梅干しで血流改善

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

近くに出来たライカムイオンの薬売場には、
血圧、骨密度、体脂肪測定などに混ざって、
血管年齢を測定する装置があります。

年齢と性別を入力し、
左手の人差し指の先を装置にセットすると、
10秒程で結果が表示されるモノです。

人差し指の先と言う場所は、
毛細血管が末梢で折り返す部位ですので、

ココに光を透過させて画像処理するコトで、
血流速度を算出できるため、

身体の代表数値として、
ある程度信頼できる結果が出るようですが、

そうは言っても、簡易測定には違いありません。

ちなみに、計測中に動いたり、しゃべったりすると、
高年齢な計算結果が出て、驚くコトになります(笑)

また、同じ理由から、
身体が冷えていると、測定値が老けますので、
指先を温めてから測りましょう(笑)

僕の最近の血管年齢は、マイナス7歳でした。

さて、そんな血流の改善には、
色々なハーブが使えますが、

梅干しも浄血作用の高い食材ですので、
寒いこの時期は、一日に一個食べると良いようです。

ところが、スーパーマーケットで、
本物の梅干しを探しても、なかなか見つかるモノではありません。

沖縄県内のスーパーを何件か梯子(はしご)し、
北谷のサンエーで、やっと見つけた唯一の商品がコレでした。

サンエーで見つけた梅干し

随分、食べた後ですので、
残り2粒しか入ってません(笑)

ご存じのとおり、基本的な梅干しの原料は、梅と塩だけです。

この商品には、この他に紫蘇が入っていますが、
昔ながらの本物の梅干しとして、一応合格の商品でした。

150g入りで300円強、塩分濃度は18%です。
※8粒入り

これから正月に向け、
大き目のサイズも欲しかったので、

800g入りの自然栽培の梅を使った梅干しも、
こちらは、アマゾンから購入しました。

この商品も、塩分濃度は18%です。

梅干しと番茶、生姜の組み合わせは有名ですが、
僕は梅干しに熱湯を注いで、
醤油を少量垂らし、手軽に頂いています。

僕の同年代の知人には、高血圧の人が多く、
彼らは口を揃え、塩分を気にしていますが、

国は、もう半世紀も前から、塩をめのかたきにし、
塩分を控えなさい、麺類のスープは残しなさい…などと、
積極的な指導をしていますが、

この間に、高血圧患者は増加の一途を辿り、
今では中高年の二人に一人が、高血圧に悩んでいます。

自然塩であれば、ミネラルも摂取できますし、
第一、塩辛いですから、そんなに一杯食べられません。

難しく考えず、良い塩を適量楽しめば、
身体に害が無いだけでなく、

梅干しのように浄血作用で血流もアップし、
血圧対策にも、なってくれます。

この冬は、本物の梅干しで、優雅に乗り切りましょう。