美味しく漬かりました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先日、Facebookのタイムラインでご紹介した、
沖縄県産の自然栽培黒人参が、
美味しく漬かりましたぁ。

自然栽培黒人参の粕漬け

贅沢に、粕漬けにしちゃってます。

これと、胡瓜と昆布を、一緒に包装したんですが、
真空包装するのに、90分も掛かって、

しかも、汗びっしょり(笑)

昨日から、沖縄は完璧に夏空になって、
作業をした台所の大気温度も、かなり上昇しています。

そのせいで、真空包装器の温度設定に問題が生じて、

今までの調子で包装してやるると、
ヒーターのエッジで、袋が切れてしまうんです。

これ、専門用語で「エッジ切れ」と言って、
食品包装の世界では、エンジニア泣かせなんです。

僕は、その世界で十数年間お世話になったので、
解決策も判っているつもりでしたが、

十数年ぶりのリアルな「エッジ切れ」に、
大汗を掻く破目に、なっちゃいました(笑)

ちなみに、

使っている包装用の袋は、
100ミクロンのナイロンポリなので、

エッジで切れても、シールに漏れなど起こりませんが、

切れてしまっていては、
見た目が可愛くないですよね。

実は、これって、

日本人だけの拘りで、
海外の物流では考えられない価値観なんです。

計量誤差も無視、包装形態も無視が普通の、
海外の物流現場を体験すると、

日本に帰ると、クラクラしますよ、ホントに。

実際、ユーザーが購入するのは、
包装してある中身ですから、

パッケージが可愛いとか、
あちらでは関係無いのも頷けますし、

そんな意味では、日本の物流は、
無駄なところにお金を掛けている、

そんな気も、しないでもありませんけど、

日本人の美意識と言う意味では、
こうした考え方も、僕は嫌いではありません。

まあ、とにかく、

大汗掻いて包装しましたので、
利用者の皆さんに、ご自宅で美味しく食べて頂ければ、

僕は何より幸せです。\(^o^)/