ハニーサックル/スイカズラ

■Honeysuckle
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Lonicera caprifolium
■和名… スイカズラ、ニンドウ
■科名… スイカズラ科
■属名… スイカズラ属

■生態

堅牢な茎をもつ、木質あるいは潅木状のツタ性植物。葉は対生し、全体に托葉がない。下方の葉には柄があり、高いところの葉の対は茎を抱くように基部で繋がっており、楕円形をしている。花は終端で単体、もしくは房をなし。花冠筒は1から2インチ長で五つの裂片となり、それらは一対の唇のように二つに割れる。上唇は繋がった四片、下唇は一片である。5本の長いおしべが突き出、めしべはピンヘッド型で淡い緑色。花弁の外側面は赤色か濃いピンク、内側は白色、受粉する花は黄色になる。萼は小さく片の基部は繋がっており、五片でギザギザの縁があり、分泌腺がある。6月から8月、森や生垣、原野で開花。ハニーサックルとして名の通った、Lonicera pericylmenumより希少種のLonicera caprifoliumを使う。

■製法

煮沸法で製薬する。ハニーサックルの茂みの多くの場所から、葉のついた満開の枝を6インチ長で切り集める。

■7カテゴリー

Not Sufficient Interest in Present Circumstances

■エドワード・バッチの説明

過去の中、例えばとても幸せだった時のことや、失った友達との記憶や、実現しなかった野心の中に生きる人のためのものです。これらの人は、過去に経験したような幸せが二度と訪れるとは考えません。

■素質

■夢見がちで感傷的な性格
■幸福になりたいという強い欲求
■自分を防衛しようとする不安げで受け身な態度
■記憶の良さ

■セラピーの対象

■現実との関連が妨害されている
■現実逃避
■無関心
■物悲しい気分
■頻繁に郷愁に駆られる傾向

■身体的症状

■過去に対する物悲しい記憶を伴う症状

■日常的に現れる症状

■思い出に浸る
■ホームシック
■大切な人を失った悲しみ