塩漬けを作る…仕上げ編

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

塩漬けを仕込んで、5日が経過しましたので、
お約束通り、仕上げ編をお届けします。

茄子も胡瓜も、一口大に切り揃えて、
茄子は塩漬けに、胡瓜は塩と酢に漬けたのが5日前でした。

まず、オーソドックスに、
漬物としての仕上げをご紹介します。

茄子も胡瓜も同じですが、
漬物の見本は、胡瓜でお見せします。

塩漬けにした野菜は、水切りをして食べますが、
特に茄子の場合は、しっかり水気を切ります。

女性なら、不織布のクッキングシートにくるんで絞れば、
楽に水気を切ることができます。

僕は、なぜか握力が強いので、
掌は小さいのですが、水切りは問題なくできます。

このようにすれば、茄子にしみ込んだ生臭さも、
水気と一緒に分離させることができ、

そこにレモン汁を絞り掛けるなどして、
新しい味を吸わせて食べると美味しく仕上がります。

写真は、胡瓜ですので、
こちらはザルのようなもので、軽く水気を切れば充分です。

器に盛り付け、4月上旬に投稿しました酢昆布を、
トッピングして頂きました。

さて次は、茄子の塩漬けの方ですが、

こちらは、漬物として食べるのではなく、
今回はパスタソースにしてみましょう。

写真左手前の鍋の中身は、昨日の夕飯の残りです。
ゴーヤと玉ねぎをトマトソースで煮たスープでした。

苦味を優しくするため、
そして味に濃厚さを出すために、胡麻ペーストを加え、

仕上げのとろみは、クズイモで付けたモノです。

右手前のボウルに入っているモノが、
5日前に仕込んだ、茄子の塩漬けです。

フライパンに、水気をしっかり切った茄子を入れ、
マイタケは半パックをほぐして入れます。

キノコに泡盛を振り掛けたら、中火で炒めます。
油は敷きません。

マイタケが料理酒と反応すると、
美味しいスープが、ジワジワと出てきますので、

全体にレモン果汁を絞り掛けて、
茄子に味を染みこませます。
※レモン汁は、大さじ1.5入れました

火を通すというより、
キノコから旨味を出すのが目的ですので、
手際良く短時間で炒め終えましょう。

昨日のゴーヤと玉ねぎのスープの中に、
茄子とマイタケを炒めたものを入れ、

スープ全体が温まったら、カレー粉を入れます。
※カレー粉は、小さじ1です

カレー粉を全体に馴染ませたら、ソースは火から下ろし、
ライスパスタを茹でましょう。

ライスパスタを茹でる湯に加える塩は、
1リットルあたり小さじ1が目安です。

今日は温かいパスタなので、8分で大丈夫です。

200グラムのライスパスタに対して、
3リットルの熱湯に、小さじ3の天然塩を加え、8分茹でました。

前回は、フライパンでパスタを茹でて、
フキこぼしそうになったので、

学んだ今回は、パスタ鍋で茹でてます(笑)

8分たったら、ライスパスタをザルにとって、
表面のヌメリを取る程度に、軽く水洗いして皿に盛り、

パスタソースを掛ければ完成です。

ご覧のように、塩漬けがパスタソースに化けました。

茄子には、色々なスープの味が染み込んで、
美味しくなるだけでなく、

殆ど非加熱なので、茄子らしい歯応えも残っているので、
斬新な感触を味わって頂けます。

このままでも充分美味しいですが、
お好みで、粗挽き黒コショーで風味付けしても、美味しいです。

冷えた、白ワインも合います。

Scroll to top