ウォルナット/ペルシャグルミ

■Walnut
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Juglans regia
■和名… カシグルミ
■科名… マツ科
■属名… カラマツ属

■生態

40から100フィート高に育つ木。大きな幹と、広がる巨大な頭部をもつ。樹皮は灰色。若木では滑らかだが、木が成熟するにつれ深い縦溝が著しくなり、表面の起伏も多くなる。ねじれた枝は上に向おうとする。葉は遅くに現れ大きい。沢山の滑らかな槍型の縁が僅かに波を打つ、対生する小葉を伴う。若い枝と葉は赤味がかっている。雄花も雌花も同じ木につく。雄花は垂れ下がった尾状花序で、萼は4から5枚の鱗片、緑色で沢山のおしべを含んでいる。雌花は群れをなさない単生だが、枝の先に小さなグループを形成することもあるが、数は少ない。萼はボトル型で子房を取り囲み、2から3本の肉付きのよい柱頭をもつ。花は葉芽が開く時か、もしくはその前につく。果実は食用くるみ。初春の4月と5月に開花。

■製法

煮沸法で製薬する。できるだけ多くの木から、葉と雌花のついた若い小枝を6インチ長で切り集める。

■7カテゴリー

Over-sensitive To Influences and Ideas

■エドワード・バッチの説明

人生におけるしっかりとした理想と野心を持ち、それを遂行しますが、まれに自分の考えや目的や仕事から離れる誘惑にかられ、他の人の熱意や説得や強い意見によって左右されます。このレメディは、このような人に一貫性を与え、外部の影響に左右されにくくします。

■素質

■精神的・感情的な偏見の無さ
■感化されやすい性質

■セラピーの対象

■人格的な弱さ
■自己主張ができない
■外からの影響に過敏に反応する
■自信不足
■過度な適応
■人生における危機的状況
■人生の岐路
■依存
■更年期
■思春期
■歯生期
■出産

■身体的症状

■内面の不安定さや防衛力の不足を補う症状

■日常的に現れる症状

■影響を受けやすい
■情緒不安定
■信じやすい性格
■悪習慣