腹式呼吸の効用

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

過日の、リンパに関する4日間連載の最終日でも、
腹式呼吸の持つ可能性について、

色々とお話しをさせて頂きました。

その後も、色々な文献をひっくり返す中で、
さらなる発見がありました。

まず、データ的なコトになりますが、

腹式呼吸は、胸式呼吸と比較して、
8倍の空気量が、肺に流れ込む!というコト、

それから、その空気量に便乗して、
脳に供給される酸素量も、
胸式呼吸の4倍になる!という2点です。

この差は、物凄いですよね。

人間は、眠っている時には、
自動的に腹式呼吸に切り替わるのですが、

それは、新鮮な酸素を沢山取り込んで、
身体の修復をしようとするためなんですね。

特に、仰向けになって横になり、
腹式呼吸を行うコトによって、

リンパの流れが改善され、
身体の免疫力が高くなる点については、
上記の記事でも、ご紹介した通りです。

また、立位や座位であっても、
その状態で腹式呼吸ができるようになると、

空気を吐き切った瞬間に、
物凄い力を発揮できるという実験結果もあります。

昔から言われてきた、「火事場の馬鹿力」のコトです。

同じように、どんな姿勢であれ、
腹式呼吸を意識して行うことで、
感情が穏やかになると言う実験報告もありました。

この「穏やかになる」という感覚は、
とても不思議なモノです。

良く言われるコトとして、感情には、
ポジティブなモノとネガティブなモノがあるので、

感情体という微細身体が、
物理的身体の外側にあると仮定する波動医学では、

身体のすぐ外側の感情層が、
ポジティブになったり、
ネガティブになったりすると表現しますが、

この腹式呼吸を意識的に行っていると、
変な例えなのですが、

感情層が透明になる、もしくは、感情体が消える、
そんな感じがしてなりません。

つまり、感情層や感情体と言うフィールドは、
その人がネガティブになった時にのみ、
その「場」を利用して、

激しく揺れ動いたり、
攻撃色を剥き出しにしたりするのではないでしょうか。

ひかりあめのサトル・オステオパシィでは、
頭蓋骨施術の際、仰向けになって頂きますが、

この時、意識して腹式呼吸をして頂き、
ご自身のなりたいビジョンを妄想して頂くコトを、
最近では積極的に、ご提案しています。

無意識に刻み込まれたポジティブなビジョンは、
僕たちのソースである宇宙に届き、
その実現が約束されるからです。

これも一種のアストラル・トラベルと言えるでしょう。