ミムラス/ミゾホウズキ

■Mimulus
■1931年9月発見
■トゥエルブ・ヒーラーズ
■学名… Mimulus guttatus
■和名… セイタカミゾホオズキ
■科名… ゴマノハグサ科
■属名… ミゾホオズキ属

■生態

英国全域の湿地や水路に生育する多年草。高さ1フィートくらいにまで育つ。潤沢で緑色の中空の茎。葉は対生しその縁はギザギザ、滑らかに丸みを帯び、縦に長く数本の葉脈がある。初夏から晩秋にかけて、鮮やかな黄色い一輪咲きの大きな五枚花弁の花がつく。花の大きさは1.5インチ。下部の三花弁の上にやや小さめの二花弁が花冠に支えられている。下部唇弁に赤、もしくは紫の斑点があり、四つのめしべがおしべに取り囲まれている。萼は葉状で五片の釣鐘形。よく似たミムラス・ラテウスというチリ産の種があり、エドワード・バッチも間違えたほど。6月から8月に開花。

■製法

太陽法で製薬する。澄んだ水流沿いで元気に育つ野生種の咲く場所を見つけ、できるだけ多くの株から花を集める。手の温かさにもデリケートな花なので、茎を使って摘む。

■7カテゴリー

For Those Who Have Fear

■エドワード・バッチの説明

世の中で起きること、病気、痛み、事故、貧困、暗闇、孤独、不幸などに対する恐れのためのレメディです。毎日の生活の中で感じる恐れです。このタイプの人は、恐れを静かに秘めていて、それを人に気軽に話したりすることができません。

■素質

■敏感さ
■傷付きやすさ

■セラピーの対象

■すぐ不安になる
■極端に恐れる傾向

■身体的症状

■原因がわかっている不安に対する恐怖感を伴う症状
■恐怖感によって引き起こされた症状

■日常的に現れる症状

■不必要な恐れ
■臆病
■引っ込み思案
■内気