【第6話】父と私

私は、東京生まれ東京育ちの父と母の元に生まれました。妹がいる、4人家族です。
今回は、父との事を書いてみたいと思います。

父は、一つの会社で定年を越えて勤め上げ、退職後は弓道を楽しんでいます。
明るく、真面目で、人情味のある江戸っ子気質の人です。

今は、父の魅力を受けとめてご紹介できるようになりましたが、以前は、そうではありませんでした。犬猿の仲と言われるくらい、子どもの頃から喧嘩ばかりしていました。食卓では、父と向かい合わせにならないよう、家族内で配慮してもらっていたくらいです(笑)

私には、家に居場所が感じられず、何度も家出をしたり、大人になっても、あまり家族と共に時間を過ごしませんでした。

今になって思えば、風の吹くまま気の向くまま、自由にさせてもらっていたなと感じます。

さて、父に対しては、いつも文句があったように思います。たとえば、過干渉でうるさいなぁとか。父の生活習慣にも、一々、物申していました(笑)

それが一転して、父が今までかけてくれていた私への愛情に、気がつくきっかけがありました。

そのきっかけの核となったのは、自分自身の幸せを生きると決めたことです。(前のエッセイにも書かせていただきましたが)

自分にとっての幸せが何なのかわからず、右往左往していた私が、自分自身の幸せを基点に、行動し始めました。すると、今まで問題としていたことが、些細なことに感じられたり、気にならなくなりました。不思議と感謝が溢れ、父への文句も、いつの間にか消失してしまいました。

よく、感謝の大切さが言われますが、自分の内側が満たされれば、感謝は自然と出てくるものなんだなと思いました。

人のネガティブな側面よりも、光に興味関心が向くようになりました。
光が輝くと、今までの闇は内包されて、深みを増し、魅力にさえ思えてきます。
今が全面的に肯定されると、ポジティブやネガティブという概念を超えて、過去までもが輝くのです。

この、一連の変化の中で、私は、結婚を決めました。
年の差婚だし、一度も顔を合わせないうちに決めた結婚だし(笑)。その他いろいろと、父の心配の種は尽きることがないようで、しかめっ面で、質問攻めにされる日々が続きました。

それから少しして、彼に会ってもらいました。父は、彼も質問攻めにしていましたが、「理解したい」という思いで、彼に向かっているのが伝わって来ました。

そんな父から、「おめでとうな」と声をかけられた時には、胸からこみ上げてくるものがありました。

あぁ。私が今まで感じていた、口うるささは、幸せを生きていない私に対して、「幸せになれよ」の、メッセージだったんだな。と、感じました。

だから、私の幸せそうな姿が目に映ったとき、「本当に幸せなら良し」と、まるまるっと、包み込んでくれたのかなと思います。

放浪の人だった私ですが、今は、居場所があるように感じられます。
結婚後の家族の所にも、元の家族の所にも。

「~をしなければ」「やらなきゃ」「このままではダメ」と、焦燥感で煽られるように生きてきた私が、何もしない時間も、幸せを感じることができるようになりました。家族への愛おしさとともに。

私は長い間、父のネガティブな側面ばかりを見てきました。

時々想像していたのです。
父が亡くなった時、私は、父のことをどう回想するだろう。
お葬式の日、参列者に何を語るだろう。

あたたかい思い出は浮かんでこないし…。血の通った言葉は出てこないな…と。
父を嫌悪しながら、そんなことを思っていた私。

不思議ではありますが、今は、その嫌悪の感覚が思い出せません。
過去にそう感じていた事実は覚えている。という状態です。

内なる幸せを、愛を、大きく広げていくほど、
ひとりひとりの光を見ることができるようになる。

父を通して学ばせてもらったことです。