ワイルドオート/野生カラスムギ

■Wild Oat
■1934年発見
■セブン・ヘルパーズ
■学名… Bromus ramosus
■和名… スズメノチャヒキ
■科名… イネ科
■属名… スズメノチャヒキ属

■生態

英国全域の湿った森、生垣、ヤブや道端に育つ、直立し綿毛に覆われ、枝分かれしない中空茎の草。2から6フィート高に育つ。葉は緑色、幅広で平らに長くうな垂れ細く尖る。根に近い葉は毛深い。管状の葉鞘は主茎に抱きつき、長く反り返った毛に覆われる。花は円錐花序で、主茎の頂部に沢山細かくぶら下がる枝につく。通常一対で、各々の枝には二つから四つの芽鱗に重なった小穂がつく。外側の二枚の芽鱗は小穂の基部の包葉で、不揃いで背部で丸まる。短い方は鋭く尖り一本の葉脈を、長い方は三から五本の葉脈を持ち鈍い。内側の二枚の芽鱗は外花頴と内花頴で、両性の花を包む。内花頴は楕円の穂状で細い膜質のサヤを持ち、背面には短毛、七つの葉脈を持ち、堅い針のようなノギが先端直下につく。短い芽鱗、竜骨状の包葉、付け根に隠れた二枚の芽鱗を抱き包んだ内花頴が花であり、おしべ、子房、二本の柔らかいめしべを包む二枚の小さな芽鱗を伴う。7月から8月に開花。

■製法

太陽法で製薬する。できるだけ多くの草から、花粉で満ちた満開の小穂を摘む。

■7カテゴリー

For Those Who Suffer Uncertainty

■エドワード・バッチの説明

人生において、何か素晴らしい事をしよう野心を持っている人、そして色々経験をして、可能な限り楽しみ、人生を最大限有意義に生きたいと思う人のためのものです。しかし問題は、そのために一体何をしたらいいか決められないでいると言う事です。つまり、野心はとても強いのですが、自分がこれだと思うような、つまり他人にもアピールできるような天職を探し出せずにいます。そのため、自分があたかも猶予期間の中にいるような感覚、あるいは、満足感が無いというような精神状態に陥ります。

■素質

■こだわりなく意欲的に生きて行こうとする態度
■生きる意味を求める強い気持ち

■セラピーの対象

■生きる意味の喪失
■先の見通しが立たない
■目的の喪失
■自己疎外
■新しい人生のはじまり
■見通しが立たないことが原因となって生じる抑鬱症

■身体的症状

■フラストレーション
■生きる意味の喪失を伴う症状

■日常的に現れる症状

■意味の無い行動をとっている自分に不満や挫折感を抱く
■見通しがきかないことによる優柔不断な態度
■自分に対する疑い