ヘザー/夏咲きエリカ

■Heather
■1933年9月発見
■セブン・ヘルパーズ
■学名… Calluna vulgaris
■和名… ギョリュウモドキ
■科名… ツツジ科
■属名… カルナ属

■生態

英国全土のやせた土地や荒野に育つ常緑の潅木。一面に広がり、約2フィート高まで育つ。茎は粗く、しなやかで強く、枝は短く柔らかい毛に覆われている。葉は小さく対生し、枝に沿って四方にぎっしりと並んでいる。花は藤色がかったピンクで、時折白色になる総状花序。花冠は四片で、長い萼に隠されている。八つのおしべと、長いめしべが萼から突き出ている。萼は四片で、花冠と同じ色をし、水気はなくザラザラしている。その下の四つの小さな三角の苞には、柔らかい毛と短い花柄がある。7月から9月に開花。

■製法

太陽法で製薬する。ヘザーの大きな群生の周辺で、できるだけ多くの株から集める。元気良く咲いた花を茎ごと摘むが、つぼみが多すぎたり、枯れたりしぼんだりした花は一切入らないようにする。

■7カテゴリー

Loneliness

■エドワード・バッチの説明

自分自身の問題を他の人と話し合う必要があると考え、誰彼構わず、話し相手を常に探している人のためのものです。長時間独りきりにされると、とても不幸だと思います。

■素質

■自分に対して肯定的であると同時に確信の無い態度
■人とのコミュニケーションを絶えずとりたいという強い欲求

■セラピーの対象

■自己中心的態度
■虚栄心が強い
■人に気に入られたがる
■異常なほど強い自己愛
■劣等感を隠そうとして別の性質を極度に誇示する態度
■一人でいることに対する恐れ

■身体的症状

■極度に自己中心的な態度
■過度のおしゃべり
■異常なほど人づき合いを求める態度を伴う症状

■日常的に現れる症状

■自慢話
■嘘つき
■人に認められたいという欲求
■無視されることへの恐怖
■おしゃべり
■仲間外れになったという感情
■孤独感