PayPalHereでクレジット決済

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

個人事業で店舗を営む者にとって、
クレジット決済の導入には、
相当な覚悟が必要となります。

情報犯罪が社会問題になる以前は、
簡易なカードプリンターを無料で提供され、
比較的簡単にクレジット決済を導入できました。

ところが、偽造カードの問題が深刻になり、
簡易カードプリンターでは、それが見抜けないため、

現在では、数万円の高価な専用CAT端末を
設置せねばならなくなっています。

その装置を、無料で提供する代行会社もありますが、
年間決済額が少な過ぎると、後日端末代を請求されます。

また、毎回の決済手数料も売上の7%近く取られ、
口座への入金は、月に2回だけしかありません。

更には、このCAT端末で、
カード紹介を一回行う度に数十円の手数料を取られ、

それとは別に、月間通信料までかかり、

薄利経営の小規模店舗では、
導入することが事実上できない状態でした。

そうした問題を解決するために、
オンラインクレジット決済の老舗であるPayPalが、

ソフトバンクとペアを組んで
この5月に発表したものが、PayPalHereです。

iPhoneさえあれば、
ただちにクレジット決済システムを
小さな店でも、露天の屋台でも導入できます。

スマートフォンが、CAT端末の代わりになるワケです。

そして、カード紹介と決済手数料を含めて、
取引金額の5%が請求されるだけで、
追加の通信料も掛かりませんし、

決済が完了すれば、
ただちに自分のアカウントに入金され、

銀行口座への引落しも、
50000円以上であれば送金手数料も無料です。

iPhoneにはプリンターが無いので、
売上明細を印刷することはできませんが、

明細を添付したメールが、
利用者に届くようになっています。

7月からの本格運用という告知を受け、
楽しみに待っていたのですが、
待てど暮らせど、音沙汰がありませんでした。

それが、今月上旬、
いよいよ開始になったとの報道を受け、
さっそく調べてみたのですが、

手続き可能なソフトバンクのショップが、
全国12県の直営店のみであり
この沖縄では、初期登録さえできないのです。

プラチナバンド同様、
順次拡大するとの発表ですが、

沖縄に辿り着くのは、
いったい何時頃になるのか、全く見当もつきません。

こうなったら、
来月のリフレッシュ休業を利用して、

沖縄から一番近い福岡のソフトバンク直営店に出向き、
登録してやろうじゃないかと思い立ちました。

CAT端末の初期費用より、
福岡までの飛行機代の方が
圧倒的に安いという計算が成り立ったからです。

しかし、まだまだ、不確定要素は多々あります。

問合せてみたところ、
カードリーダーの在庫が無ければ
初期登録ができないため、

わざわざ出向いても、
無駄足になる可能性があると言うのです。

それに、ソフトバンク本社の回答では、
カードリーダーの予約も、取り置きも、現状ではできず、

実際、要となるカードリーダーの在庫も、
充分ではないらしいのです。

というワケで、

上手く行けば、来月中旬から
ひかりあめ店頭でもクレジットがご利用頂けそうですが、

上記の課題をどうクリアするか、
今後2週間かけて、考えねばなりません。

しかし、沖縄初のPayPalHere導入店を目指して
頑張ってみるだけの価値はありそうです。