハウス人間には、なかなか気付けないコト。

いったい何をするのかといえば、
それは、いつもと違うコトをする…ただ、それだけなのです。

僕は時間に拘束されない自営業者ですが、
それでも意識していないと、
毎日同じルーチンワークを繰り返してしまいます。

つまり、毎日、同じような時間帯に、
同じような言動をしかねません。

特に人間と猫は、
変化を好まない生物ですから、
毎日同じようなことを繰り返しがちになり、

そのせいで、運が刺激され難くなります。

ですから、もしあなたが、
運気が落ちているなぁ…と感じているのであれば、
その運を刺激してやる必要があります。

僕がこの理屈に気付いたのは、
ある朝の入浴の最中でした。

僕の毎日の入浴におけるルーチンワークは、

①足底のケアをする
②温水シャワーを浴びる
③塩で身体を洗う
④温水で塩を洗い流す
⑤水シャワーを浴びる
⑥バスタオルで身体を拭く
⑦浴室の壁の水滴を拭き取る
⑧扇風機の風で髪を乾かす

…という流れで、来る日も、来る日も、続けていました。

①の足底のケアとは、
軽石のような素材のブラシ(↓)で、
足底の角質化した部分を削るのですが、

ある、筋肉痛の酷かった朝の入浴で、
その①を忘れていたコトに、⑤の時点で気付きました。

足底のケアをしないと、足の裏全体で感じる、
草履や床の感触の優れない一日になってしまいますので、

仕方なく、⑤の水シャワーを終えたあとに、
①の足底ケアを行ったのです。

大した違いではないと思いますよね。
ところが、そうではなかったのです。

水シャワーを浴びたあとに、足底をケアしたので、
足底がしっかり濡れており、力を入れずに優しくケアでき、

そのケアに専念していた数分で、
全身に浴びたシャワーの水滴は殆ど落ちてしまい、

そのせいで、⑥バスタオルで身体を拭いても、
タオルは殆ど濡れるコトがなく、

バスタオルで拭きあげただけで、
髪も適度に乾いたため、⑧入浴後の扇風機は必要無くなり、

使ったバスタオルで⑦浴室の水滴を拭き取ると、
タオルが軽いので作業が楽だった、

…という、5つもの違いが生じたのです。

⑧の扇風機に関しては、不要となったために、
数分とはいえ時間の節約にもなりました。

また、入浴後も、何だか得をした気分になり、
その一日を楽しく過ごせたのでした。

いつもと違うコトをするという行為における、
ポイントは2つあります。

・その違いで起こる変化を、五感でしっかり受けとめる
・その変化の側面にある、ポジティブな面を見つける

この2つのポイントを抑えるだけで、
小さな変化が気分を高揚させ、
明らかに運を刺激するコトに気付いた僕は、

それからは、意識して違うコトに挑戦してみるようになり、

最近は、一日3回を目標に、
違う言動の実践を楽しんでいます。

欲張ってますでしょ(笑)

あたりまえの毎日に埋もれがちの運を刺激して、
沢山のステキな奇蹟を引き寄せましょう。

月例無料ウェビナー/9月開講分のテーマ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。


※煮沸法直前のエルム © Healing Herbs Ltd.

9月開催分の月例ウェビナーについて、
ご案内させて頂きますね。

今回から、ウェビナーのURL告知が、
LINE@のタイムライン限定となります。

メルマガとFacebookページには告知されません。

毎月の月末日正午にタイムラインを更新し、
ご案内の一斉配信を、その12分後に行います。

ですから、明日の正午にタイムラインがアップされ、
その12分後にメッセージをお届けするスケジュールです。

そして、ウェビナーへのお申込みについても、
LINE@の1:1トークから受け付けさせて頂きますので、
そちらへのご登録をお勧めいたします。

現在、LINE@の認証済みアカウント申請をしているのですが、
現段階では一般アカウントのため、
タイムラインをチェックするには、
LINE@へのご登録が必要となります。

もし、認証済みアカウントになれば、
タイムラインがインターネット上に公開されますので、
そうなれば、どなたからでも閲覧可能となる予定です。

ホームセラピー研究会月例ウェビナー

まずご紹介するのは、毎月第2日曜、
20時20分開講(40分間)のウェビナーです。

今月は、9月9日の開催となります。

今回のテーマは、
「煮沸法の神秘」です。

フラワーレメディの製薬法のひとつ、
煮沸法に関して掘り下げたお話しをさせて頂きます。

このレメディ製薬法は、バッチフラワー特有の製法であり、

なぜ煮沸なのか、
なぜ花に枝も加えるのか、
なぜ晴れた日なのか、などなど、

様々な謎に包まれています。

エドワード・バッチ自身が、
それに対する答えを遺していないため、
その神秘性は深まるばかりなのですが、

たった半年で19レメディを製薬した1935年に、
いったい何があったのでしょうか。

今回は、そんな憶測もしながら、
彼のレメディへの想いを探ってみたいと考えます。

ハッピィ・エイジング

そして、その翌週となる第3日曜、
20時20分開講(40分間)のウェビナー。

今月は、9月16日の開催となります。

今回のテーマは、
「自分を主語にする生き方」です。

人生とは、どれだけ何かを創造したかという旅ですが、
そうした創造につきものなのが、「言動」です。

何を言ったのか、そして、何をした(行動)のか。

実際、何か言う(宣言)ことだけでも、
行動に関わるエネルギーを発していますので、

その言い方ひとつで、行動も変わるのではないでしょうか。

自分から発する言葉の文脈に意識を向けて、
充実した歳巡りを楽しみたいものですね。

それでは、当日お会いしましょう。

月例無料ウェビナー/8月開講分のテーマ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

今年の夏は、台風と日本との距離感が、
絶妙だと思いませんか?

僕が沖縄で暮らし始めた2000年にも、
奇妙な進路をとる台風に驚かされましたが、

今回の12号は、地球の自転を無視するような、
無茶苦茶なルートを迷走しました。

自然災害とは、集合意識に深く関係するモノですが、
今の日本のトップたちの言動や心理が、

不自然極まりない状態になっていることを、
まさに象徴するかのようですね。

彼らは、どこを目指しているのでしょう。

人間たちの集合意識とは別に、
日本という国の意志が、
そろそろ発動しそうな気がしてなりません。

さて、8月になりましたので、
今月の月例ウェビナーのテーマをご紹介いたします。

去る7月からは、
月例ウェビナー申込みフォームをご利用頂けるようになり、

ウェビナーのURLは、メルマガだけでなく、
関連するFacebookページからもご確認頂けるようになりました。

カメラとマイクは必須ではありませんので、
お気軽にご参加下さい。

ホームセラピー研究会月例ウェビナー

はじめにご紹介するのは、毎月第2日曜、
20時20分開講(40分間)のウェビナーです。

今月は、8月12日の開催となります。

今回は、当会に相応しく、
臨床情報の共有をしたいと考えています。

テクニック的なお話しも大切ですが、
臨床あってのフラワーレメディですので、

ひかりあめの最近の臨床の中から、
幾つかをピックアップしてお話ししたいと思います。

僕の仕事は、かつてフラワーレメディのみでしたが、
今では、7つの基本となる代替自然療法の一つとして、

フラワーレメディをご提供する立場ですので、
治療色の濃い内容の臨床が多いのですが、

だからこそ、そうした中にある特徴的なことが、
ホームセラピーに役立つのではと、日々思っています。

自身を癒し、家族を癒す…という、
ホームセラピーの基本的なスタンスを大切にしつつ、

一歩踏み込んだ臨床の細部を知るコトは、
大切な学びになると確信しています。

ハッピィ・エイジング

そして、その翌週となる第3日曜、
20時20分開講(40分間)のウェビナー。

今月は、8月19日の開催となります。

今回のテーマは、「目標というジレンマ」です。

僕のような自営業者は特にそうだと思うのですが、
目標を設定して邁進する姿勢!が、大切だと思われがちです。

ところが、これが、そうとは限らないのです。

詳細は、ウェビナーでお話ししますが、
目標とは、生身の人間が立てるモノでしかないため、

理想と現実のギャップが、ジレンマを浮上させるのです。

エイジングの意味する、歳巡りを充実させるためには、
目指すべき未来があるべきなのですが、

その目標を設定する際の王道について、
今回はお話ししたいと思います。

それでは、当日お会いしましょう。

胡桃の治癒力

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

数年前の投稿で、
相似的共鳴と機能的共鳴のお話しを取り上げました。

カタチの似ているモノ同士が共鳴する現象が前者、
そして、持ち味や機能が共鳴する現象が後者です。

3次元時空には、様々な共鳴現象がありますが、
この二つは風水とも関係するため、

こうした呼称は知らずとも、
内容は知っている、あるいは、
聴いたことがある方は多いと思います。

さて、僕としては、
この特殊な共鳴による治療が、
太古から伝統的に行われていた点に、

自然療法の奥の深さを、ひしひしと感じていたのですが、

つい先日、油脂による細胞再生や強化に関して学ぶ機会があり、
自分自身でも実践し、成果を感じているのですが、

ひととおり、学び終えたあとに、

ふと、プリニウスの植物誌に記されていた、
胡桃による頭部疾患の治療の記述を思い出しました。

それは、殻を割った胡桃の実が、脳のカタチに似ているため、
相似的共鳴を活かした治療が、
伝統的に行われていたという事実です。

ですが、ご存じのとおり、
胡桃には油脂がたっぷり含まれますよね。

良質な油脂の摂取による恩恵として、
特に、その65%が油分の脳組織は、
様々な機能障害の改善が期待できる、

…というくだりを思い出し、はっ!と、したのです。

そこで、胡桃の油脂成分を調べてみたところ、
鳥肌が立つほど、驚くことになりました。

最近の油脂に関する研究では、
身体では合成できない多価不飽和脂肪酸の
摂取における理想的な比率として、

オメガ6脂肪酸を4に対して、
オメガ3脂肪酸を1の割り合いが望ましい、
…とされるのですが、

胡桃の実の油脂成分は、
まさにその黄金比率だったのです。

胡桃の治癒力は、本物だったんですね。

ただし、現代の食生活では、
意識して摂取しなくても、
オメガ6脂肪酸を口にすることが多いですので、

胡桃とダブってしまっては、
過剰摂取になりますので注意しましょう。

そうではなく、例えば、

プチ断食中の良質な油脂摂取目的などであれば、
胡桃は理想的な食材と言えそうです。

ここで、油に関する手軽な読み物を、
一冊ご紹介しますね。

毎日使う食用油について、
まじめに考えてみたい方にはおススメです。

ですが、けして、大絶賛ではありません。

著者の藤田紘一郎教授は、
油に関する知識は本物だと思いますが、

筋金入りの肉食肯定派で、
菜食者は癌になりやすいと、
スティーブ・ジョブス氏の例を挙げてみたり、

週に2回はステーキを食べろ!と言ってみたり、

菜食者の感情を逆なでする記述が随所にあるのです(笑)

僕は純菜食者として、発酵食愛好者として、
その立場を楽しみつつ、
良質な油を上手に生活に取り入れ、

彼より健康で若々しくあろうと誓ったのでした。

月例無料ウェビナー/7月開講分のテーマ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

夏本番の到来ですね。

2018年も折り返し、7月になりましたので、
今月の月例ウェビナーのテーマをご紹介いたします。

今月からは、月例ウェビナー申込みフォームをご利用頂け、
ウェビナーのURLは、メルマガだけでなく、
関連するFacebookページからもご確認頂けます。

また、前回同様、
カメラとマイクは必須ではなくなりましたので、
お気軽にご参加頂けます。

ホームセラピー研究会月例ウェビナー

まず、ご紹介するのは、毎月第2日曜、
20時20分開講(40分間)の、こちらのウェビナーです。

今月は、7月8日の開催となります。
今週末ですね。

今回のテーマは、「指標と共鳴」です。

フラワーレメディを利用する際のレメディ選びに関して、

過去の臨床経験も踏まえながら、
少々突っ込んだ内容をお届けする予定です。

レメディ選びの基本中の基本は、
マイナスの指標から選ぶ…と、されていますよね。

これに対して、レメディ植物の写真を使ったり、
レメディの結晶写真を使ったり、
ダウジングしてみたりと、

色々な手法を楽しまれている方も、きっといらっしゃるでしょう。

そんな選択肢の中で、王道はどれなのでしょうか。

それとも、そもそも、王道なんて無いのか。

いやいや、そうではなく、
全く気付いていない、別の選択肢もあるのか。

…のような、そんな話しになる予定です。

ハッピィ・エイジング

それから、その翌週となる第3日曜、
20時20分開講(40分間)の、こちらのウェビナー。

今月は、7月15日の開催となります。

今回のテーマは、「リーディングを取り巻くもの」です。

ご存じの通り、スピリチュアル・リーディングは、
色々なカタチで提供されています。

僕も以前、「陰陽数霊」というリーディングを実施していましたが、
ある理由から閉じてしまいました。

リーディングと言えば、依頼主の過去世や未来世、
ハイアーセルフ、守護天使などを読み取ることですが、

この仕組みを知って、安全に取り組まねば、
大切なモノを失う場合があります。

特に、ここ沖縄では、ユタという霊能者が存在し、
リーディングのようなことをするのですが、

そこには、僕たちの魂の望むハッピィ・エイジングとは、
全く無縁の仕組みが存在するのです。

そんなリスクを負わなくても、
安全なセルフ・リーディングができたら、
素敵だと思いませんか?

今回は、そんなお話しになるはずです。

それでは、当日、お会いしましょう。

ハッピィ・エイジング/18年6月予告

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

明後日の夜、20時20分から、
月例無料ウェビナー
「ハッピィ・エイジング」が開催されます。

今回は、気付きや直感についてお話しします。

色々な局面で、僕たちは気付きがあり、
色々な形で、直感のお世話になるものですが、

そうした気付きや直感にも、
その多くは、ある種の警告のような感覚があり、

それは、3次元時空惑星を生きる上での、
本能と連動した独特な恩恵とも言えるものです。

また、こうした警告系の感覚とは別に、
僕が数年前に得た、過去数万年分の記憶のように、

魂の最も深い部分と、
意図せずに繋がってしまうコトもあります。

こちらは、現世を生きるために、
知らなくても良い情報ではありますが、

知ることで準備や覚悟ができる場合もあるでしょう。

ウェビナー「ハッピィ・エイジング」の主旨である、
魂の望んだ歳巡りを楽しむ…ために、
あなたにとって不可欠だと感じられるのであれば、

今回のウェビナーは、
参加される価値があると思います。

ピンと来た方は、
お問合せフォームからお申し込み下さいね。

なお、今回から、2ウェビナーとも、
カメラとマイクは必須ではなくなりましたので、
お気軽にご参加頂けます。

当日、お待ちしております。

独学と自己治療

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

昨年の2月の投稿で、
僕の独特な独学法をご紹介しました。

簡単にまとめるなら、

気に入った本を、著者の気持ちになり切って、
淡々と書き写す勉強法です。

今回も、その勉強法が、
独学としてだけでなく、
セルフケアにも役立ってくれました。

今回、書き写した本は、こちらです。

英国ヒーリング・ハーブス社代表、
ジュリアン・バーナード氏の超大作の日本語版です。

2つ並べた1冊目が、
アメリカで2004年に出版されたもので、
今回の日本語化の対象となったもの、

そして2冊目が、
英国で2002年に出版されたもので、
僕は2005年に英国のアマゾンから取り寄せ、
数年を掛けて読了したものでした。

2009年に渡英した際、
ジュリアン氏とお会いする機会があり、
その場で本書の読了をお伝えしたところ、

数年後に彼からメールが届き、
日本語版を作るから協力して欲しいと依頼され、

谷口みよ子さんをフォローする形で、
日本語版製作に携わったのが、2011年からでした。

ですから、英語でも読んでおり、
日本語版の製作段階でも、何度も読んでおり、

その後、出版された本としても、
数回読了していました。

ですが、今回この本を、
かつて、古典占星術を学んだときのように、
書き写そうと、いえ、
書き写さねばと、思ったのです。

人生3度目となる離婚手続きが始まったのが、
今から2か月前、2月の中旬でした。

自分の置かれた状況が判らぬまま、
体重は十キロ以上落ち、
眠れないだけでなく、早朝の吐血も始まり、

本来、誰かを癒す立場の人間から、
自分がどんどん遠ざかっていることを、
混乱する思考の中にいながらも、
自身を俯瞰している僕がいました。

そして、このとき、ふと思い出したのが、
本書の275ページにある一文でした。

 助けを求める叫びは聞き届けられる…
 と、バッチ博士は記しました。
 闇夜の後に、太陽は昇ります。

 スイート・チェストナットより

この本「植物のかたちとはたらき」の中で、
一番最後に紹介されているレメディ植物が、
このスイート・チェストナットです。

この一文を思い出し、
そのページを見つめていた僕は、

最初に紹介されているインパチェンスから、
最後のスイート・チェストナットまでを、

書写しながら、壊れかけている自分を、
思い出そうと誓ったのです。

実際に書写をはじめてみると、
それは楽しい時間でした。

一日に数時間、ぶつぶつと読みながら、
淡々と書き写し続けました。

かつて、何回も読了していながら、
その深さを見落としていた部分も多々あり、

そして、僕自身を治療家に目覚めさせた、
フラワーレメディの底力と、

エドワード・バッチの洞察力と感性に、
沢山の涙を流すハメになってしまいました。

最初の3レメディの書写を終えた頃には、
早朝の吐血は止まっており、

そして、後半のレメディの書写を始めた頃には、

不眠も殆ど改善され、
体重も戻ろうとしていることを体感できました。

夢中になって、何かに没頭することは、
ここまで自己治療を促進させるのです。

そして、全ての書写を終えたのは、
今から一週間前の4月14日でした。

その前日には、フラワーレメディ講座の受講生と、
お茶を頂きながら、もうすぐ書写を終える話しを、
していたばかりでした。

転んでも、ただでは起きぬ
…という諺を、ご存じでしょうか。

僕の場合、実際の諺の意味とは少々異なりますが、

どん底をチャンスに変えようとする、
めげない潜在意識に、いつも助けらているようです。

上の画像の子猫は、紙袋の中で身動き出来ませんが、
自分の置かれた状況を楽しんでいます。

あきらめない!とは、少し違う、
状況を受け入れて、糧にしようとする姿勢が、

猫好きの僕と似ているかもしれません(笑)

Heal The World

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕はミュージシャンでもあったのに、
こんなに素敵な曲を知りませんでした。

日本語訳は、動画内で紹介されていますが、
僕は原文のままが、しっくり来ました。

…と言うより、

マイケル・ジャクソンの唄を聴きながら、
原文を眺めていたら、
彼の言葉が僕の心に直接翻訳されて、
瞬間的に理解できた気がしました。

ですから、あなたも、
原文で味わってみて頂けませんか?

There’s a place in your heart
And I know that it is love
And this place could be much
Brighter than tomorrow
And if you really try
You’ll find there’s no need to cry
In this place you’ll feel
There’s no hurt or sorrow

There are ways to get there
If you care enough for the living
Make a little space
Make a better place

Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race
There are people dying
If you care enough for the living
Make it a better place
For you and for me

If you want to know why
There’s love that cannot lie
Love is strong
It only cares of joyful giving
If we try we shall see
In this bliss we cannot feel
Fear of dread
We stop existing and start living

The it feels that always
Love’s enough for us growing
So make a better world
Make a better place

Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race
There are people dying
If you care enough for the living
Make a better place for you and for me

And the dream we were conceived in
Will reveal a joyful face
And the world we once believed in
Will shine again in grace
Then why do we keep strangling life
Wound this earth, crucify its soul
Though it’s plain to see
This world is heavenly
Be god’s glow

We could fly so high
Let our spirits never die
In my heart I feel you are all my brothers
Create a world with no fear
Together we cry happy tears
See the nations turn their swords into plowshares

We could really get there
If you cared enough for the living
Make a little space
To make a better place

Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race
There are people dying
If you care enough for the living
Make a better place for you and for me

There are people dying
If you care enough for the living
Make a better place for you and for me

You and for me

チャンス!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

天候に問題の無い限り、毎朝、
自宅前の通学路のゴミを拾う僕ですが、

もう、7年目ですので、
当初、小学生だった子供は中学に進級し、

中学生だった子供は、髭をはやし、
顔見知りのお年寄りは、シワが深くなり、

などなど…、

興味深いタイムラインの中で、
充実の日々を過ごしています。

当然、僕も年齢を重ねていますが、
菜食や減食のおかげか、
体力も、見た目も、殆ど変っていません。

それは、さておき、

7年経った今でも、
こうして、誰かの捨てたゴミを、
拾う僕のコトを、

気の毒な人として、
観る方も少なくありません。

確かに、煙草を吸わない僕が、
ポイ捨ての吸い殻を、一つ一つ拾っています。

コンビニとは無縁の僕が、
惣菜袋やアイスのバー、カップ麺の容器を、
分別して拾っています。

子育てを終えた僕が、
使用済みの紙オムツを拾っています。

ですが、この一瞬一瞬は、
僕にとって、

成長のチャンスでしかありません。

以前にもブログで書きましたが、
一つゴミを処理する度に、
僕の中の何かが、
成長している実感があるので、

朝の、この小さな習慣は、
やめられないのです。

捨てられたゴミたちも、
拾われた瞬間に、
肩の荷を下ろしたように感じるし、

地球の波動が、
ほんの少し上がるのも判ります。

とにかく、僕は地球が大好きだし、
最後の3次元人生を大切にしたいから、

きっと、超次元に帰る前日まで、
ゴミを拾い続けるんでしょう。

ぜひ、貴方も、ご一緒しませんか?

世界を笑顔に…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、世界スマイルデーだそうですね。

今朝未明の瞑想で、先月末に得た素晴らしい情報を、
シェアして良いサインを、宇宙から頂戴しました。

このリーディング結果が、とても気に入ったのですが、
公表してはいけないコトになっていました。

この情報を公表して良いサインと、
世界スマイルデーが関係するかどうかは判りませんが、

現金を引き寄せたい貴方にシェアします。

お金は、在って困るモノではないですし、
経済的な自由を手に入れたなら、
遣りたいコトは、僕も山ほどあります(笑)

そんな時に、頼りになる存在が、
かつて何回か話題にした宇宙銀行です。

宇宙銀行には、僕たちの徳が貯蓄されているコトは、
こちらの投稿で、お話ししましたが、

具体的にお金という時空のツールを、
自分の手元に引き寄せるためには、

どうやら、正しい窓口が存在したようです。

簡単に言うと、それは「宝くじ」なのですが、
どんな「宝くじ」でも、良いワケではありません。

以下、宇宙銀行に関するリーディングの結果です。

宇宙銀行は、その性格上(=光の特性)
公平なシステムに関与しようとする。

「ジャンボくじ」などの「全国自治体くじ」は、

購入者の多い首都圏に、
当選者が出る仕組みになっているので、

沖縄などの地方では、当選者が出難くいため、
宇宙銀行は介入したがらない。

これは「スクラッチくじ」にも言える。

また「サッカーくじ」は、
試合の勝敗と関係するため、

聴衆のエゴや、
八百長さえも入り込めることから、

宇宙銀行は無視している。

幸運を公平に届ける「くじシステム」は、
数字を選ぶナンバーズ系のみである。

中でも週に一度の抽選と、
一枚200円の手軽さから、

宇宙銀行は「ミニロト」を応援している。

好きな数字を5個選ぶという参加方法も、
そして選べる数字(1~31)も、
出生月日を意識しており、
※出生のホロスコープ=宇宙との繋がり

自身と数字の調和を図れるという側面も、
宇宙銀行は気に入っている。

ちなみに、アラビア数字とは、
世界のみならず、宇宙の共通シンボルである。

ぜひ、参考にして、
必要な現金を手にして下さいね。

このリーディング情報が、
世界に笑顔を届けますように…。

Scroll to top