スターオブベツレヘム/オオアマナ

■Star of Bethlehem
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Ornithogalum umbellatum
■和名… オオアマナ
■科名… ユリ科
■属名… オオアマナ属

■生態

野生にんにくやたまねぎに近い種の、小さな球根から育つ植物。葉は球根から現れ、長くクロッカスの葉のようにとても細く、深い緑色で白い葉脈が中央に走る。花は総状花序で、球根の中央から伸びる葉の無い茎につき、6インチから1フィート高につく。中央の茎は外側のものより長い。花に萼はないが、星型で六片の花弁をもつ。内側は純白色で、外側には緑色の縞がある。おしべは6本、陽光の中でのみ開花する。4月から5月に開花。

■製法

煮沸法で製薬する。できるだけ多くの株から、完全に開いた花房を主茎を使って集める。

■7カテゴリー

For Despondency and Despair

■エドワード・バッチの説明

一時的に大変な不幸せを生み出すような状況の下で、とても苦しんでいる人のためのものです。重大な知らせにショックを受けたり、大切な人を亡くしたり、事故後に恐怖感に襲われたりしたとき等がそうです。慰められる事さえ一時的に拒否しているような人に、このレメディは慰めをもたらします。

■素質

■豊かな感受性や感銘能力
■生きる喜びと無傷な世界に対する強い欲求
■記憶の良さ

■セラピーの対象

■消化しきれない精神的・身体的トラウマ
■耐え難いと思える生活状況
■人生の曲がり角
■忘れられない辛い経験がある
■ノイローゼ
■事故の後遺症

■身体的症状

■負傷あるいは、精神的ショックを伴う症状

■日常的に現れる症状

■不幸な状態
■悲しみ
■悪夢
■精神的ショック
■慰めを必要とする状態
■傷つけられたという気持ち