本名で生きる

ひかりあめのゆうすけ改め、暢弘(のぶひろ)です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

ここ数日、沖縄も寒い日が続いています。

2週間後の24日、旧暦12月8日の、
ムーチーの日が近付いているのですから、
この寒さは当然なのかもしれません。

さて、Facebookと週刊メルマガでは、
既にお伝えしましたが、

本年1月4日より本名の、
齋藤暢弘(さいとうのぶひろ)で活動しております。

シンガーソングライター時代のステージ名を、
セラピストとなってからも、ずっと名乗り続けていましたが、

土星回帰2巡目となる今年を、より良き年にするために、

17年ぶりに本名を取り戻そう!と、
1月2日の初詣&満月詣の際、ふと思い立ったのです。

日本に古くから伝わる言霊に沿うなら、
氏名(なまえ)は、使命(現世のミッション)なのだそうです。

氏名とは、生誕時に両親から授かるもの。
つまりそれは、自分では決められませんよね。

ですから、そこには、
一切の「我(が)=エゴ」が宿っていません。

日本人の心の故郷でもある神社では、
(かがみ)をご神体とされていることは、
多くの人の知るところでしょう。

鏡とは三種の神器のひとつで、神聖なアイテム。
庶民が手に入れられるようになったのは、
江戸時代以降のこと。

風水の世界でも、強い反射力があるとされ、
鏡を磨かないと、
その家の波動が落ちるとまで言われます。

神社にお詣りに出向き、
ご神体と向かい合えば、

聖なる鏡に自分の姿が映ります。

そして、その「鏡(かがみ)」から、
「我(が)=エゴ」を外せば、「神(かみ)」になります。

そこに映る「自分自身」から「我」を外し、
神性と出会え!という意味なのです。

現世に生れ落ちたときの、最初の贈り物が、
我とは無縁で、しかも一生使う大切な「氏名」を、

宇宙からの聖なる導き(=使命)に向かって
邁進する覚悟を決めたのなら、

氏名と伴に生きるコトが、
最も自然なのではないでしょうか。

さて、この正月明けから、

消失したホームページの、
復旧作業を進めていましたが、

今朝未明、すべての再掲載も終えました。

コンテンツが不十分な面も目立ちますので、
追々、補って行こうと思います。

今回のデータベースの事故によって、
消失した情報は甚大でしたが、

その一方で、こうして、
ホームページとブログの一体化したサイトが誕生し、
シンプルになって良かったと感じています。

特にスマートフォンからご訪問の皆様には、
パソコン版と同じデザインで
お楽しみ頂けているはずです。

ピンチはチャンスの前触れなんですね。

再スタートです

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日の午後、
ひかりあめのホームページが、
こともあろうか、
全て消えてしまいました。

何もかも!です(笑)

さすがに何秒間か、呆気に取られましたが、

なぜか、すぐに立ち直り、
当ブログをホームページのURLに、
割り当てていた僕がいました。

つまり、当ブログを、
ホームページとして表示したワケです。

言い替えるなら、

hikariame.jp(ホームページ)にも、
healingherbs.jp(当ブログ)にも、
同じWebサーバー空間を割り当てたのです。

一瞬の出来事から、まさに一瞬の判断で、
ホームページとブログを一体にしました。

そして、来年早々には、
healingherbs.jpからのアクセスは切り、
hikariame.jpにURLを一本化して行くと決めました。

当ブログ読者の皆様には、
大変お手数なのですが、
ブックマークの変更をお願いいたします。

なお、ご存じのとおり、こちらのサイトは、
現時点ではブログでしかありませんので、

ホームページに記載されていた、
各種セッションや講座、
そして、倶楽部光雨に関する詳細情報は、
全く表記されていません。

メールマガジン購読用のエントリーもありません。

辛うじて、スタッフ紹介や、
ひかりあめまでのアクセス、
そしてお問合せフォームが機能しています。

足りない情報については、
吟味しつつ、順次追加して参りますので、
気長にお待ち頂ければ幸いです。

大浄化とは、ある日突然訪れるのですね。

3年前のストレージ消失事件の時と、
明らかに違うポジティブな僕がいて、
少々驚いています。

出雲大社への21日間詣の効果かな(笑)

さあ、再スタートです。
楽しんで邁進します。

塩との相性

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

塩浴をはじめて2年半が経過し、
そのスタイルも随分変化しました。

以前にもご紹介した通り、
当時の僕が参考にした本は、↓こちらです。

松本和子氏の著作「塩浴生活をはじめよう!」です。

これを簡単に説明するなら、
飽和食塩水で身体を洗う入浴法です。

この方法に、生糠を加えたり、
酢を加えたり、

自分なりに色々アレンジしたのですが、
現在では、塩をそのまま使う方法で落ち着いています。

つまり、塩を水で溶かさず、
粒子状の自然塩を、濡れた手のひらで揉んで溶かし、
それで全身を優しく撫で洗いする方法です。

撫で洗いを終えたら、お湯のシャワーで塩を流し、
最後は水シャワーで体表を締めます。

冬のこの時期ではありますが、
水シャワーは塩浴の決め手でもあり、
先にご紹介した著作でも強く勧めていると同時に、
僕はこれで、喘息や乾癬とも決別できました。

実は、今を遡ること数十年、
粗塩で身体を揉み洗いするような、
ダイエット方法を紹介されたことがありました。

揉み洗いするというより、
塩を肌にすり込むような感じでした。

その頃は今より、
36キロも体重が多かったことも手伝って、
疑うこともなく、その入浴法を試したのですが、

塩の粒子で身体を傷付けてしまい、
体表は真っ赤に腫れ、
とても辛い経験となったのでした。

ですから、塩を水に溶かさず、
身体を洗うという遣り方は、

どちらかというと、意識して避けていたのですが、

この方法を、数十年ぶりに試してみたところ、
肌は驚くほどスベスベになり、
そして、若い頃の肌の柔らかさまで帰って来たのです。

飽和塩水に生糠を足したときは、
柔らかい洗い心地が気に入っていましたが、
入浴後の洗い場の洗浄が手間でした。

また、塩浴のあとに、
酢でリンスをする遣り方は、
髪の乾燥対策としては効果を感じましたが、
なぜか入浴中に、皮膚に小さな痛みを感じたのです。

痛みや痒みは、それが例え小さな反応であっても、
身体に合っていないサインでしかありません。

一方、今、気に入っている塩浴は、
入浴後の肌の柔らかさは格別で、

酢を使った時のような違和感は、
微塵もありません。

僕は、塩との相性が抜群のようです。

そう言えば、2ヶ月程前から、
歯磨きも塩だけで行っています。

歯科医に言わせると、良くないケアのようですが、
塩歯磨きは僕に向いているようです。

入浴にせよ、歯磨きにせよ、
塩を優しく扱うことが、とにかく大切なようで、

これは漬物作りでも言えるのですが、
優しく塩で漬け込むと、野菜もそれに応え、
殊の外美味しく漬かってくれます。

当たり前のことですが、
こういう気付きが、大切なのでしょうね。

ところで、話しは変わりますが…、

塩と漬物のお話しのついでに、
お知らせいたしますね。

丁度2年前となる、2015年の12月下旬から、
ひかりあめでは有機野菜による、
無料の漬物処方を始めました。

この2年間で、沢山の利用者の皆様に、
喜んでも頂け、僕にとっても素敵な経験となりました。

そんな漬物処方でしたが、
今日をもちまして、
終了させて頂くことにいたしました。

もちろん、趣味としての漬物作りは、
今後もずっと、続けるはずですので、

もしかすると、ひかりあめの利用者様に、
プレゼントさせて頂くこともあるかもしれません。

皆様から頂戴した沢山の笑顔を、
生涯、大切にいたしますね。

本当に、有難うございました。

土星は山羊座へ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

出雲大社への21日間詣を終えた12月20日のお昼過ぎ、
土星が僕の出生のサインである山羊座に、
30年ぶりに帰って来ました。

そして、去った10月10日には、
木星が出生のサインの蠍座に12年ぶりに戻っており、

僕のソーシャルプラネット全てが、
今、出生のサインで輝いていることになります。

これは、人間の人生が100年前後とした場合、
一生に一度だけ起こる、約一年間の天体ショーです。

木星の公転周期は12年、
土星の公転周期は29.5年のため、
その最小公倍数となる59歳前に起こります。

木星と土星は、ソーシャルプラネットですから、
その人と社会との関わりが、
最も密になる一年間と言えるのですが、

社会的には、この時期は定年前だという皮肉な現実が、
せっかくの惑星たちの応援を、
受け取れない状態にしています。

つまり、59歳に向かうこの瞬間こそ大切にし、
社会に対して最大限に輝くことが、
宇宙の求める姿勢と言えるようです。

特に僕の場合、転生時の創造主との約束を示す、
アセンダントのタームが蠍座の木星ですので、

12年に一度訪れる、木星回帰の度に、
自分らしさを発揮しやすくなります。

12年前と言えば、ひかりあめを始めた直後で、
当時はフラワーレメディの啓蒙に、
注力していた時でした。

そして、その12年後、
自然療法による治療だけに留まらず、

その人の魂の成長と寄り添える治療家として、
邁進している自分を誇りに思います。

それにしても、21日間詣を始めたきっかけは、
内奥から湧き出たインスピレーションでしたので、

それを満了する日に
僕の土星が回帰する事実を知ったときには、
少々、鳥肌が立ちました(笑)

最近、プライベートで
鳥肌の立つコトが多いのですが、

星々の期待に応える時が、
ついに到来したからなのでしょうね。

レメディ製薬課程、開講のご案内

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます

今年4月に開講した、
ひかりあめのフラワーレメディ講座は、

先陣を切ったホームセラピー課程に、
一ヶ月遅れてプロセラピスト課程も開講し、

あとは、レメディ製薬課程の開講を、
残すのみとなっていました。

その状態となって半年もの月日が
経過してしまったのは、
僕が納得できずにいたからでした。

本課程のテキストは、
今年の1月には執筆を終えており、
ある意味では準備万端だったのですが、
開講に踏み切れなかったのです。

 何かが違う。
 このままでは、
 この課程だけ現実味に欠ける。

…これが、僕の心の声でした。

テキストに問題があるのだろうと、
何度となく加筆修正を加えたのですが、
幾ら挑んでも納得できない僕がいます。

かつての僕だったら、
何が何でも開講していたでしょう。
でも今の僕には、それができません。

ご存じのとおり、ひかりあめのフラワーレメディ講座は、
各課程に具体的で現実的なゴールを掲げています。

例えば、ホームセラピー課程では、

フラワーレメディの3大スキルの
土台となる部分の学びを通して、
ご家族や身近な方に対する臨床を重ねるための、
充分な知識をご提供します。

また、プロセラピスト課程では、

そうした臨床の輪を、
社会へと広げるために必要な知識を、
総合的に学んで頂きます。

疑似療法であるホメオパシィとの
差異を充分に理解して頂くことと並行して、
わが国の薬事法や酒税法に則った、
合法的な活動のための知識をご提供するものです。

それに対して、地の植物での製薬を目指す、
レメディ製薬課程だけが、

「地の植物」を選ぶための、
辞書的な情報の羅列に終始しており、

いざレメディの製薬に取り組もうとしても、
机上の空論になりかねないのでは…との思いが、
執筆したテキストを眺めるたびに溢れ、
苦しくなるばかりでした。

そんな折、あるアイデアを、
この講座で実現できないだろうかと、
思い立ったのです。

結論から言いますね。

この、レメディ製薬課程では
通信講座では異例となる座学を設けることにしました。

教材は、以前からご案内している、
フラワーレメディ・プログラム・ジャパン出版の書籍、
「植物のかたちとはたらき」を使用します。

受講期間については、
他の2課程と同じ3か月間で、

ご希望に応じて何回でも可能な
1か月単位の受講延長(有料)もご利用頂けます。

最大の特徴は、この3ヶ月間の中で3回、
基本的には月に1回のペースで、
レメディ製薬課程独自となる個別の座学を設け、

受講生の製薬したい地の植物について、
「植物のかたちとはたらき」を利用しながら、
受講生のレメディ作りのための情報を、
個別提供することにいたしました。

つまり、辞書的な情報の羅列を超えて、

その方と共鳴する地の植物を、
一緒に製薬する仲間として、
僕が仮想のパートナーを務めさせて頂くのです。

なお、3回のマンツーマンの座学は、
映像付きスカイプのご利用をお勧めします。

また、3回の座学の進め方については、
オリエンテーション資料にて説明させて頂きますので、

このレメディ製薬課程に限り、
オリエンテーション資料のみの
ご請求にも対応させて頂きます。

受講料については、
他の2課程と同じ39000円+税とさせて頂きました。

そして、来る12月18日に、開講させて頂きます。

この日は射手座新月ですので、
こうした内容をスタートさせるには、
絶好のタイミングです。

本課程の開講をもって、
ひかりあめのフラワーレメディ講座は、
全3課程が完成したことになります。

長い間、お待たせしましたが、
最高に現実味のある、
大満足の講座に仕上がりました。

もはや、レメディ製薬を、
机上の空論では終わらせませんよ。

発酵オートミールと甘酒

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

純菜食レシピを、2点ご紹介します。

●発酵オートミール(2人分)

・オートミール 75g
・レーズン 16g
・そば粉 10g
・フーチバ(よもぎ) 適量
・ヘンプシード 15g
・無調整豆乳 270㏄
・豆乳ヨーグルト 30g
・水 150㏄

①無調整豆乳に豆乳ヨーグルトとレーズンを加えて撹拌し、
42度で3時間前後発酵させる。

②フーチバは洗って、葉の部分をちぎっておく。

③発酵した①を鍋に移し、
水150㏄とオートミール、そば粉を加えて、
ヘラで混ぜながら弱火で加熱する。

④オートミール全体に火が通ったら、
鍋の火を消し、フーチバを加えてオートミールに混ぜ込み、
フタをして5分間蒸す。

⑤器にもりわけ、ヘンプシードをトッピングして完成。

レーズンの甘さと、
フーチバの爽快さが素敵な一皿です。

ヘンプの栄養価は、
今では多くの人の知るところですが、

フーチバの薬効も、
かなりの広範囲に及びますので、
特に女性には嬉しい一皿です。

また、豆乳が発酵していますで、
消化吸収が良いのもポイントです。

このままでも、乳酸発酵の甘味を楽しめますが、
お好みでオリーブオイルや
醤油糀などを少量のせて、お召し上がり下さい。

オートミールといえば朝食の定番ですが、
早起きして発酵せねばならないのでは、
ハードルが高過ぎますよね。

そんな場合は、前日に①を済ませておいて、
冷蔵庫で一晩おけば、
翌朝は②から短時間で仕上げられます。

・3分搗き米の甘酒

ステップ1 乾燥米糀を生米糀に戻す

・乾燥米糀 200グラム
・熱湯 250㏄

①熱湯を60度まで冷まし、ほぐした乾燥米糀を入れ、
全体が同じ水分量になるように撹拌する。

②60度で3時間発酵させ、生米糀に戻す。

ステップ2 甘酒として仕込む

・3分搗きで炊飯したお米 300g
※分搗き米は胚芽の落ちぬよう丁寧に研ぎましょう
・熱湯 600㏄

①炊飯したお米に熱湯を加え、中火の鍋で10分加熱して粥にする。
※加熱の後半は極弱火にします

②火を止めて鍋にフタをし、粥を5分間蒸らす。

③鍋のフタを外し、ヘラで混ぜながら、
粥を60度まで冷ます。

④ステップ1で戻した生米糀を粥に混ぜ、
60度で10時間発酵させれば完成。

玄米の栄養価と白米の食べやすさの
双方を併せ持つ3分搗き米を、
贅沢に甘酒にしてしまいました。

出来上がった甘酒は、
保存容器で冷蔵保存すれば、
2週間前後楽しめます。

甘酒の発酵が進むと、独特な酸味も加わりますので、
毎日少量ずつ、変化を楽しみながら頂いてみて下さいね。

美しくゴミを出してみると

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕の住む集落では、週に2回の可燃ゴミ回収、
1回の不燃ゴミと危険ゴミ、そして資源ゴミ回収が
それぞれ別の曜日に設定されており、

資源ゴミ以外は、村指定の有料ゴミ袋に詰めて、

指定された時刻までに、
自宅敷地の入り口に出しておくことで、
委託業者さんによって回収されます。

ゴミ袋が有料だということもあってか、
わが家を含む多くの家庭では、

袋の中に入るだけのゴミを詰め込んで、
袋の口を風呂敷のように縛って出したり、

縛る余裕が無いほどに袋がパンパンな場合は、
袋の口をガムテープで止めて出したりと、

お世辞にも綺麗な出し方ではありません。

そんな中、僕たち夫婦の朝のウォーキングの途中、
立派な屋敷に住まれる家主さん宅のゴミが、
あまりにも綺麗に出されている、
そんな風景に出くわしました。

どのゴミ袋も程よく上品に膨らんでいて、
袋の口は巾着のようにまとめて、
麻紐で括っていたのです。

家主さんも、奥様も、
とても風格を感じる方々で、
大型の老犬と一緒に暮らされているのですが、

屋敷の立派さと調和したその美しさは、
ぜひ真似させて頂こうと思い立ったのでした。

それからというもの、
ゴミの収集日が待ち遠しくなり(笑)
そのお宅を真似たゴミ出しを続けているのですが、

ゴミを捨てている感覚を忘れるくらい、
毎回、気分はシャン!とするのです。

そのお宅が、ゴミを綺麗に出されている事実は、
実は随分以前から気付いていました。

ですが、真似をしようとは思ったのは、
ほんの数週間前のコトです。

それまでは、その整然と並んだゴミ袋たちは、
ウォーキング中に通り過ぎる、
一つの風景でしかありませんでした。

僕の中で、何かが変わろうとしているのでしょう。
というか、明らかに変化が起こっているようです。

もしかしたら、一ヶ月程前から始めた、
4種類のレメディの効果かもしれません。

これらのレメディは、
ひかりあめで日常的に使うバッチフラワーではなく、

そのうちの2種類はアラスカン・エッセンス、
もう1種類はパシフィック・エッセンス、
残る1種類はブッシュフラワー・エッセンスです。

それぞれポテンシィが異なりますので、
5分ずらして3本の調合ボトルから服用しています。

フラワーレメディのステキなところは、

問題や症状を癒してくれるだけでなく、
自分自身を次のステージに、

言い替えるなら、さらなる高みへと
誘ってくれるところではないでしょうか。

これは治療を超えた、
進化と言えるのかもしれません。

もちろん、バッチフラワーでも、
セカンド・ナインティーン、セブン・ヘルパーズ、
トゥエルブ・ヒーラーズと、

それぞれが癒す波動領域が異なりますので、

僕の初著内の91~96ページでも書きましたが、
「3つの治療ステップ」を活用して、
自身の高みを目指すことが可能です。

ひとは、問題や症状に困ったときは、
何らかの治療に期待してしまうものですが、

それらが手放せた後も、
僕たちの魂の旅は終わっていませんので、

こうした、次のステージを
目指せるツールを積極的に活用して、

ご自身をバージョンアップされてみては如何でしょう。

漉さないこしあん

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日の投稿で触れた、
漉さないこしあんのレシピをご紹介します。

あんこには、
こしあんつぶあんがありますよね。

世代的にもアンパン好き(笑)の僕は、
どちらのあんこも大好きなのですが、

お気に入りの天然酵母パンに、
たっぷり塗って食べたくなったのが、
こちらのこしあんでした。

まろやかな口当りが自慢のこしあんは、
上品な仕上がりの舞台裏で、

「漉す」作業を通して、
小豆の表皮などの廃棄されるモノが
けっこう沢山出てしまいます。

そこで、そうした無駄を省いて、
簡単で、上品で、美味しさも本物に負けないこしあんが、
今日ご紹介する漉さないこしあんです。

ぜひお試しください。

漉さないこしあん

材料
・小豆 200g
・てんさい糖 160g
・水 800㏄
・自然塩 ひとつまみ

①渋きり
小豆を被るくらいの水(分量外)を入れて、火にかける。
沸騰したら1カップの差し水(分量外)をする。
再沸騰後、中火で2分茹でたのち、
ザルにあげて、水ですすぐ。
※①の工程を、もう一度繰り返します

②圧力鍋で煮る
圧力なべに、渋きりした小豆と分量の水を入れ、
高圧で15分間、弱火で煮る。

③小豆の煮具合を確かめる
圧力鍋の圧が抜けたら、小豆の硬さを確認し、
指でつぶれる柔らかさまで煮る。
※てんさい糖を加えると、それ以上柔らかくならないので、
この時点でしっかり煮ておく

④甘味を加える
てんさい糖を、弱火にかけながら、
数回に分けて入れる。
てんさい糖がとけたら火を止め、一晩おく。

⑤煮詰める
一晩おいたら、再び火にかけ、
煮詰めて水分を飛ばし、
最後に自然塩をひとつまみ加える。
※煮詰め過ぎたら水を加える

⑥フードプロセッサで滑らかにする
一旦、火を止め、
小豆をフードプロセッサにかけ、滑らかにする。

⑦仕上げの煮詰め
再度、火にかけ(弱火)て煮詰める。
※冷えると固くなるので煮詰め過ぎない

⑧あんこを冷ます
粗熱をとったら、冷蔵庫で冷まして出来上がり。

ちなみに、わが家のフードプロセッサと、
圧力鍋はこちらです。

どちらも、シンプルで使いやすく、
大変お気に入りのキッチンツールです。

58歳になりました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

かなり、久しぶりの投稿です。

数々の変化を感じ、
そんな流れを味わっているうちに、
あっという間に一ヶ月経っていました(笑)

そして昨日、9月30日、
満58歳の誕生日を迎えたのですが、

偶然にも同日のご利用者様の一言に、
大切な気付きがありました。

まさに、バースデー・ギフトでした。
本当に有難うございます。

写真は、昨晩頂いた、
バースデー・ケーキです。

ときはやさんの麻の実カンパーニュに、
水切り豆乳ヨーグルトと、
漉さないこしあん、
そして生の胡桃をサンドしたものです。

僕は小麦を食べられませんが、
この店のパンは大丈夫で、
最近は月に2回ほど利用しています。

そして、謎の「漉さないこしあん」ですが、
意味不明なネーミングですよね(笑)

こちらは、後日あらためて紹介しますね。
美味しくて、素敵な一品です。

…で、話しを本題に戻して…、

その気付きの全容をご説明すると、
連載記事になってしまいそうですので、

お伝えしたいコトを短くまとめてみました。
それは、以下のとおりです。

ここ、ひかりあめは、
調和療法をご提供する治療所ですが、

ひかりあめの調和療法においては、
治療だけが、その役割ではありません。

病気や疾患を、処置や手技、
問診や投薬などによって、
元気な状態になって頂くコトを、

一般的には「治療」と言いますし、
これは疑いようのない事実なのですが、

元気な人を、
より良い状態に引き上げられるのも、

ひかりあめの調和療法においては、
大切な役割
なんだ…

…というコトです。

ひかりあめの代表格でもある、
フラワーレメディを例にご説明しますね。

ネガティブな心理状態を調和させて、
心身をニュートラルな状態に導くコトが、
フラワーレメディの大きな役割なのですが、

実はこれ、フラワーレメディの担う力の、
30%程度でしかありません。

フラワーレメディをご存じな方なら、
そんなバカな!と思われたコトでしょう。

種を明かしますね(笑)

セブン・ヘルパーズと呼ばれる7つのレメディは、
元気な状態のときに利用すると、

ご自身の心の癖と向き合ってみようと素直に思え、
等身大の自分と自然な形で付き合えるようになります。

元気でないときは、
酷く頑固だったり(オークやロックウォータ)
過剰に寂しがりだったり(ヘザー)
絶望的になりやすかった自分(ゴース)が、

元気なときに、
同じレメディを利用することで、

そうした自身の心的な傾向を認めて、
いつもなら、そんな反応をしそうな自分の瞬間に気付いて、
普段とは違う反応を試してみたくなるのです。

そして、こんなのもアリか…と、
なぜか納得してしまう。

つまり、人間の奥行が広がるワケです。

また、トゥエルブ・ヒーラーズと呼ばれる12のレメディは、
元気な状態のときに利用すると、

瞑想や夢などを通して、
多くの気付きをもたらしてくれます。

元気でないときは、
猛烈にせっかち(インパチェンス)だったり、
石橋を叩いて渡らなかったり(ミムラス)する自分が、

元気なときに、
同じレメディを飲んでみると、

短所(陰)の反対側にある長所(陽)に気付き、
陰陽の双方を認めるコト(バランシングする)を通して、
自己肯定感を高めてくれます。

そのため、瞑想や睡眠の質も高まりますので、
自動的に心身波動も高まります。

ステキでしょ。

これは、オステオパシィでも言えます。

調子の悪いときの施術は、
不調を緩和させるだけになりがちですが、

元気なときのオステオパシィでは、
良質な弛緩によるリラックスのもたらす、
無意識の浄化を体験でき、

丁度、元気なときに利用するトゥエルブ・ヒーラーズのように、
何だか自分が好きになってみたりするのです。

いかがでしたでしょうか。

不調を手放すだけでなく、
自分らしさをバージョンアップさせ、
益々輝く存在になる。

ぜひ、そうしたハッピーな目的のためにも、
ひかりあめの調和療法をお役立て下さい。

…というわけで、
58歳になりたての、幸せなゆうすけでした。

フラワーレメディ講座の楽しみ方

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

2015年2月某日のデータ消失から2年、
ひかりあめのフラワーレメディ講座は、

より自由度の高い講座となって、
再デビューさせて頂くコトができました。

一体、どのあたりが、
自由度の高さなのでしょうか。

そして、その講座を楽しむ秘訣は何なんでしょうか。

ホームページでは、ご紹介し切れていない、
その部分にフォーカスしてみました。

①受講期限の自由度

旧講座も、新講座も、
オリエンテーションで設定された、
受講期限は3か月なのですが、

その3か月で足りなかった場合、
1か月間の受講延長が、
旧講座では3回までしか出来ませんでした。

つまり、最長で半年だったワケですが、

新講座では、希望すれば何回でも、
受講の延長(一ヶ月あたり4900円)が可能です。
※レメディ製薬課程の受講延長は一部異なります

実際、ホームセラピー課程の2回の添削を、
規定の3ヶ月以内に終えた履修生さんが、

復習のために1~2ヶ月延長されるケースも、
少なくありません。

②添削回数を減らす/ケースレポートをなくす

かつての講座では、各課程に3回の添削と、
最終的にはケースレポートの提出が必要でした。

新講座では、ホームセラピー課程では2回、
プロセラピスト課程では0回で、
どちらの課程も、ケースレポートの提出を求めません。

一般的に、通信講座と言えば、添削ありきですよね。

ですから、減らしたり、無くしたりするのは、
通常は考えられないかもしれません。

ですが、2007年から8年間ご提供した、
旧講座を受講された皆さんを拝見していて、

添削やケースレポートを、
こなすコトが重要視されてしまい、

その結果、講座を楽しむ余裕がなくなり、
反対に、それらを提出するコトが、
講座履修の満足度と比例しているかのように、
僕には感じたのです。

資格産業における、一般的な通信講座では、
そうしたスタイルでも、良いのかもしれませんが、

僕は、自分がそうだったように、
フラワーレメディを楽しく学んで頂きたかったので、

添削よりも、もっと大切な部分に、
満足度を求めて欲しく、
添削回数を減らしたり、
レポートを廃止するなどの大胆な選択をしたのです。

その楽しみ方については、後述します。

③レメディ製薬課程を自由に選べる

旧講座では、
ファンダメンタル課程(現ホームセラピー課程)を最初に履修し、
次にプラクティカル課程(現プロセラピスト課程)を受講して頂き、

それらの全てを終えてから、
レメディ製薬課程を学んで頂きました。

いわゆる、「段階的な学習スタイル」だったのです。

しかし、フラワーレメディを開発したエドワード・バッチは、
レメディは「望むなら誰でも作れる」と明言しています。

つまり、ホームセラピー課程において、
家庭で活かすスキルを学んだだけでも、

レメディ製薬に取り組んで良いはずなのです。

ですから、新講座として再開する際に、
レメディ製薬課程へは、

ホームセラピー課程を終え、
プロセラピスト課程を終えてから、
履修して頂く方法と、

ホームセラピー課程を終えたら、
次課程として、
レメディ製薬課程を選べるようにしました。
※2017年12月18日開講

④倶楽部光雨で復習できる

そして、さらに面白い試みが、
倶楽部光雨という会員制クラブの利用です。

 講座を履修して、
 一通り学んだけれど、
 テキストを見直したら、
 判らないコトが結構あった!

…のような時に、しかも個別指導で、
講座全体を復習できるとしたら、

少なくとも僕のような独学派には、
有難い仕組みだと思うのですが、如何でしょう。

このクラブの会員制特別セッションは、
月に一度ご利用頂けますので、

一ヶ月、テキストに沿って独学して感じた疑問を、
ガッチリまとめて、
講師に直接ぶつけちゃって下さい(笑)

さて、新講座の自由度の高さをご紹介したところで、
具体的な楽しみ方をお伝えしますね。

それは、講師である僕との、
コミュニケーションを楽しんで頂きたいのです。

 こんなこと質問したら、
 笑われるかな?

…と感じたら、それこそ質問のチャンスです。

どんな些細なコトでも、
少々脱線(少々でお願いします)していても、
僕は必ずお応えします(※最長2営業日以内)ので、

とにかく、質問を楽しんで下さい。
質問を、しまくって下さい。

新講座を楽しむ秘訣は、
コレに尽きます。

あなたにとって、最良の学びとなりますように…。