空間が変調しています

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

フィリピンを特大台風が襲った前後から、
僕等を取り巻く空間エネルギーの質が
顕著に変わって来ています。

人々の集合意識の質の、
ポジティブなものとネガティブなものとの差が、

単に周波数が異なるだけでなく、
次元まで異なって来ているのです。

最近は、朝3時前から、
新春開講のカリキュラムの準備をしているのですが、

一番冷える5時前くらいの時刻に合わせて、
喘息の発作が始まるようになってしまいました。

ただ、寒いという感覚ではなく、
それは、強烈な分離感=エゴです。

想念には時空がありませんから、
どこかで大きな集合意識となったエゴの塊は、
物質世界のウィークポイントを狙って襲って来ます。

日々のウォーキングと水シャワーのおかげで、
今のところ軽い発作で済んでいます。

ちなみに、

発作が始まっても、
「中府」という肺系の気の集まるツボを刺激すると、
呼吸が楽になります。

片時も休まず呼吸をしている肺は、
邪気に曝されやすい臓器ですので、

ここを刺激して、活性化させることで、
肺の周囲の緊張が和らぐようです。

気管支の弱い方は、ぜひ参考にして下さい。

鎖骨の下の面を、
身体の外側に向かって指で辿って行くと
肩甲骨にズボッとはまり込むポイントがあります。

そこから指2本分下に、そのツボ「中府」があります。

指で圧すと、強い痛み感じる場所です。

左右二か所あるそのツボを、
自分で施術する場合は、片側ずつ行います。

腕に力が入ると、そのツボの周囲が緊張するためで、
左のツボを右手で刺激しているとき、
右のツボは緊張しているため刺激できません。

誰かにやってもらうのであれば、
同時に左右二か所を刺激できますが、
かなり痛いのでお勧めできません。

毎朝の水シャワーは、
寒くなった今も相変わらず続けているのですが、

不思議なことに、冷水を浴びると、
喘鳴は一瞬で消えます。

これには驚くと同時に、感動を覚えます。

もしかすると、ステロイド吸入剤より
はるかに即効性があるかもしれません。

日月神示の筋書が現実化しており、
今後益々、エネルギーの質が変わって行くでしょう。

そうなれば、変調に苦しむ人も増えると思いますが、
むやみ医療機関を頼ってはなりません。

過去に例の無いことが、
始まろうとしているのですから、

統計学的なことでしか判断できない現代医学では、
治療の範疇を越えています。

こういうときこそ、自然療法です。

可能な限り自然則に沿った生活を送り、
心身の次元を、地球や宇宙と調和させ、
大難を小難にして、乗り越えて参りましょう。

9月に発刊した新しい冊子も、
きっとお役に立つはずです。