satoko's essay

第一話 私の考えるスピリチュアル

「スピリチュアル」とは、どのようなことだと思われますか? 
言葉から、なにを連想されるでしょうか。 
 
たとえば、見えないものと交流する霊的能力や、不思議体験を連想される方も多いかも知れません。
私は、それをスピリチュアルの一つの側面だと思っています。
 
私にとってスピリチュアルとは、自分の本質に、より深く繋がって生きるということです。
 
そう考える私ですが、子ども時代の不思議エピソードもあります。
友達から「さっき、あっちにいたのに、なぜ、もうここにいるの?」などと言われることが
度々あったのです。私がいるはずのない場所で、私に遭遇したという友達は、みんな不思議そうに、
興奮気味に、話してくれたのを覚えています。
 
ボーッとしていることの多い子どもでしたし、知らないうちに魂が離れていったのかなぁと
想像してみますが、今でも、よくわからないことの一つです。また、自分以外の人に見えていない
ものが見えた時期もありますが、年齢を重ねるにつれて、その力は自然と閉じていったようです。 
 
大人になり、不思議な能力を閉ざしても、内なる動き(精神)への興味が途絶えることは
ありませんでした。いつでも真理を生きたいという欲求と共にありました。
面白いことに、そんな私が交際した男性は、スピリチュアリティを全否定する人でした。
「いただきます」と手を合わせることさえも。
(※私が、ここで書くスピリチュアリティとは、自分の根源、魂と繋がろうとする
  個人の精神的な営みのことです。ちなみに私は無宗教です。)
 
彼の価値観はユニークで、見聞きするすべてを新鮮に感じ、大きな影響を受けていました。
彼の価値観が、イコール自分の価値観だと思い込み、一緒になってスピリチュアリティを
全否定していた時期でもあります。
 
当時の経験から見えてきたことがあります。
「自分が本当に好きなこと、本当にしたいこと、自分にとって一番心地良いこと」
といった内なる声を聞かずに、まわりの人の価値観に自分をすり合わせることは、
自分の本質、そしてスピリチュアリティから手を離すことになるのです。
 
望みも叶わず、消耗します。実際、体調はいつも優れず、精神的にも不安定でした。
自分の内と外が、ちぐはぐに感じながら、どうしたら良いかわかりませんでした。
 
人生の目的は、人それぞれだと思いますが、ここで、私が共感した言葉をご紹介します。
それは、「生命の本質は成長であり、人の生きる目的は幸福の拡大」ということ。
 
人は、自分の中心的な光、純粋な思いに目覚めて、内なる幸せに素直に向き合って生きるとき、
スピリチュアリティは自然と開かれていくのだと思います。自分の内側と外側、心と体、
自分の純粋な思いと表現は一致し、霊性が高まり成長していくのです。
 
ですから、私たちが、ストレスを抱えたりして、内なる声を聴くことができないでいると、
自分の純粋な思いを蔑ろにして生きることになります。スピリチュアリティは埋もれ、
自然な成長は妨げられ、自分らしさは箱に納められたまま…。
今思えば、そんな連鎖だったように思います。
 
さて、私のスピリチュアリティが開き始めたのは、「独自の幸せを生きる」と決めたことが
きっかけでした。まわりの人の価値観に合わせることは、まわりも自分も、幸せにしないと
気がついたのです。
 
独自の幸せを生きるとは、生きる軸を自分自身にシフトすること。
そして、私の場合は、自分の内側からやってくる、静かで小さな声にやさしく耳を傾け、
そこから何が発せられようと、受け容れることをしました。
すると、人間関係、仕事、家族、生活のあり方、すべてが変わっていきました。
日常の小さなことに幸せや喜びが溢れ、感謝がこみ上げてくるようになりました。
「自分が幸せを感じること、本当に好きなこと、本当にしたいこと、心地良いこと」に
気持ちよくアクセスできるようになり、今まで気がつかなかった自分の望みも見えてきました。
 
一生結婚しないと宣言していたこともある私が(これも交際していた人の影響でした)、
結婚したいと感じていることに気づき、それを受け容れたのです。
それから、夫となる人に出会い、結婚するまではあっという間でした。
 
今までの人生について回っていた鬱屈感、葛藤、つねに追われている感覚、批判精神などが
一掃され、日々が、ゆったりとシンプルになり、望みは叶いやすくなりました。
 
それらの経験から、人生の中で、違和感を覚えたり、行き詰まったりすることは、
「自分の本質を生きよ」というサインだと感じるようになりました。今でも、
そのようなサインを受け取った時は、自分の内なる声を、より意識的に聴くようにしています。
 
スピリチュアル。
私も経験中で、具体的な言葉で言い尽くすことはできないのかもしれないと感じながら、
この文章を書いています。おそらく、全人生を通して、様々な方と出会いながら、
学ばせていただくことになるのだと思います。
 
スピリチュアルについて、私の経験を元に書かせていただきましたが、
幸せや霊性が高まっていく人生のプロセスは、人それぞれで異なります。
 
私は、お一人お一人の本質、中心的な光に近づいていくプロセスを、
「その方にとって、最善のことが起きますように」という願いとともに、
お手伝いさせていただきたい。そう思っています。