パイン/西洋アカマツ

■Pine
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Pinus sylvestris
■和名… ヨーロッパアカマツ
■科名… マツ科
■属名… マツ属

■生態

砂質の土地を好む、100フィート高になる常緑樹。英国全域で見られる。まっすぐで筒のような幹と、粗い樹皮をもち、その下方は赤味がかった茶色、上方の幹と枝はオレンジブラウン。短い枝を伸ばして広がる。葉は対で生え、房をなして密集する。2から3インチ長、表面には溝があり、裏面は凸状に膨れている。枝の付け根は小さな鱗の帯に囲まれている。鱗状で淡茶色のその枝の先端に葉はつく。それぞれの房の中央は、金茶色で樹脂質の先の尖った芽である。葉は2から3年に一度落ち、最初の年は白っぽい青色だが、のちに深緑色になる。花は、雄花も雌花も同じ木に育つ。小さな黄金色の雄花は短い枝の先端にあって房をなし、有り余るほどの黄色い花粉で満ちている。雌花や松かさは単体、もしくは三つ程度の小さな房をなし、赤い卵型で、新しく出た枝の先端につく。5月と6月初旬に開花。

■製法

煮沸法で製薬する。できるだけ多くの木から、雄花と雌花のついた若い枝を6インチ長で切り集めるが、雄花は完全に開花した状態であること。

■7カテゴリー

For Despondency and Despair

■エドワード・バッチの説明

自分を責めてばかりいる人のためのものです。うまく行っている時でさえ、もっとうまくできる筈だと考え、決して自分の努力や結果に満足することがありません。一生懸命努力し、失敗すると自分を責めて非常に苦しみます。時には、他の人が原因で起こった失敗でも、自分のせいだと考えます。

■素質

■道徳的な考え方に裏付けられた理想主義
■権威ある裁判官や自分より強い立場にある者に対する恐れとそれに貢献する態度

■セラピーの対象

■罪悪感
■道徳による強制
■自分が悪いと思ってしまう
■自分を拒絶する態度
■権威に対する隷属
■完全主義

■身体的症状

■罪悪感を伴う症状

■日常的に現れる症状

■良心のとがめ
■小さな事にこだわる
■自分の行動の正邪にいついて疑問