タカキビのハンブルグ風

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、いわゆるモドキ料理ですが、。
実際、肉で作るハンバーグより、遥かに美味しいので、

ハンバーグという単語を使いたくないと思い、
語源のハンブルグを当てはめました(笑)

小型炊飯器でタカキビを炊きます

タカキビを炊くのは、
わが家ではこの小さな電気炊飯器です。

昔はこれで、米を炊いてましたが、
最近は玄米ばかりなので、
この子の出番は雑穀炊飯に限定されてます。

タカキビは、良く磨いで水を切ったら、
同量の水につけて、数時間放置します。

玉ねぎを炒めます

炊飯を開始したら、炊き上がるのを待つ間を使って、
玉ねぎを微塵切りにして炒めます。

玉ねぎは、中サイズを一つ使いました。

わが家では油は使わず、
泡盛を大さじ1加えて蒸し炒めをします。

カロリーを抑えるというより、
玉ねぎの旨みを引き出すためです。

油で炒めることで、脂肪性の旨みも加わりますが、

最後に成形して火を通す際には油をひきますので、
ここでは、あえてひきません。

炊き上がったタカキビ

炊きあがった直後のタカキビです。
良い香りがしてます。

生地を作ります

炊いたタカキビと炒めた玉ねぎを混ぜたら、
繋ぎの粉を加えます。

粉なら何でも使えますが、
今日はソバ粉を大さじ2使いました。

ちなみに、しっかり固めたいなら、
片栗粉が相性良いようです。

味付けは、塩胡椒が一般的ですが、
黒胡椒と塩麹がお気に入りです。

15分ほど寝かせましょう

成形する前の状態で、
粉を馴染ませるために寝かせます。

15分ほど寝かせ、その間にサラダを作りました。

焼きます

フライパンに菜種サラダ油を薄くひき、
成形したハンブルグ風タカキビを焼きます。

蓋をして、両面を焼きます。

焼き時間は、短めで大丈夫です。

既に火は通っているので、固めるためと、
美味しそうな焦げ目を付けるだけが目的の焼き工程です。

焼いていたフライパンにお湯を少し入れ、
水溶き片栗粉でトロミを付けてソースにします。

フライパンに残った旨みや香ばしさは、
余すことなく利用しましょう。

出来ました!

美味しそうに、完成しました。

雑穀料理は、敷居が高いと思っている方も多いですが、
ご覧のように、とても簡単です。

市販品では、200g入りのタカキビが多いですが、
この特大サイズのハンブルグ風が、2回楽しめますよ。