冷たい手足

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

暖かい場所に居ても、手や足が冷たい場合、
自律神経を傷めているかもしれません。

意識下に無い過剰な緊張が、
末梢の細動脈を収縮させ、

血の巡りが不完全になるためです。

こうした状態がが長期化すれば、
その緊張は内臓にも及びます。

手や足の冷えを靴下や手袋で誤魔化さず、
身体中の不調に広がってしまわぬ前に、
自律神経を調和させてあげましょう。

自分でできるケアがあります。

・姿勢を正す
・正しく歩く
・瞑想をする

これら3つの励行をお勧めします。
全て無料です。

以前の投稿で、何度も説明していますが、
姿勢を崩すと腰や脊椎を傷め、
脳脊髄液の干満に支障をきたすようになります。

オステオパシィで正常化できますが、
姿勢が悪ければ、すぐに元に戻ってしまいますので、

極力、良い姿勢を、
自分で維持するコトが大切です。

特に背骨を支える筋力は落ちやすいため、
積極的に姿勢の改善に取り組みましょう。

また、足の親指に意識を向けて、
ウォーキングすることで、
脊椎全体をケアできます。

脳脊髄液のルートとなる脊椎のひとつひとつは、
可動域の少ない継手のような構造ですが、
24個連なることで、自在に動くことができます。

しかし、運動不足が続くと、
これらの可動域がドンドン小さくなり、
一本の棒のようになってしまいかねません。

足の親指に意識を向けて歩くコトで、
脊椎が本来の位置に向かって戻ろうとし、

さらに、歩行中の適度な振動が、
それぞれの椎体を解す効果があるようです。

瞑想については、本格的なやり方は、
ブログ内の色々な記事を参考にして頂きたいですが、

自律神経を調整させる目的だけであれば、
難しく考える必要はありません。

こうした問題を抱える人は、
考えが止まらない状態になっています。

ですから、無駄に考えないようにして、
緊張の解れた状態を、味わって欲しいのです。

姿勢を正して座ったら、
目を瞑って自分の呼吸に意識を向けます。

呼吸によって得られる新鮮な空気が、
あなたの肺を伸縮させる様子を想像しながら、
深呼吸を楽しんで下さい。

あなたの身体の中では
毎秒何百万もの細胞分裂が起こっています。

その神秘的な様子を想像するのも、楽しいはずです。

そして、呼吸のためだけに、
エネルギーを使うようにし、

それ以外の力は抜いてしまいましょう。

うまく行けば、床に座っているに、
空中を漂っているような解放感が味わえます。

大切なポイントは、
思考を止め、力を抜くことです。

緊張に解れた状態を、しっかり味わう必要があります。

もちろん、こうしたケアをせず、
イヨイヨとなったら、その不調を携え、
病院へ行くという選択肢もあるでしょう。

そうなれば、自律神経失調症と宣告され、
緊張を解す薬を処方されるかもしれません。

確かに手足は暖かくなるかもしれませんが、
姿勢も正さず、運動もせず、
緊張の絶えない生活習慣に留まったままで、

果たして、身体が喜ぶでしょうか。

続・脊椎を労わる…後編

もう一つの呼吸システムの、
ポンプの役割を担う、もう片方の部位は、
脊椎の下端となる仙骨です。

この骨は、出生時には5つの分離した椎体ですが、
時間と供に癒合して、ひとつになります。

そのため、出生時や幼少時に外傷があれば、
この骨の位置も、形も、歪むコトになりますが、

成長過程における、運動不足による筋肉の減少、
肥満による脂肪の増加、
座位姿勢の悪さなどから、

仙骨の位置がズレるコトも、少なくありません。

仙骨が歪めば、骨盤も背骨も歪み、
背骨が歪めば、顔も歪む場合もあり、

こうした、見かけだけの問題以外にも
血流が悪くなり、
代謝も落ちるなどの弊害を生むと同時に

今回のテーマである
もうひとつの呼吸システムを
不安定にしてしまいます。

脳脊髄液の満ち引きを抑制し、
自律神経を不安定にさせてしまうのです。

僕の長女は、
小さな頃から中耳炎を繰り返していましたが、

リンパ液が中耳に溜まって、
細菌が繁殖して起こる炎症が中耳炎であり、

抗生物質によって、細菌を殺すことはできますが、
炎症は一次的に消えても、
リンパ液の滞る問題は解決しません。

リンパ液循環の原動力は呼吸ですが、
だからと言って一日中、
意識して呼吸するコトは不可能です。

つまり、意識せずに、
正しい身体リズムを刻むためには、
自律神経の正常化は不可欠なのです。

脊椎を労わると言うことは、
背骨だけを労わるという意味ではなく、

ポンプとして機能する
頭蓋骨や仙骨のケアも含まれます。

身体は、全体がひとつとして動いており、
症状とは、システム全体の不具合の、
象徴のほんの一部でしかありませんから、

その部分だけを、薬物で消し去っても、
何のケアにもならないというコトが、
お判り頂けたでしょうか。

続・脊椎を労わる…前編

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

脊椎の中を満ち引きする脳脊髄液による、
もう一つの呼吸システムにとって、
脊椎自身は経路の役割であり、

その、支障の無い流れによって、
脊椎隅々まで栄養が行き渡るコトで、
身体の調子が活性化されますが、

この呼吸システムの呼吸を司るのは、
頭蓋骨と仙骨であり、

この二つの部位は、ポンプの役割を果たしています。

今日は、そのうちの片方である、
頭蓋骨システムの損傷の原因について、
簡単にご説明します。

それは、3つの外傷ですが、
その一つ目は、出生時に起こります。

何らかの要因で、最初の呼吸が上手くいかないと、
人生のスタートから、
そのリズムが狂ってしまう場合があるのです。

自然分娩の子供では、
そうなるコトは少ないそうですが、

帝王切開の場合、
切開によって羊水の水圧が急激に変わることにより、
新生児の頭蓋骨を圧迫してしまう場合があるようです。

また、自然分娩であっても、
産道から出てきた新生児の後頭部に、
助産師が手をかけて分娩を手伝いますが、

手をかけた場所が悪かったり、
後頭部への圧迫が長時間に及んだりすることで、
頭蓋骨を圧迫する場合もあるようです。

プールの中で浮いた状態の妊婦さんから、
赤ちゃんを取り出す映像を見たことがありますが、

この遣り方なら、頭蓋骨システムの損傷を
限りなくゼロにするコトが可能かもしれません。

二つ目の外傷は、
落下や転倒が原因となった、
身体的な外傷であり、

幼児期の事故が、問題となるケースが多いようです。

僕も1歳半くらいの頃、
木造の階段を階下まで転げ落ちた経験がありますが、

一瞬でも、その呼吸が止まるようなことがあると、
生涯に渡って一次呼吸システムのリズムが
制限されることがありうるのです。

僕の場合は幸運にも、下顎の損傷だけでしたので、
脳脊髄液の満ち引きには、影響が無かったようです。

但し、それが原因で、
その38年後に大手術が必要になってしまったのは、
困ったことでした。

三つめの外傷は、心理的外傷です。
これも、幼児期の経験の場合が多いと言われています。

息ができない程のショックな事件に出会うと、
一次呼吸システムが一時的に停止し、
トラウマを抱え続ける限り、呼吸が制限されるのでしょう。

こうなった場合は、
フラワーレメディとオステオパシィを組み合わせることで、
ふたつの問題を取り去ることができます。

オステオパシィの権威であるフルフォード博士によれば、
世の中の殆ど人は、かなり高い確率で、
一次呼吸システムに何等かの拘束を抱えているそうです。

これらの問題を抱えたのち、
生活習慣の改善によって
正常なリズムを手に入れる場合もありますが、

偏った食生活、運動不足、睡眠不足、
そして、姿勢不良などがあり続ける限り、
自ら正常化することは、無さそうです。

→明日に続く

脊椎を労わる…後編

脊椎は、脳脊髄液の満ち引きするルートであり、
その良好な循環が健康体を育みます。

加えて脊椎には、多くの神経が集結しており、
各椎体が本来の位置から少しでもずれると、

神経に触れて痛みを伴ったり、
関連する臓器の機能を低下させたりします。

但し、その問題となるズレは、
0.5ミリ程度の極めて小さなモノですので、
レントゲン写真から見つけられる類ではありません。

また、エドガー・ケイシーの説明では、
第3頸椎、第9胸椎、第4腰椎の3個所に至っては、
魂とボディがコンタクトを取るポイントであるとされ、

人間が三位一体の生命となるための
最重要な部位としても、ケアが必要のようです。

こうした脊椎の機能的な問題を起こすきっかけは、
手術や骨折、事故などが挙げられますが、

最も影響を与えるのは、
日々の姿勢に他なりません。

特に背骨周囲の筋力の弱い女性は、
ちょっとした姿勢の問題が、脊椎を歪めるコトになります。

こういう風に話しが展開すると、
多くの人は「姿勢を正さなきゃ」と思い、
顎をひいて背筋を伸ばした自分の姿を想像します。

そして、例外なく、
ピシッと力の入った、立位や座位を思い浮かべます。

それはまるで、厳格な教師に説教されている
生徒のような姿勢でしょうか。

ですが、そんな力んだり、緊張したりする姿勢が、
長続きするワケもなく、

心地が悪くて続けられないと、
慣れ親しんだ普段の姿勢に戻ってしまうのです。

脊椎に良い、正しい姿勢とは、
確かに背筋が伸びた状態ですが、
満身の力を込めたモノではありません。

それは、重力とうまく付き合い、
バランスの良い楽なポイントを探した、
緊張の解放された状態を言います。

脊椎を伸ばしたその上に、
大きくて重い頭部を乗せる必要がありますが、

脊椎に対して前に、上に、バランスを取って頭部を置き、
首の筋肉の緊張が無い状態にしてあげます。

前に置くというのは、
物理的に身体の前に頭部を持って行くのではなく、
後に引くことを止めるという意味です。

上に置くというのも同様に、
頭部を引き下げるのを止めるという意味です。

首の筋肉が楽な状態になっているかどうか、
後頭部のすぐ下の筋肉を手で触ってみれば解ります。

同じように、胴体が長く、広くなるイメージを、
肩が解放されて、左右に広がったイメージを、
脚が骨盤から解放されたイメージを加えてみます。

背筋を伸ばした状態で、
すべてにおいて、解放したイメージを取りつつ、

重力と折り合いを付けながら、
程良く筋力を使っている状態が「良い姿勢」です。

さらに、歩いているときは、
足の親指が大地を蹴るイメージをします。

実際に、足の親指が大地を蹴る必要はありません。
あくまでもイメージで、十分です。

そうやって歩くコトで、
脊椎全体に対して良い刺激が伝わり、
その刺激は頭蓋骨まで響きます。

これらのワークが身に付いたら、
オステオパシィを使って自律神経の調整をすることで、

バランスの良い状態に復帰したあとも、
問題が再発しなくなります。

本来、身体は元気になろうとする力がありますが、
そのためには、条件を揃えねばなりません。

その条件のひとつが、正しい姿勢なのです。

脊椎を労わる…前編

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

オステオパシィを学ぶと、
脊椎の大切さを知るコトになります。

ひとつの椎体と椎体の間は、
殆ど動作しませんが、

首から腰にかけて、全部で24個の椎体が一斉に動くことで、
脊椎は自由な表現を可能にしています。

そして、その内側を
脳脊髄液が脈動しているのですが、

脳から仙骨にまで達するこのうねりは、
約5秒のサイクルで満ち引きを繰り返します。

健康な人は、この満ち引きのバランスが同じであり、
その結果、自律神経が調和した状態になりますが、

何等かの理由で、
満ち潮のサイクルが優位になったり、

反対に引潮のサイクルが
優位になったりすると、

自律神経に問題が生じ始めることになります。

前者の場合は、交感神経が優位になりやすい状態に、
そして後者では、副交感神経が優位になりやすくなるのです。

オステオパシィでは、
腰椎、胸椎、頸椎の問題を調整することで、
脳脊髄液のルートを正常化させ、

頭蓋骨と仙骨を調整することで、
この満ち引きのバランスを調和させることができます。

エドガー・ケイシーの教えに従って、
ただ、ただ、純粋に、
学びを深めて行く中で、この事実に出会ったときは、

僕は、小躍りして喜びました。

フラワーレメディと一緒に活用できれば、
心身の不調から、いち早く脱することができるからです。

わが家の猫のチアさんや、
犬のぶーたんにも、オステオパシィを試しています。

特にチアさんは、
敏感に反応して面白いです。

実際、脊椎に沿ってブラッシングをすると、
猫も犬も喜ぶものです。

人間だって、背中をさすられると、
安心しますよね。

脊椎は、脊椎動物すべてにとって、
とても大切な場所であり、ケアの必要な部位なのです。

オステオパシィの伝統的治療家である
ウィリアム・サザーランドは、
脳脊髄液の満ち引きを「一次呼吸」と呼びました。

満ちたり引いたりするリズミカルな様子が、
呼吸運動に似ているからです。

しかも、脳脊髄という、
致命的な重要器官に生じている運動なので、

いわゆる、肺や横隔膜などによる、
空気交換運動と区別するためです。

完全な健康には、この一次呼吸メカニズムの、
損傷の無い自由放埓な運動が必要であり、

言い換えれば、この運動のいかなる拘束も、
何等かの病因となり得るというコトです。

脊椎を労わりましょう。

→明日に続く

筋肉はポンプ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

2ヵ月前の投稿で、
運動不足のもたらす問題について触れました。

人間は動物ですから、
動くことを前提に設計されていますので、
運動しなければ機能障害が起こります。

解っているけれど、
それでも動けない人のために、

今日は、逆に動かない運動をお勧めしましょう。

時間も掛かりません。
たった3分で終わります。

まず、壁に背を向けて立ち、
両足の踵を付けて、足の先を60度に開きます。

その状態で、踵、お尻、肩、後頭部が、
壁に触れるようにし、
顎を引いて直立して下さい。

背筋の伸びた良い姿勢になっていると思います。

このまま、3分間、
その姿勢を維持するだけです。

手持無沙汰なら、ペットでも抱いていて下さい。

こうすることで、
脊椎を支える筋肉を鍛えられます。

特に、普段から姿勢が悪い人は、
背骨が歪んで機能障害を起こしていますので、

この程度でも、脳脊髄液の循環が良くなるはずです。

また、たったこれだけのことですが、
鍛えられる筋肉は全身に及び、
その結果、血流が良くなります。

筋肉と血管は、複雑に絡み合っていますから、
この程度の刺激でも、
血管のポンプ機能が改善されるためです。

ぜひ、今日から実践して下さい。

台風と副交感神経

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

猛烈な台風16号も、
昨日の午後2時には暴風域から外れました。

予定より4時間も早く収束してくれたので、
今朝するはずだった後片付けも、
夕方までには終えました。

木造家屋は雨漏りに弱いため、
今回も眠れね夜となるはずでしたが、

前回の15号で雨漏りのコツを学んだ僕は、
暴風雨の中、3時間程度の睡眠を、
2回も取ることができました。

快挙です。

またこれは、台風とは関係ありませんが、
5年間使ったパソコンが壊れ、
新しいPCを注文するハプニングもありましたが、

予め、次に使いたいマシンを決めていたので、
悩む事もなく、オーダーを終えることができました。

納品されるのは、月末以降のようですので、
自分自身への誕生日プレゼントとなりそうです。

それまでの2週間は、
施術の際に使っているミニノートPCで、
日々の業務をこなさねばなりませんが、

壊れたPCでしかできない会計業務が
しばらく溜まってしまうのは困ったものです。

さて、台風の引き起こす生理現象として、
気圧の低下がもたらす、
副交感神経優位の状態をご存知でしょうか。

台風が訪れると体調を崩す沖縄県民は、
ひかりあめ利用者の中にも沢山いらっしゃいますが、

これは、交感神経、副交感神経を含めた自律神経が
大気圧に連動しやすいために起こるものであり、
病気ではなく、ごく自然な恒常性です。

嵐が来ると興奮する、
いわゆる交感神経優位な状態になる人もいますので、
もちろん、全部が全部に起こることではありません。

副交感神経が優位になると、
痛みが増し、熱が上がりますので、
体調が悪化したように感じます。

気管支も収縮しますので、
喘息を持つ人にとっては、発作の引き金にもなります。

これらは、実際には悪化ではなく、
過剰に反応してしまっている状態です。

食欲が増す(下痢もしやすくなる)、眠くなる、
血圧が下がる、脈拍が減る、
集中できない、なども副交感神経が優位な状態です。

こうした状態になりがちの人は、
実は腰椎を痛めています。

少々、腰椎に問題があっても、
医学的には病気ではありませんので、
病院では何の処置もされません。

何となく不調な状態を訴えても、
原因不明と診断されることは多いモノですが、
このケースも、例外ではないはずです。

脊椎の問題も生活習慣の一部ですので、
当然、自分で治すしかありません。

日頃から姿勢を正すよう、心がけましょう。