掃除機の掃除

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

このところの天候不順から、
店舗玄関前の雨水のかき出しが毎日続き、

ついに昨日、右の肩を痛めてしまいました。

僕が、ひかりあめでご提供しているオステオパシィは、
残念なコトに自身の施術はできません。

それはまるで、

自分自身を掃除できない、
掃除機のようなモノです。

週に一度程度ですが、
僕は掃除機を掃除します。

愛用のコードレス掃除機は、
ご覧のように分解できるため、

ホースの内側まで掃除が可能です。

写真にあるような、
アルコール成分の含まれた除菌ウェットティッシュが、
特にホースの内側の拭き取りには便利で、

元々ホースの内側が汚れるのは、
湿気を帯びた埃が付着するためですから、

アルコール系で拭き取れば蒸発しますので、
除菌効果も含めて、色々と好都合です。

しかも、このコードレス掃除機は、
ホースがストレートですので、

写真に写っている伸び縮み式の指示棒があると、
この先端にウェットティッシュを絡ませて、

ホースの内側まで綺麗に拭き取れます。

一般的な掃除機のホースは、
屈曲の自在なジャバラ式ですから、

その内側を掃除するとなると、
特別な道具を自前で作る必要があり、

多くの方はホース内部の掃除は諦めるか、
掃除するコト自体、眼中に無いかもしれません。

ですが、週に一度の掃除でも、
かなり汚れていますので、

このパーツの掃除をするかどうかで、
電気の消費量や、周囲の空気の汚れ具合も、
大きく変わるはずです。

また、掃除機先端となるヘッド部分も、
滑車の軸に埃が巻き込みやすいので、

この部分は分解して掃除します。

わが家の場合、猫の毛が絡み込んでいて、
大きな毛玉になっていたりします。

こうして書き連ねると、何だか大変そうですが、

小さな掃除機ですので、
こんな具合で、一台丸ごとメンテナンスしても、

モノの数分で完了しますし、
掃除を終えた掃除機は、気分も良さそうです。

自分で自分を掃除できない掃除機を、
掃除したコトですし、

自分では治せない故障した肩を、
今日は、メンテナンスに出掛けようかな…。

Scroll to top