ラーチ/落葉松

■Larch
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Larix decidua
■和名… セイヨウカラマツ
■科名… マツ科
■属名… カラマツ属

■生態

丘の上や森の外縁で育つ、まっすぐに高くそびえ立つ先細の幹をもつ、80から100フィート高に育つ木。樹皮は茶色で、成長するほど深い縦長の裂け目が著しくなる。下方の枝は長く、先端は上を向き、灰色がかった黄色の枝は垂れ下がって広がる。垂れた小枝は30から40の細い針のような葉の束を支え、ブラシのような房になる。春の葉は明るい緑色で、時を重ねる程に緑は深さを増す。ラーチは、唯一冬に葉を失う針葉樹である。花は両性とも同じ木につき、葉が小さな明るい緑の茂みのように見える頃に現れる。雄花は筒状の尾状花序で約0.5から1インチ長、いくつもの鱗片に囲まれた黄金色のおしべの塊をもつ。雌花は直立して筒状をなし、明るい赤色の尾状花序は一際目に付く。天候にもよるが、4月と5月に開花。

■製法

煮沸法で製薬する。できるだけ多くの木から、若い葉の束と雄花、雌花のついた小枝を6インチ長で切り集める。

■7カテゴリー

For Despondency and Despair

■エドワード・バッチの説明

自分が周りの人よりも劣っている、あるいは能力が無いと思い込み、失敗ばかりを考え、決して成功することが無いと思っています。ですから、成功するために冒険をする事もなく、一生懸命何かをやってみようとしない人のためのレメディです。

■素質

■影響を受けやすい性質
■遠慮しがちな態度
■自然な慎み深さ

■セラピーの対象

■自信の欠如
■劣等感
■自分の価値に関する問題
■諦める必要の無いことを諦めてしまう傾向
■放棄するのが早過ぎる

■身体的症状

■自分に対する自信の欠如や劣等感を伴う症状

■日常的に現れる症状

■内気
■引っ込み思案