遺伝とは種

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

昨日の雑草の発芽の話題に関連して、
今日は、遺伝についてお話しします。

結論から言うなら、
遺伝を恐れる必要は全くありません。

家系に頻発する特徴的な病気や症状を
遺伝と捕らえて諦める人々を、
僕は沢山見てきました。

薄毛や多汗にはじまり、
糖尿病や脳卒中、果てはガンまで、

遺伝だから仕方がないと、
罹病した人だけでなく、
医師までが、そんな運命論的な結論を提示します。

遺伝とは、種です。

千年以上前の種が、
遺跡等から出土することは、
珍しくありませんが、

そういった太古の種も、
土の中で滋養と太陽光に恵まれると、
歴史を越えて、しっかり発芽します。

種は、種だけでは何も起こりませんが、
土と滋養と陽光を授かると、
植物として発芽するのです。

遺伝も同じように、家族や家系の中で、
文字通り、伝え遺されますが、

例えば脳卒中を引き起こす遺伝子が継承されても、
その遺伝子を育む環境がなければ、
あなたという身体で発芽することはありません。

つまり、種は遺伝子であり、
土は身体であり、

滋養は食、
そして陽光は生活環境なのです。

いくら種である遺伝子が、
あなたの身体に伝え遺されたとしても、

あなたの食生活と生活環境が
遺伝子の発芽条件に合致しなければ、
病気にも症状にも現れることはありません。

つまり家族や家系は、同じモノを食べ、
同じ場所に住むため、
遺伝子が発芽し易い条件が揃ってしまうだけなのです。

人間にとって相応しい食事を摂り、
人間らしい生活環境を手に入れれば、
いかなる悪性の遺伝子も発芽することはなく、

そればかりか、

その家族や家系に伝わる、
良い面が継承されることになるでしょう。

どうせなら、良い遺伝子を、
発芽させようではありせんか。

 

Scroll to top