黒糖に異変が…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕は、大の黒糖ファンです。

そして、一日一食生活における、
貴重なオヤツの一つです。

その黒糖に、異変がありました。

写真の西表糖業社の製造する黒糖は、
その口解けの良さが素晴らしく、値段も手頃なので、
いつも、まとめて数箱買求めます。

黒糖は、冬に収穫して製糖しますので、
今、市場に出回っている黒糖は、
去年末に収穫されたモノでしょう。

この西表黒糖は、人気もあるので、
毎年、秋口には店頭から姿を消します。

ですから、今回の新モノが出回りはじめた正月明けには、
喜び勇んで買求めました。

…で、久しぶりの再会に、
胸を躍らせながらのひと口目…。

エッ!

味が、違ったのです。
去年までより、酸味が強くなっていました。

ですが、大きな特徴だった口解けの良さは、
有難いコトにそのままで、

まさに、大好きな西表黒糖との再会を、
純粋に喜ぶコトが出来たのです。

そして、数日前に新しく購入した同じ黒糖は、
ついに、口解けまで別物になっており、

以前は、酸味が立っていた程度だった味は、
全く別の黒糖に様変わりしていました。

沖縄の今回の冬の異常気象は、
黒糖の味まで、変えてしまったんですね。

雪が降るくらいの冬でしたから、
仕方ないコトなんでしょうか。

残念ではありますが、今後も応援したいので、
また購入するつもりです。

以前の味が、復活するコトを信じています!

Scroll to top