ホワイトチェストナット/西洋トチノキ

■White Chestnut
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Aesculus hippocastanum
■和名… セイヨウトチノキ
■科名… トチノキ科
■属名… トチノキ属

■生態

80から100フィート高になる木。灰茶色の鱗状の樹皮をもち、堅牢なアーチ状の枝を伸ばし、冬には先端を空に向ける。小さな枝の表面には、前年の葉柄の痕が馬蹄の印をなす。冬の枝は滑らかで明るい茶色、ベトベトし対生する大きな芽をもつ。端につく芽は、枝の側面のものより大きく、葉も花のその中にある。芽は、樹脂性物質によって保護された14枚の重なり合う鱗片に覆われている。初春に膨らみ、外側の鱗片から、その内部での成長(先端の綿毛に覆われ折りたたまれた葉の広がり)に合わせて剥げ落ちていく。垂れ下がった葉はやがて広がり、完全に発育された形は、大きく扇状になったとき。それらは葉の基部で五つから七つの異なるサイズの小葉に裂かれ、縁は細かい鋸歯状をなす。花は、単体もしくは二重で、密集し直立した針のようになり、下方の花ほど長い柄をもち、ピラミッド状をなす。釣鐘型の明るい緑色の萼は五片で、花冠は五、六もしくは七枚の花弁、シワがあって純白で、花冠の中央部は黄色く、受粉後に深紅になる。五から八本のおしべは頑丈で曲がり、長く曲がった花柱をもつ。上方の花は通常雄花で、下方は雌花。5月末と6月初旬に開花。

■製法

太陽法で製薬する。できるだけ多くの木から、雄花と雌花をその木の枝を使って集める。

■7カテゴリー

Not Sufficient Interest in Present Circumstances

■エドワード・バッチの説明

自分の望まない考えや思い、主張が自分の頭の中に入って来る事を、阻止できない人のためのものです。普通それは、目の前の事柄に対する関心が、それで頭が一杯になるほど強くない時に起こります。心配事がずっと頭から離れず、一時的に忘れる事があっても、すぐにまた取りつかれます。心配事が、頭から離れてもまた戻って来る事を繰り返すので、精神的な拷問にかけられているように感じます。このように不快な考えが続く事で、心の安らぎを得る事ができず、仕事に支障をきたし、日々が楽しくなくなります。

■素質

■内向性
■覚醒した精神状態
■強い感受性
■思考を集中させる力

■セラピーの対象

■強迫観念
■固定観念
■過度に刺激を受けやすい

■身体的症状

■強迫観念や固定観念を伴う症状

■日常的に現れる症状

■思考が駆け巡る
■睡眠障害
■頭のスイッチを切ることができない
■集中力の欠如
■精神の酷使による頭痛