寒い朝の水シャワー

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今朝も、あの降雪を記録した日並みに、
沖縄は寒い朝を迎えました。

僕は、ご提供する調和療法の中で、
特にアレルギー反応にお悩みの方に対しては、

食事から乳製品と卵を排除するコトと、
朝食を止めるコト、
そして、水シャワーの励行をお勧めしています。

喘息持ちで、カビに対するアレルギー反応の顕著だった僕が、
今では喘鳴ひとつなく、
カビ掃除が出来るまでの健康体になれたのも、

こうした食事療法や、
水シャワーの恩恵は大きいと実感しています。

…とは言うモノの、これくらい寒い朝になると、
幾ら亜熱帯の沖縄であっても、

水シャワーを躊躇する僕もいたりします(笑)

ちなに、水シャワーとは、
いきなり常温のシャワーを浴びるのではありません。

幾らなんでも、それは過酷です(笑)

普通に入浴を済ませた最後に、
浴室から出る直前に、

数秒間だけ常温水のシャワーを浴びます。

シャワーの温度は、40度前後に設定しておき、
温かいシャワーを浴びながら、混合水栓を調整して、
徐々に…常温まで温度を下げ、

温度の下がり切った水を、数秒間全身に浴びます。

上の説明では、「徐々に」と書いていますが、
実際には、混合水栓の温度調節を、
イッキに常温まで下げる操作をします。

そうすると、40度の温水から常温の水にまで、
数秒を費やしながら水温が下がりますので、

その間、冷たい水を浴びる覚悟(?)をして待てば、
殆ど苦も無く、水シャワーを浴びるコトができます。

水シャワーを浴びた直後、
勝手に身体がポカポカするのは、本当に不思議で、

人間の身体って良く出来てるなぁ…と、
毎回感動するばかりです。

わが家のように、断熱材と無縁の家屋では、
水シャワーを浴びないと、
特にこの季節は、風呂上りにクシャミを連発する破目になりますが、

水シャワーで締めくくった入浴の後は、
いつも快適に過ごすコトができます。

アレルギー反応の無い方にも、
是非、お勧めしたい健康法です。

Scroll to top