無添加ガムを発見!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この日の投稿で、
ゆっくり食べるコトの恩恵に軽く触れましたが、

良く噛むという動作によって、
成長ホルモンの一種であるパロチンが分泌され、

顔痩せ効果や、若返り効果がある点をお伝えしました。

このホルモンは、唾液に含まれるのですが、
唾液は、舌下、顎下、耳下の3か所の腺から分泌され、
成分が殆ど同じであるにも関わらず、

パロチンが含まれるのは、
耳の下から分泌される唾液だけという特徴があります。

上記の効果の他にも、
歯の石灰化を防ぐなどの恩恵もあり、

その成分は白内障や、
更年期障害の治療薬にも含まれるそうです。

唾液の分泌と自律神経にも深い関わりがあって、
イライラした状態で、幾ら良く噛んでも、
交感神経が昂ると、唾液の分泌が抑えられます。

食べる前には、腹式呼吸で呼吸を整え、
リラックスしてから食べ始めると良いようです。

ちなみに、パロチンを含む唾液を作る耳下腺は、
直接マッサージするコトでも効果があるため、

耳の顔側の付け根の部分(もみあげの部分)のマッサージは、
オステオパシィによる頭蓋骨調整では、必ず刺激させて頂いています。

とまあ、色々な恩恵のある、噛むという動作ですが、
食事以外ではガムを噛むという手もありますね。

ですが、このガムという嗜好品は、
添加物の塊のようなモノで、あまり好きになれません。

ところが、どっこい!こんな商品を見つけました。

サンコーミントガム

サンコーのミントガムという商品で、
10粒入りで130円+税で販売されているのですが、
※ケンコーコム調べ

このガムには、あの悪名高き人工甘味料の、
アスパルテームが入っていないのですよ!

ガム好きの方には、お勧めです。

残念ながら、コンビニエンスストアや、
スーパーマーケットでは見掛けません。

一般的な商品になって欲しいですね。

アスパルテームの異常さは、その数値を知れば歴然ですが、
コカの「ゼロ」シリーズには、無くてはならない甘味料で、
砂糖の200倍も甘いという、何とも凄まじい化学薬品なのです。

「低カロリー=ダイエット」の洗脳図式を利用した商品ですが、

痩せるどころか、インスリンとレプチンの急激な放出を促進し、
これらのホルモンが代謝を制御するために、

逆に太ったり、糖尿病リスクも懸念されるのです。

絶対、摂取してはならない添加物の代表格のようなヤツです。

ちなみに、味の素の販売している、
「パルスイート」なる代替甘味料は、
アスパルテーム100%という、救いようの無い商品です。

この他にも、「ダイエット」と商号に付く製品には、
間違いなく含まれていますし、

キャンディなどにも多用されていますので、
口にしないコトをお勧めします。

この人工甘味料が、世に出回るコトになった背景には、
アメリカにおける強烈な利権問題があるのですが、

イライラするので、ココでは紹介しません(笑)