魂の学舎…本日開校します

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

画像の象、幸せそうですね。
動物好きには、たまりません(笑)

この象の笑顔を、Pixabayで見つけたとき、
魂の合意した姿だなと感じました。

今日、ご案内する『魂の学舎』は、
そんな魂の合意した、自然体と関係するものです。

2日前から、サイト上では公開していましたが、
本日付けで、正式に『魂の学舎(がっこう)』をご案内しますね。

それは、人体の全細胞再生に費やされる13週間をかけて、
あなたの魂のステージを上げる学校です。

このミッションは、2014年の10月末に、
宇宙から授かったモノでした。

その時の僕は、このミッションの他にも、
沢山のコトを宇宙から教えて頂いたのですが、

なぜか、このミッションに関しては、
49箇月の準備期間が要ると伝えられていました。

4年1箇月という中途半端な期間ですが、
どうやら、完成を意味する「7」を、7回足し込んだ数という、

数字の好きな宇宙らしい計らいだと、今は感じています。

それにしても、49箇月もの間、
何を準備せねばならなかったのでしょう。

それは、数々の実験でした。

基本となる対象者は、もちろん僕だったのですが、
クライアントさんにお願いした内容も、幾つかありました。

そして、ダントツに時間の掛かる準備が必要となったのが、
古典占星術の生活への応用実験でした。

ですが、この実験が無ければ、
『魂の学舎』は実現できないと断言できます。

それほど、ホロスコープの示す調和点は、超!大切なのです。

そんな、『魂の学舎』なのですが、

毎週1回のZoomセッションと、
毎日のLINEによるサポートで丁寧に繋がりながら、
2つのスキル習得を目指して頂きます。

クライアントさんのホロスコープに応じた、
数々の課題のクリアも、もちろんご一緒します。

そして、これら2つのスキルに共通しているのは、
魂の合意した心身に近付くコトと言えるでしょう。

①セルフ・チャネリング

それは、本来の自分と繋がる喜びを体感するスキルです。

チャネリングというと、
高次の意識体との交信や、

守護霊や守護天使とコミュニケーションする
特別な能力を思い浮かべるかもしれませんが、

僕たちがまず繋がるべきは、
本来の自分(=魂)でしかありません。

この段階を飛ばして、高次の意識体や、
守護天使と繋がったところで、
再現性が無いばかりでなく、

健康被害につながることも少なくありません。

それは、僕たちが3次元時空の存在であって、
次元の壁を超越したコミュニケーションには、
自分の核(=魂)を経由せねば無理があることを意味します。

前述のとおり、

魂の合意した自分である状態が日常化し出すと、
瞑想などを介す必要も無く、
自分の核と繋がることが可能になります。

②アストラル・トラベル

このミッションを受け取った当時の僕は、
アストラル・トラベルは特別なスキルだと思っていました(笑)

僕たちが自然回帰(海や山の自然に触れること)によって元気を得るように、
僕たちの魂は、アストラル界で英気を養うことでパワーが漲り、
さらなるチャレンジが可能となります。

つまり、大切な魂が英気を養うためのモノなのですから、
特別なスキルのワケがないのです。

身体と心から魂を解放する自由を手に入れるのですが、
それは、決して幽体離脱ではありませんよ(笑)

こうして、魂の合意した心身に近付けば近付く程に、
素敵な数々の贈り物を、受け取るコトができます。

①経済的な自由を手に入れる
②理想の体型を手に入れる
③姿勢が良くなる
④遠くまで届く声になる
⑤心臓への負担が減る
⑥自浄力が高まる
⑦記憶力や視力が高まる
⑧無意味なパートナーシップから解放される …等々です。

前述のとおり、その人その人に相応しい調和点は、
古典占星術に則ったホロスコープ療法から、
丁寧にお伝えさせて頂いています。

そしてそれらは、行動してこそ意味あるものばかり。

ですが、実際に行動してみると、
結果がただちに反映されることは殆どなく、
選んだ言動に自信を失うケースも少なくありません。

それは、僕たちが時空の制限の中にいるからです。

植物の種をイメージして下さい。

あなたの起こした言動の結果が、
芽生えるためには時間が必要ですし、
さらには、芽生えるための相応しい環境も必要です。

酸性の土壌に、青い花は咲けないのです。

つまり、せっかく調和点に辿り着くための、
完璧な羅針盤を古典占星術から手に入れても、
自分がどこにいるのか判らないことになりかねないのです。

人生において、こうした経験は無駄ではありませんが、
大きく変わろうとしている、日本や世界、そして地球と向き合うためにも、

最短、最速であなたの調和点に辿り着いて頂くための最高の場、
それがこの、『魂の学舎』なのです。

あの日から、丁度49箇月経った今日、
あなたにご案内できることを、とても嬉しく思います。

→『魂の学舎』ご紹介ページ

腹式呼吸の効用

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕が日頃からお勧めする腹式呼吸の、
その絶大な効果については、
体感レベルだけでも充分判るのですが、

今日は少々、データ的なコトを拾ってみました。

まず、素直に驚いたコトは、腹式呼吸は、
胸式呼吸の8倍の空気量が肺に流れ込むという事実。

それから、その空気量に便乗して、
脳に供給される酸素量も、
胸式呼吸の4倍になるというコトです。

この差は、モノスゴイ!ですよね。

人間は、眠っている時には、
自動的に腹式呼吸に切り替わるのですが、

それは、新鮮な酸素を沢山取り込んで、
身体の修復をしようとするためなんですね。

特に、仰向けになって横になり、
腹式呼吸を行うコトによって、

リンパの流れが改善され、
身体の免疫力が高くなるという点については、
これまでも、何度となくお伝えした通りです。

また、立位や座位であっても、
その状態で腹式呼吸ができるようになると、

空気を吐き切った瞬間に、
物凄い力を発揮できるという実験結果もあります。

昔から言われてきた、「火事場の馬鹿力」のコトです。

同じように、どんな姿勢であれ、
腹式呼吸を意識して行うことで、

感情が穏やかになると言う実験報告もありました。

この「穏やかになる」という感覚は、
とても不思議なモノです。

良く言われるコトとして、感情には、
ポジティブなモノと、ネガティブなモノがあるので、

感情体という微細身体が、
物理的身体の外側にあると仮定する波動医学では、

身体のすぐ外側の感情層が、
ポジティブになったり、
ネガティブになったりすると表現しますが、

この腹式呼吸を意識的に行っていると、
変な例えなのですが、

感情層が透明になる、もしくは、感情体が消える、
そんな感じがしてなりません。

つまり、感情層や感情体と言うフィールドは、
その人がネガティブになった時にのみ、
その「場」を利用して、

激しく揺れ動いたり、
攻撃色を剥き出しにしたりするのではないでしょうか。

ひかりあめのオステオパシィでは、
頭蓋骨施術の際、仰向けになって頂きますが、

この時、意識して腹式呼吸をして頂き、
ご自身のなりたいビジョンを妄想して頂くコトを、
最近では積極的に、ご提案しています。

無意識に刻み込まれたポジティブなビジョンは、
僕たちのソースである宇宙に届き、
その実現が約束されるからです。

これも一種のアストラル・トラベルと言えるでしょう。

アストラルワークのススメ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

さて今日は、

朝、目覚めの微睡(まどろみ)の時を活用した、
とても楽しいワークをご紹介しましょう。

僕はこれを、アストラルワークと呼んでいます。

夜が明けて、目が覚めるという現象に、
あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか。

単純に考えれば、睡眠を終えて、
脳が活性化し、日々の生活を再開する、

…そんなイメージでは、ないでしょうか。

確かに、その通りですが、

別の言い方をするなら、
睡眠中にアストラル界の旅を楽しんでいた魂が、

自分の肉体に戻って、
三次元世界の日常に帰ると言うコトもできます。

そのため、朝の、

起きて間も無いボーッとした瞬間は、
脳内では、アルファ波が出まくっており、

アストラル界から帰還した魂が、多次元の間を、
行ったり来たりしている、貴重なタイミングとも言えるのです。

実際、こうした微睡の時、

多くの人が、夢の中の出来事を、
現実のように感じる経験をしているはずです。

この、夢と現実の入り混じった、
言い替えるなら、アストラル界と三次元界が重なった瞬間、

僕たちは、昨日の話題となった、
自身の潜在能力に直接繋がっています。

ですから、この貴重な時間に、

自分が心から望む、
心地良い目標をイメージしてみましょう。

自分の目指すゴールを、アルファ波の出ている脳に、
具体的、かつ鮮明に、しっかり伝えるのです。

すると、自分の潜在能力が、
自身の目指す「方向」を、手に入れるコトになり、

その方向に向かって、
エネルギーを放出できるようになるのです。

慣れないうちは、
こうした微睡を楽しむだけでも良いのですが、

ぜひ、このチャンスに、
宇宙に向かって、自分の目標を宣言してしまいましょう。

但し、このワークは、
アラーム時計に叩き起こされるような目覚め方をすると、
上手く行きません。

この貴重な瞬間を、活かすためには、

成長ホルモンをしっかり分泌させる意味でも、
午後10時には就寝して、

朝の気配で目覚める必要があります。

実は、このワークを発展させたものが、
僕が再三お勧めする、アストラル・トラベルです。

自分のポジティブな目標を知った潜在能力は、
多次元空間の中でエネルギーを放射し、

成長しつつある五次元地球と同調したとき、
そこへの旅が可能になります。

僕の経験では、かなりポジティブで、
そして、かなり鮮明なイメージを持った時、

まるで、新生地球から招待されるような感覚で、
アストラル・トラベルが可能になっています。

この混沌とした三次元界の分離意識と決別し、
あなたの輝かしい目標を、あなたの現実に引き寄せて下さい。

Scroll to top