日々出来るコトに隠されたモノ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

自分に出来ないコトで
思い悩むヒマとエネルギーがあったら、

自分に出来るコトに焦点を当て、
積極的に、ガンガン動きましょう。

もちろん、動く方向も自分で決め、
その選択と、行動の結果には責任を持ちます。

これを一日中、そして一年中、
誠意をもって続けるのです。

はじめは、小さな結果しか
残らないかもしれませんが、

出来ることのバリエーションは、
その積み重ねによって、自ずと広がって行きます。

例えば、昨日と今日で、
自分に出来るコトをチョイスした結果、

全く同じ課題に取り組んだとします。

しかし、人間の不確実性は、
時としてチャンスを提供してくれます。

ちょっとした着想の違いや、
周囲の環境の違い、

そして、自身の手法の違いが、
微妙に違う結果をもたらすことがあるのです。

これが、能力の広がりであり、
可能性の拡大です。

こうして、出来るコトが少しでも増えれば、
出来ないコトが減るワケであり、

その分、思い悩むきっかけも減ります。

とまあ、これだけでも充分有難いのですが、
どうせ自分と向き合うのなら、
さらに心掛けておくべきコトがあります。

大雑把で良いので、
ある程度目標を決めておくのです。

そうすることで今度は、
潜在意識を味方につけるコトができます。

何かを実行している時、
人間の不確実性のもたらすチャンスの方向が、

目標に向かって、
無意識に軌道修正されるようになるからです。

これこそが、目的意識を持つことの利点です。

逆の言い方をするなら、
目的や目標があっても、

何の行動もしなければ、
そこへ一歩も近付くことはありません。

エドガー・ケイシーのリーディングの中に、
自分に与えられた仕事や環境に対して、
常に最善を尽くせという意味の言葉が

何度も、何度も、登場します。

僕たちは、何か特別な能力が、
ある日突然、
宇宙からもたらされると期待しがちですが、

そんな都合の良い偶然は、存在しません。

だから今日も、
出来るコトに感謝を込めて、
最善を尽くすべきなのです。