ワイルドローズ/西洋野バラ

■Wild Rose
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Rosa canina
■和名… イヌノイバラ
■科名… バラ科
■属名… バラ属

■生態

4から5フィート高に育つ潅木。長いアーチと小さな棘のある枝をもつ。葉は互生し、五つから七つの鋭い鋸歯状の小葉に分かれ、通常は終端の一葉に対して二から三ペアをなし丸い。葉柄は、大きくふたつの裂けた托葉によって茎に接合している。花は白色、ピンクもしくは深いピンクで、単体もしくは三つから四つ一緒に長い柄の終端につく。花弁は五枚で切込みがあり、大きなハート型。おしべは多く、花柱は自立し毛に覆われている。萼は五枚で羽状、開花すると茎に向かってうつむく。果実はローズヒップで、熟すと深い赤色になる。6月から8月にヤブや生垣、森林の境界で開花。

■製法

煮沸法で製薬する。できるだけ多くの茂みから葉と花のついた短い茎を切り集める。

■7カテゴリー

Not Sufficient Interest in Present Circumstances

■エドワード・バッチの説明

何の明確な理由も無しに、自分の周りで起こる事柄に対して諦めの気持ちを持っていて、生活を当たり障り無く過ごし、物事をあるがままに受け入れ、物事を良くしたり、何か楽しい事を見つけたりという努力はしません。そして不平を言う事もなく、人生における戦いを放棄してしまっています。

■素質

■順応性と譲歩する能力
■運命に対する自覚

■セラピーの対象

■感情が麻痺した状態
■無気力
■諦め
■運命に服従する態度
■病気の回復期
■生きる気力を消耗させる病気

■身体的症状

■無気力
■諦めの態度
■生きる意志の欠如を伴う症状

■日常的に現れる症状

■無関心
■やる気の無さ
■積極性の欠如
■状況を変えようとしない態度