アスペン/ポプラ

■Aspen
■1935年3月~8月発見
■セカンド・ナインティーン
■学名… Populus tremula
■和名… セイヨウヤマナラシ
■科名… ヤナギ科
■属名… ヤマナラシ属

■生態

英国全域のやせた土壌や湿った森林に見られる、極めてほっそりとした木。めったに80フィート高を超えることはない。滑らかで灰色みがかった樹皮と灰茶色の小枝、そしてわずかにネバネバした、つやのある茶色の芽をもつ。葉は深い緑色で、2から3インチ幅、円に近い形で先端は鈍く、波のように縁は鈍く丸まっている。若葉は柔毛に覆われているが、秋にはスベスベになる。葉柄は細く長いため、ほんの僅かなそよ風にも葉をうろたえさせ、震えさせることになる。花は雄も雌も尾状花序で、葉がつくよりも先に異なる木に現れる。雄花は2から3インチ長で、茶色の毛に覆われた鱗片と、赤みを帯びた葯が垂れ下がる。雌花は雄花より小さく、丸く滑らかな子房の頂部には四つの切れ込みにある紫色の柱頭をもつ。3月から4月に、葉芽がほころぶより先に開花。

■製法

煮沸法で製薬する。雄花、雌花もいっしょに、数本の木から葉芽のついた小枝を6インチ長で切り集める。

■7カテゴリー

For Those Who Have Fear

■エドワード・バッチの説明

曖昧で、なぜ怖いのか理由もなく説明も出来ないような漠然とした恐怖。さらに患者は、はっきり何が起こるとは言えないものの、何かひどい事が起こるかもしれないという予感におののく事もあります。このような曖昧で説明の出来ない恐れは、日夜付きまとい、こうした人はしばしばその悩みを他人に話すことを怖がります。

■素質

■豊かな想像力
■磨き抜かれた鋭い感受性

■セラピーの対象

■生きる事に対する不安
■漠然とした不安
■内面的なパニック
■身の毛もよだつような恐怖感
■驚愕
■不吉な予感
■恐怖を抱かせるような妄想
■ある事柄が自分と関連あるという錯覚

■身体的症状

■恐怖をそそる予感や説明のつかない不安を伴う症状

■日常的に現れる症状

■心配性
■薄気味悪さ
■将来に対する不安
■恐怖を感じさせるような心配事