植物油の落とし穴

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

動物性食品の摂取を減らすコトの大切さを、
このブログでは再三訴えて参りました。

しかし、植物性食品の中にも、
危険な食材があります。

それは、一部の植物油です。

代表となるものは、
固体や半固体の植物油である
マーガリンやショートニングです。

元々、前者はバターの、
後者はラードの代用品でしたが、

これらは植物性であるため、健康志向のイメージが強く、
冷蔵庫から出してすぐ扱える便利さも手伝って、
人気を得て来ました。

しかし、本来は常温で液体の植物油が、
人工的に固体や半固体になっているのは、

水素を添加して硬化させたからです。

こうした人工処理を受けた脂肪は飽和脂肪であり、
心臓や循環器への脅威となります。

また、不飽和脂肪の液体植物油でも、
その製法に問題があるため、
有害化しているモノがあります。

スーパーマーケットに行くと、
コーン油やサフラワー油等の
多不飽和植物油が大量に並んでいます。

そして、それらのパッケージには、
多不飽和油の特徴である、
低いコレステロールをアピールしているはずです。

しかし、多不飽和油は、化学的に不安定なため、
二重、三重に結合された脂肪酸が酸素と反応し易いため、

酸化した毒性の強い成分となって、
身体組織の消耗を促進させるコトは、
パッケージに明記されるはずがありません。

また、廉価な植物油は、
熱処理、溶剤処理、漂白処理を受けており、

これによって、脂肪配列が不自然なトランス状態となり、
極めて毒性が高くなってしまうのです。

トランス脂肪酸と呼ばれるモノです。

こうした問題を回避するためには、
植物油を選ぶ際は、
圧搾製法で作られた製品を選びましょう。

もちろん、材料となる植物に、
遺伝子組み換えの原材料が無いコトも大切です。

植物油でお勧めは、
構造がシンプルなために酸化し難い
単不飽和植物油です。

その中で、最も入手し易い油の代表格は、
オリーブオイルです。

ぜひ、フレッシュな
エキストラバージンを選びましょう。

オリーブの木は、生命力豊富で寿命も長く、
逞しく育つため、農薬を必要としません。

独特な香りが苦手な方のための、
ライトタイプの製品も販売されています。

シチュエーションに合わせて、
良い植物油を使いこなしたいモノです。