手足交互運動でセルフケア

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

独楽(こま)は、ご存じと思います。

そうです。
正月に楽しむ、あの独楽です。

彼らは、回転運動によって、
地球の重力と、うまく折り合いを付けながら、
自分自身を垂直に立ち上げるコトができますよね。

実は、脊椎動物の身体は、
この回転運動を利用して、
自らの脊椎をケアしているのです。

脊椎のケアとは即ち、
自律神経のケアを意味します。

つまり、手足を交互に動かして歩くコトで、
背骨を真っ直ぐにさせる力が働くのです。

しかも、自然と、
手と足が反対に動くようになっていますが、

肩と腰が反対方向に捻じられるコトによって、
一層効果が高まるようになっているのです。

赤ちゃんのハイハイや、
犬や猫たちの四足歩行も同じです。

ですから、せっかくウォーキングをするのなら、
荷物を持たずに、手を振って歩きましょう。

また、歩く際には、
足の親指に意識を向けて歩きましょう。

親指が地面を蹴っている
イメージをしながら歩くのです。

これによって、
骨盤も修正されます。

ちなみに下駄や草履を履いて歩くと、
自然と足の親指に意識が向きます。

特にデスクワークの多い方は、
休憩時間を利用して、
しっかり手足を振って歩きましょう。

ちなみに、わが家のご近所には、
かなり腰の曲がったおじいさんがいらっしゃるのですが、
彼は毎朝、元気に散歩をされています。

曲がった腰をサポートするために、
杖をついて歩いていらっしゃるのですが、

何と彼は、杖を2本持ち、
スキーのストックのように使って、
手足交互運動を実践しているのです。

セルフケアを長く続けている方は、
理屈としてではなく、

身体自身が良い方法を、ご存じなのでしょう。

これと相反するように、
赤ちゃんを歩行器に入れて、

無理矢理歩かせようとする
若いお母さんが多いのには驚きます。

こんな器具です。

本来すべきハイハイによる完璧な手足交互運動が、
歩行器によってできなくなるばかりか、

まだ完成していない腰に、
多大な負担をかけるコトになってしまいます。

同じ理由から、
トレーニングジムには必ず設置されている
ベルトコンベア式の歩行装置も、
脊椎動物には調和しません。

こんな装置です。

確かに、余分な脂肪の燃焼には、
役立つかもしれませんが、

姿勢の改善には、悪影響を及ぼします。

本来、蹴り出して歩くべき地面の方が動くため、
骨の本来の構造が混乱してしまうからです。

人間の生み出した、効率を求める器具には、
このような矛盾が多々あります。

自然な形のセルフケアを楽しみましょう。

Scroll to top