血余

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

漢方の世界では、
髪のことを血余と言います。

無理なダイエットをしたり、
充分な休養が取れなかったり、
強いストレスを感じたりすれば、

髪に送られる血が少なくなるため、
脱毛を引き起こしますが、

身体中の細胞に栄養を届ける血液は、
その余力が髪に送られることから、
こう呼ばれるのでしょう。

実際、僕の髪もそれを証明しています。

食養生や姿勢に留意した生活を心掛けていても、
仕事量が全く減らない僕は、
髪を増やすまで血が余らないようです。

体調が良ければ良い分だけ、
進んで仕事をしてしまうため、
血が余るワケがありません。

菜食者ですので、
血流も血の質も悪くは無いはずですが、

仕事を楽しく続けながら髪を増やすためには、
さらに血の質を良くしたり、
浄化力を高めたらどうだろうと思い、

今月から新しい習慣を始めてみました。

朝のハーブティーを、
フィーバーフューとローズマリーのブレンドティーにし、

仕事前のカフェイン系の飲み物はやめ、
白髪に良いと言われる、
黒豆の黄粉を混ぜた豆乳を飲むようにし、

仕事の合い間にはウコン茶で、
解毒の臓器である肝臓をケアし、

就寝時には氷枕で頭を冷やし、
良く働いた脳をクールダウンさせるというモノです。

フィーバーフューは頭痛を柔らげ、
頭の火照りを緩和させるハーブですから、
髪にも良いはずですし、

ローズマリーは元々、脳のハーブとも言われますので、
脳のケアを通じて増毛への効果が期待できます。

そしてどれもが、安価で継続しやすいモノばかりです。

これらの中の一体どれが、
最も効果があるのかは不明ですが、

全部が全部を完璧にせずとも、
忘れない範囲で続けてみようという精神で、
3週間ほど継続してみました。

時を同じくして、
ひかりあめを完全予約制に切り替えたため、
仕事量が通常の倍以上になった割りには、

入浴時の抜け毛が減り、
頭皮の質が良くなって来たのには、
正直なところ驚いています。

もう少し余暇を楽しめる生活へシフトできれば、
血も余るはずですが、

この先も、まだまだ学ばねばなりませんから、
この習慣も、当分続ける必要がありそうです。

Scroll to top