玄米ご飯の値段

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕は一日一食生活をしていて、
夕飯が、その貴重な一食の時なのですが、

毎晩、茶碗一杯の小豆入り玄米ご飯を頂きます。

京都産の無農薬玄米と、
北海道産の有機小豆を使っていますが、

正直言って、その一杯の値段については、
何となく…程度にしか理解していなかったので、

この際、計量もしっかり行った上で、
正確に調べてみました。

玄米

まず、玄米の方です。

宜野湾の私設市場で、定期的に購入していますが、
5キロ入りで税込み3132円の玄米です。

一般家庭における、
標準的な茶碗一杯の炊飯米は150グラムですが、

わが家では、一度に6合を炊いており、
その際、生の玄米60グラムが、
150グラムの炊飯米になるという結果が出ました。

ちなみに、

子供用の茶碗なら、100グラム、
定食屋等で使う丼茶碗なら、240グラム、
コンビニのおにぎりなら、炊飯米は100グラムです。

というコトは、5キロの玄米は、
茶碗で83.3杯の炊飯米になる計算になりますので、
一杯あたり、37.59円になります。

有機小豆

次に小豆です。

これは、スーパーマーケットの有機食材コーナーにある、
250グラム入りで税込み513円の有機小豆で、

6合の玄米を炊く際に、大さじ1.5杯を入れます。
重量に換算すると、21グラムでした。

250グラム入りの小豆を、21グラムずつ使うのですから、
6合の玄米を炊く場合には、一回につき43.11円掛かる計算となり、

茶碗一杯あたり、2.87円掛かる計算になります。

従って、玄米と小豆のコストを加算した40.46円が、
わが家の玄米ご飯の、茶碗一杯分の値段となります。

試しにコレを、
酵素玄米にランクアップした場合、

6合の玄米炊飯に対して、
50グラムの小豆が必要となりますので、

小豆だけのコストが、一杯あたり6.84円にアップしますが、
玄米の価格を加算した合計でも、44.43円でした。

あのモチモチで美味しい、憧れの酵素玄米でさえも、
なんと、44.43円ですよ!

お米と小豆を厳選した場合でも、この値段ですので、
家庭で食べる茶碗一杯分のご飯は、

実にリーズナブルな価格なのですね!

コンビニで売ってる、一番安い塩おにぎりでも、
100円前後だし、添加物もテンコ盛りだし、

その半額以下の値段で、
安心で安全な主食が、手に入っちゃうんです。

この事実、多くの人が知って欲しいなぁ。

そして、わが家もいつか、
酵素玄米にグレードアップしたいなぁ…と、
そんな野望(笑)の沸いた、素晴らしい計算結果でした。