オツな味♪ワカメの糠漬け

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

次回は高野豆腐でチャレンジするはずだった、
糠床の水分調整ですが、

手持ちの乾燥ワカメが、自ら名乗りをあげたので、
彼の意志を尊重し、糠床に入って頂きました(笑)

わが家で愛用している乾燥ワカメは、
鳥羽産のカットされていないワカメで、

品質も味も良く、しかも値段も手頃な嬉しい商品です。

スーパーマーケット等で見かける、
中国産のカットワカメのように薄くないので、

戻すためには少々時間が掛かる点だけ、
ご使用の際にはご注意下さい。

今回は、糠床の水分調整ですので、
糠床の底に敷き込むだけで、漬込み作業はおしまいでした。

乾燥ワカメで水分調整

写真は、一週間漬込んだモノです。

カットされていないため、
漬込んだワカメを取り出す際も、超楽チンですし、

膨らみが半端無いので、
水分吸収率も、かなり期待できます。

前回、乾燥した干瓢を使って、
微妙な報告(笑)をさせて頂きましたが、

この乾燥ワカメバージョンは上出来で、

干瓢の際の残念な歯応えとは正反対で、
ワカメらしい食感が楽しめるのと同時に、

味の方も合格で、かなりオツな味に仕上がります。

細かく切って、おにぎりのご飯に混ぜ込んでも、
美味しそうですよね。

糠床の水分調整に、
乾燥昆布を使っている人は多いと思いますが、

ワカメの場合は、昆布のようなヌメリも出ませんので、
もしかしたら、最強のアイテムかもしれません。

ぜひ、お試しください。