ゴミが減った…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

台風が通り過ぎた後は決まって、
表通りに散乱したゴミの片付けに、
汗を流さねばなりません。

ひかりあめは、通学路に面しているので、
学校帰りの子供たちの買い喰いの残骸や、

送迎に来た大人たちのタバコのポイ捨て、
果ては交換した紙オムツまで捨てられるコトがあり、

そうしたモノが、風雨で掻き混ぜられ、
台風一過の掃除は一大事なのですが、

今回の台風では、それが、
殆ど気にならないレベルでした。

台風の規模に関係なく、
散乱するはずのゴミが、チラホラとしか無いのです。

それでも、ゼロでは無いので、
通学路のゴミを拾いながら、僕はあるコトに気付きました。

この7月末、つまり一カ月程前、
近所のコンビニエンスストアが、閉店したのです。

表通りの通学路を下って行くと、
県道にぶつかるのですが、

その県道の手前に1軒、
県道の向こう側に1軒、

銀行を挟むようにして、
2軒のコンビニエンスストアが林立していましたが、

そのうちの、県道手前の店が、
この7月末に閉店したのでした。

つまり、ひかりあめに近い方の店が、
無くなったというコトです。

そのおかげで、これまでなら散乱したはずの、
コンビニエンスストアで誰かが買った、
惣菜の袋、カップ麺の容器、アイスキャンデーの棒などが、

表通りから無くなったという理屈のようです。

…ということは、
通りの向こう側のゴミが増えたのかもしれません。

2軒で凌ぎを削っていたお店が1軒になって、
利用者は倍増した反面、
ゴミも倍増している可能性大ってコトです。

そう思うと、通りの向こう側が、気の毒な気もしますが、

コンビニエンスストアが1軒無くなっただけで、
ゴミ事情が、こうも変わるとは…。

どちらにしても、
僕にとっては嬉しい、環境の変化なのでした。

Scroll to top