アストラル・トラベルと『魂の学舎』

ひかりあめのご提供する『魂の学舎』における、
魂の同意した心身作りのためのコツをお届けする、

今日は3日目のお話しです。

魂の学舎』における13週間プログラムでは、
セルフ・チャネリングとアストラル・トラベルを身に付けるという目標がありますが、

実際には、後者のアストラル・トラベルを、
まず体験するコトを目指します。

アストラル・トラベル Astral Travel
わたしたちが、海や山の自然に触れることで元気になる(自然回帰)ように、わたしたちの魂は、アストラル界で英気を養うことでパワーが漲り、さらなるチャレンジが可能となります。身体と心から、魂を解放する自由を手にしましょう。※幽体離脱ではありません

上記の文言は、本サイト内からの引用です。

アストラル(Astral)という単語は、「星から発する」という意味を持つと同時に、
「世間離れした、幻想的な、非現実的な」のような意味もあり、

まさにその通りだなと、僕は常々感じています。

「世間」や「現実」とは、地球に降り立った魂の観点では、
3次元時空における様々な体験の場であり、

魂を成長させるために提供される、試練の総称とも言えますが、

自然豊かであった、かつての地球と比較するなら、
魂にとって現代の「世間」や「現実」は、

相当の息苦しさを感じるモノでしかなくなっています。

5次元以上の意識体だった転生前の自分や、
地球への転生が始まる前の、更なる高次元意識体だった自分からすると、

「星から発する」の意味する、魂の起源に近いアストラル界は、
魂が英気を養うために相応しい場であるというコトは、

容易に想像できるのではないでしょうか。

ですが、魂がその空間と繋がるためには、
越えねばならない課題が、幾つか存在します。

中でも、最も大きな課題が、
引用文内の「※幽体離脱ではありません」の意味する部分です。

幽界や霊界と繋がるためには、
自身の心身次元は低い方が都合が良く、

また、そこは3次元ではありませんから、
それなりに新鮮な体験が出来はするのですが、

地球における転生を一旦終えた意識体が、
5次元に帰還する前の、混乱した波動の充満する場ですので、

魂は英気を養えるコトは出来ず、
下手をすると現世での寿命を縮めかねません。

このシチュエーションを簡単に説明するなら、
幽界や霊界とは、過去に縛られた場であって、

健在意識(脳の思考)からすると興味津々かもしれませんが、
「今」を生きたい魂にとっては、一切価値の無いところなのです。

実際、僕たち地球人の物理的な身体は、
右目と左目が立体を認識(3次元空間認知)しつつ、前進するように出来ています。

それは、「今」をしっかり確認しながら、
未来へ向かうための、最適な構造に他なりません。

もし仮に、後頭部にも目があるとすれば、
今を生き、未来を目指す上で、
過去を振り返る必要があるのかもしれませんが、

そうではありませんよね。

つまり、心身の波動を高めるためには、
過去はどうでも良いのです。

現世において、どんな過去を背負っていようが関係ないのです。

「今」の自分が、どう在りたいか、
どうなりたいか、どこへ向かっているかが重要なのです。

ですから、本連載の初日にお話しした、
笑顔を絶やさず、姿勢の良い日常を送っていても、

思考のどこかが過去に捕われている限り、

アストラル・トラベルを目指していても、
幽体離脱が選択され、幽界や霊界の旅をする可能性が高くなります。

それでは、過去と決別するには、どうしたら良いのでしょう。

その答えの詳細については、
今後の連載投稿の中で詳しくご説明しますが、

自身の願望に対するコントラストを高めるコトが近道です。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

腹式呼吸の効用

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕が日頃からお勧めする腹式呼吸の、
その絶大な効果については、
体感レベルだけでも充分判るのですが、

今日は少々、データ的なコトを拾ってみました。

まず、素直に驚いたコトは、腹式呼吸は、
胸式呼吸の8倍の空気量が肺に流れ込むという事実。

それから、その空気量に便乗して、
脳に供給される酸素量も、
胸式呼吸の4倍になるというコトです。

この差は、モノスゴイ!ですよね。

人間は、眠っている時には、
自動的に腹式呼吸に切り替わるのですが、

それは、新鮮な酸素を沢山取り込んで、
身体の修復をしようとするためなんですね。

特に、仰向けになって横になり、
腹式呼吸を行うコトによって、

リンパの流れが改善され、
身体の免疫力が高くなるという点については、
これまでも、何度となくお伝えした通りです。

また、立位や座位であっても、
その状態で腹式呼吸ができるようになると、

空気を吐き切った瞬間に、
物凄い力を発揮できるという実験結果もあります。

昔から言われてきた、「火事場の馬鹿力」のコトです。

同じように、どんな姿勢であれ、
腹式呼吸を意識して行うことで、

感情が穏やかになると言う実験報告もありました。

この「穏やかになる」という感覚は、
とても不思議なモノです。

良く言われるコトとして、感情には、
ポジティブなモノと、ネガティブなモノがあるので、

感情体という微細身体が、
物理的身体の外側にあると仮定する波動医学では、

身体のすぐ外側の感情層が、
ポジティブになったり、
ネガティブになったりすると表現しますが、

この腹式呼吸を意識的に行っていると、
変な例えなのですが、

感情層が透明になる、もしくは、感情体が消える、
そんな感じがしてなりません。

つまり、感情層や感情体と言うフィールドは、
その人がネガティブになった時にのみ、
その「場」を利用して、

激しく揺れ動いたり、
攻撃色を剥き出しにしたりするのではないでしょうか。

ひかりあめのオステオパシィでは、
頭蓋骨施術の際、仰向けになって頂きますが、

この時、意識して腹式呼吸をして頂き、
ご自身のなりたいビジョンを妄想して頂くコトを、
最近では積極的に、ご提案しています。

無意識に刻み込まれたポジティブなビジョンは、
僕たちのソースである宇宙に届き、
その実現が約束されるからです。

これも一種のアストラル・トラベルと言えるでしょう。

アストラルワークのススメ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

さて今日は、

朝、目覚めの微睡(まどろみ)の時を活用した、
とても楽しいワークをご紹介しましょう。

僕はこれを、アストラルワークと呼んでいます。

夜が明けて、目が覚めるという現象に、
あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか。

単純に考えれば、睡眠を終えて、
脳が活性化し、日々の生活を再開する、

…そんなイメージでは、ないでしょうか。

確かに、その通りですが、

別の言い方をするなら、
睡眠中にアストラル界の旅を楽しんでいた魂が、

自分の肉体に戻って、
三次元世界の日常に帰ると言うコトもできます。

そのため、朝の、

起きて間も無いボーッとした瞬間は、
脳内では、アルファ波が出まくっており、

アストラル界から帰還した魂が、多次元の間を、
行ったり来たりしている、貴重なタイミングとも言えるのです。

実際、こうした微睡の時、

多くの人が、夢の中の出来事を、
現実のように感じる経験をしているはずです。

この、夢と現実の入り混じった、
言い替えるなら、アストラル界と三次元界が重なった瞬間、

僕たちは、昨日の話題となった、
自身の潜在能力に直接繋がっています。

ですから、この貴重な時間に、

自分が心から望む、
心地良い目標をイメージしてみましょう。

自分の目指すゴールを、アルファ波の出ている脳に、
具体的、かつ鮮明に、しっかり伝えるのです。

すると、自分の潜在能力が、
自身の目指す「方向」を、手に入れるコトになり、

その方向に向かって、
エネルギーを放出できるようになるのです。

慣れないうちは、
こうした微睡を楽しむだけでも良いのですが、

ぜひ、このチャンスに、
宇宙に向かって、自分の目標を宣言してしまいましょう。

但し、このワークは、
アラーム時計に叩き起こされるような目覚め方をすると、
上手く行きません。

この貴重な瞬間を、活かすためには、

成長ホルモンをしっかり分泌させる意味でも、
午後10時には就寝して、

朝の気配で目覚める必要があります。

実は、このワークを発展させたものが、
僕が再三お勧めする、アストラル・トラベルです。

自分のポジティブな目標を知った潜在能力は、
多次元空間の中でエネルギーを放射し、

成長しつつある五次元地球と同調したとき、
そこへの旅が可能になります。

僕の経験では、かなりポジティブで、
そして、かなり鮮明なイメージを持った時、

まるで、新生地球から招待されるような感覚で、
アストラル・トラベルが可能になっています。

この混沌とした三次元界の分離意識と決別し、
あなたの輝かしい目標を、あなたの現実に引き寄せて下さい。

Scroll to top