シュウ酸鍋で野菜洗い

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

しゅう酸アルマイト鍋

このシュウ酸鍋は、
次女が生まれる前から使っています。

だから、かれこれ30年くらいかなぁ(笑)

直径が28センチあって、
わが家では最大サイズです。

シュウ酸鍋っぽく、
金色の塗装をした偽物も出回っていますが、
僕が使っているのは、
いわゆる純シュウ酸鍋というヤツです。

昭和30年代に登場し、
実用鍋とも呼ばれたのは、
軽量なのに、とても丈夫で、
長持ちするからなんでしょうね。

使えば使うほど、表面がボコボコになりますが、
僕にはそれが、愛おしく見えます。

働き者の手…みたいです(笑)

おでんを煮込んだり、
麺を茹でるなどの、鍋らしい仕事はもちろん、

超大型ボウルとしても重宝しており、
野菜や果物の重曹洗いにも、大活躍しています。

毎日毎日、有機無農薬の野菜を買えませんので、
そうではない野菜や果物を入手した際は、
この鍋を使って、残留した農薬やワックスを除去します。

重曹を水で溶かし、
その水で洗う、シンプルな遣り方です。

重曹の炭酸水素ナトリウムが、
残留農薬やワックスなどの塩素化合物と反応し、
塩になってくれる理屈を活かしたモノです。

水を、この鍋の半分くらいまで入れて、
大さじ半分程度の重曹を入れ、

良く溶かして重曹水にし、
その中で野菜を洗うのですが、

重曹水の中で洗う時間は、
せいぜい数十秒、最長1分までとし、

葉野菜などは15秒くらい浸したら、
ザルにあげて流水で洗い流します。

リンゴやトマトなど、
明らかにワックスが付着しているモノは、
重曹水の中で揉み洗いするとイイです。

このように、重曹による野菜洗いは、
コストも時間も掛からず、大変有難いのですが、

取れたかどうか、確認しにくい難点があります。

以前、ひかりあめでも販売していた、
貝殻焼成カルシウム粉末を溶かした水なら、

重曹水の何倍も時間が掛かるのですが、
洗浄液の色が明らかに変わりますので、
手応えを感じるコトができ、

僕も自宅で、暫く愛用していましたが、
貝が気の毒になってしまい、
使い続けられませんでした。

廃棄されるはずのホタテの貝殻を、
有効利用した点は素晴らしいのですが、

ホタテが食べられた前提だという事実を、
どうしても、受け容れられなかったのです。

ですから今は、

重曹水で野菜や果物を洗いながら、
目に見えない数十秒の化学反応ドラマを妄想し、

その結果は目視できなくても、
イメージで楽しんじゃっています(笑)