重曹とセスキ炭酸ソーダ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

重曹とセスキ炭酸ソーダ

掃除の好きな僕にとって、
このスプレーボトルたちは強い味方です。

奥のスプレーボトル、首の部分に、黄色いリングのある方は、
純米酢を2倍の水で薄めた液体が入っています。

糖分の入った、例えば寿司酢なんかを、絶対使わないで下さいね。
虫が寄って来て、大変なコトになります(笑)

こちらのスプレーボトルは、
主に重曹と組み合わせて使っています。

元々、酢酸ですので、
酸性であり、柔軟性を有し、抗菌作用があります。

重曹を水で希釈したスプレーボトルを使う人も多いですが、
僕の場合、重曹は粉末のママ使っています。

最も良く使う用途は、
まな板の除菌消臭、そして汚れ落としです。

ちなみに、こちらが愛用のまな板です。
庖丁に優しいし、汚れ難くいし、料理好きには手放せません。

まな板の両面が汚れてから、綺麗にする人もいますが、
僕は片面だけを使って、そちらが汚れたら綺麗にします。

重曹という物質は、アルカリ性で、研磨性もあり、
酸と反応して乳化させる特徴と、消臭効果があります。

まな板の汚れている面の上に、重曹を薄く撒いて、
そこに酢水をタップリ噴霧して、暫く待ちます。

食器を洗うスポンジを乾燥させておいて、
スポンジの乾いた目の間に重層が入り込むようにしながら、
まな板全体を、ゴシゴシと磨いてやります。

結構、気持ちよく汚れが落ちてくれます。
重曹の研磨効果と、酸とアルカリによる石鹸化効果ですね。

片面が綺麗になったら、裏返して反対側も磨きます。

スポンジについている重曹だけで、
充分に研磨効果があるので、こちらの面もスッキリします。

そして、まだまだ落ちますので、
そのスポンジで、シンクの内側も掃除してやります。

最後に全体を流水で洗っておしまいですが、
水切れも良いので、水道代も安くて済みますよ。

まな板の掃除以外にも、
住宅用洗剤を使いたい局面の殆どに応用できます。

エコだし、安価だし、最高ですね。

そして、手前のスプレーボトル、
首の部分に、白いリングのある方は、
セスキ炭酸ソーダを水で希釈した液体が入っています。

こちらは、500ccの水に対して、小さじ1です。

セスキ炭酸ソーダは、
わが家では衣類の洗濯にも使っています。

良く落ちるし、地球にも優しいので、とても気に入ってます。

皮脂と反応して乳化し、石鹸成分が出来るという仕組みが、
衣類の洗濯に使える理由で、タンパク質汚れも落とします。

すすぎも一回で充分です。

水30リットルに対して、小さじ2の割合で使います。

洗濯物とセスキ炭酸ソーダを入れた洗濯機を、
2~3分回したら一時停止させ、その後3時間放置して、
3時間後に洗濯を再開させる遣り方です。

洗濯の話しに脱線しましたね(笑)

スプレーボトルに話しを戻し…、
こちらは用途として、油汚れ全般に使えますが、

わが家のベジタリアン・キッチンでは、
油汚れは殆ど無いため、そちらでは活躍しておらず、

風呂やトイレ、車の内部等の汚れ落としの他に、
猫たちが毛玉を吐いた後の、消毒に使っています。

照明器具の傘の掃除も、ぜひ使ってみて下さい。

僕はタバコを吸わないので、判りませんが、
タバコのヤニ汚れも落ちるらしいです。

こちらのセスキ炭酸ソーダは、1キロ入りですが、
安価で、使い応えもあります。