古典によるアスペクト

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

現代占星術では、
ホロスコープ上の惑星を含む感受点に、
各サイン内における角度の前後に誤差(オーブといいます)を設け、
その範囲内で、感受点同士の繋がりをチェックします。

上図は、僕のホロスコープですが、
オーブを1度(前後0.5度)にした結果です。

中央に描かれた、赤や青、緑の線が、
感受点同士の特別な繋がりを意味しており、

それをアスペクトと呼びます。

そのアスペクトを表にまとめると、
以下のようになります。

実は、この表では、惑星ではない、
感受点同士のアスペクトは省略しています。

現代占星術では、例えば、
アセンダントとミッド・ヘブン(MC)が特定の関係にあると、
これをピックアップするのですが、

アセンダントもミッド・ヘブンも、惑星ではなく、
計算によって得られる点ですので、

古典占星術では、アスペクトを受け取りはするが、
影響を発することはない、と解釈します。

なぜかというと、

惑星は固有の波動を放ちますが、
計算点は、何ら波動を放たない、単なる点だからです。

そして、最も特徴的な、
古典占星術のアスペクトの考え方は、

惑星ごとに、オーブを変えるのです。

パーソナルプラネットの中で、
とりわけ大きな影響力を持つ、太陽と月、

個人と社会との関わりを繋げる、
土星と木星、

人生における価値観や行動力、知性を示す、
金星、火星、水星、

そして、多次元へと我々を誘うアウタープラネットに、
それぞれ別のオーブを設定するのです。

残念ながら、僕の所有する占星術ソフトは、
それらを自動計算しれくれません。

そのため、いつも手計算でチェックするのですが、

これらの内容を踏まえたアスペクトをまとめると、
以下のようになります。

何と、アスペクトが3倍以上に増えてます。

まず、驚いたのは、
僕の出生の土星の影響力の大きさでした。

上の図は、僕のディスポジター・ツリーですが、
下のツリー図で、土星はカイロンを支配しているだけです。

ですが、古典のオーブでチェックすると、

・太陽とのスクエア
・金星とのトライン
・海王星とのセクスタイル
・冥王星とのトライン
・アセンダントとのスクエア
・MCとのコンジャンクション
・ディセンダントとのスクエア
・イムム・コエリとのオポジション
・パート・オブ・フォーチューンとのセクスタイル
・ノースノードとのスクエア
・ヴァーテックスとのスクエア

…と、土星だけで、
11ものアスペクトが存在しており、

それぞれの意味を解釈してみると、
頷ける内容ばかりでした。

さらには、惑星が、
同一サインの中で3つ重なる、
ステリアムというアスペクトが、
2組も存在していました。

太陽が、火星と水星を飲み込み、
冥王星が、月と金星を飲み込んで、
大変なコトになっていたのです。

僕が、過去何万年分もの記憶を、
思い出してしまったワケや、

これまでに、2回も離婚したワケが、
こんなところに、しっかり描かれていたんです。

古典占星術の叡智は凄いけど、
本当に容赦無いです(苦笑)

そう言えば、昨年鑑定して頂いた、
富永祥玲さんの四柱推命でも、

僕は結婚に向かない!と、釘を刺されました(笑)

7ハウスにステリアムがあれば、
その難題を克服するのは、大変なはずです。