ヴァーベイン/クマツヅラ

■Vervain
■1930年8月発見
■トゥエルブ・ヒーラーズ
■学名… Verbena officinalis
■和名… クマツヅラ
■科名… クマツヅラ科
■属名… クマツヅラ属

■生態

英国南部の白亜質の乾燥した土壌の道端や、乾燥した荒地、日当たりの良い牧草地に育つ多年草。1から2フィートの高さに育ち、枝分かれする堅い茎を持つ。茎の断面は四角で、薄い短毛に覆われている。葉は穂状に対生し、深く粗い切り込みがあり、その両面とも短毛で覆われている。花は小さく淡い藤色か薄い紫色で、細い穂先の下部から咲き、小さな実になっていく。花冠は五つの不均一な片に分かれ、管状部の口元の白い毛は四つのおしべに隠れている。萼もまた五片。7月から9月に開花。

■製法

太陽法で製薬する。できるだけ多くの株から、最盛期の穂を選ぶ。しおれたり枯れたりしているものは使わない。満開の穂より、未開のつぼみの多過ぎない若い株を選ぶ。

■7カテゴリー

Over-care For Welfare of Others

■エドワード・バッチの説明

自分なりに正しいと信じている理論や考えに凝り固まっていて、滅多にその考えを変えようとしません。そして、自分の周りにいる全ての人たちに、自分の考えを押し付け、同じように考えて欲しいと願います。自分が教えたいと思った時は、強い意志と勇気をもって説得しようとします。病気になると、普通は諦めてしまうような事でも、何とかしようと長い間もがきます。

■素質

■外向性
■博愛主義に基づいた目的意識
■意志の強さ
■優越感

■セラピーの対象

■宣教的な態度
■凝り固まった理想主義
■世界改革者
■固定観念
■主義原則をやたらと振り回す
■狂言的な態度
■情熱的な信仰

■身体的症状

■過剰な熱心さや宣教的な押し付けがましさを伴う症状

■日常的に現れる症状

■押し付けがましい態度
■熱狂的態度
■一方的なものの見方
■先入観
■節制できない
■神経質
■緊張状態