エルム/西洋ニレ

■Elm
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Ulmus procera
■和名… セイヨウニレ
■科名… ニレ科
■属名… ニレ属

■生態

60から150フィート高に育つ木。がっしりした幹、深い溝の入った灰色の樹皮、そして数多く広がる枝をもつ。葉は2から3.5インチ長、1.5から2.5インチ幅。互生で鋭い鋸状縁をもつ幅広の卵型。表面はざらざらし、裏面は綿毛に覆われ、葉柄は短い。花は、葉が小枝で開く前のむき出しの小枝につく。紫みがかった茶色の房の中に、とても小さく、そして沢山の花をつける。それぞれの花は、四枚の鋸状で釣鐘型の萼片を持ち、花弁は無い。四本のおしべと、二つに裂け毛に覆われた花柱に支えられた房状の子房をもつ。気候に順ずるが、2月から4月に森や生垣で開花。

■製法

煮沸法で製薬する。できるだけ多くの木から、花房のついた小枝を6インチ長で切り集める。

■7カテゴリー

For Despondency and Despair

■エドワード・バッチの説明

良い仕事を行い、人生のあるべき姿を追跡し、何か重要な事、人類のために役立つことをしたいと願っています。自分がやろうとする仕事が余りにも難しく、ひとりの人間の能力を越えていると感じるとき、憂鬱な気持ちになります。

■素質

■限界まで力を出し尽くす傾向
■優れた業績を自分に要求する責任感溢れる態度

■セラピーの対象

■仕事上の危機
■抑制できない功名心
■間違った態度が原因で生じたストレス
■急性疾患

■身体的症状

■失敗するのではないかという突然の恐れ
■課題が重過ぎるという差し迫った感情を伴う症状

■日常的に現れる症状

■業績の向上を強いられることによる精神的ストレス
■突然荷が重過ぎると感じる
■今にも倒れそうな状態
■急性疾患