雑穀を洗う

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

初代の雑穀洗い用のザルの、
アミが破れてしまったので、新調しました。

前回使っていたモノは、
大きな急須に取り付けて使う茶漉しでした。

それなりに使えていましたが、
直径が9センチ程でしたので、
手を突っ込んで洗えずに、
ヘラなどを使って洗っていました。

何でもそうですが、指先の感覚は大切で、

ヘラを使うコトで、もちろん洗えるのですが、
指先が雑穀と触れない分、身体が納得しません。

そこで、今回選んだのは、コチラでした。

直径が13センチもある、
ダブルメッシュ仕様の業務用の茶漉しです。

飲食店向けの調理器具を扱う店で見つけました。

税別で、2100円でした。

ご覧のように、ボウルにも固定できるので、
洗った雑穀の水切りもしやすく、
アミを傷めるリスクも減ります。

沖縄では、揚げ物を提供する飲食店が多いためか、
揚げ油の表面に浮いたカスを、
取り出すための道具も豊富にあって、

そちらにも、目の細かいアミが付いていて、
値段も半額以下だったのですが、

この商品のように、ボウルなどに固定できず、
洗った雑穀を乾燥させるのには不向きです。

どれくらい、目が細かいか…ですが、

これは、キビを入れた様子です。
網目の細かさ、判ります?

わが家の雑穀パンは、キビと米粉が定番ですので、
このシチュエーションが、最も活かされるシーンです。

そして、さらに細かい、
アマランサスも入れてみました。

網目が、アマランサスの粒より、
一回り小さいコトが判りますね。

アマランサスの主用途は、明太子パスタです。
ホンモノの明太子より美味しいですよ。

こちらのブログでも、紹介したつもりでしたが、
Facebookだけに投稿していたようですので、
あらためて再掲しますね。

分量は、3人前です。

・アマランサス 半カップ
・梅酢 大さじ2
・豆板醤 小さじ2
・料理酒 小さじ2
・醤油 小さじ2
・刻み海苔 お好みで
・パスタ 300グラム

① 弱火のフライパンで、
アマランサスを軽く炒って香りを立たせます。

②中火にして水300ccと梅酢を入れ、
沸騰するまで掻き混ぜます。

③沸騰したら弱火にしてフタをし、そのまま20分待ちます。

④20分たったら、豆板醤と料理酒、醤油で味付けし、
ヘラで水分を飛ばすように掻き混ぜます。

⑤茹でたパスタに、たっぷりかけて、お召し上がり下さい。
刻み海苔も忘れずに…。

3年前の投稿でした。

当時は結婚していたので、3人前なんですね(笑)

グルテンフリーでも無かったから、
パスタも小麦粉仕様のモノを使ってます。

時は、流れたなあ…。

話しが逸れましたが、
わが家では、これより細かい雑穀は、
まず使いませんので、
アマランサスが洗えれば合格となります。

雑穀ライフ、楽しみましょう。