熟成番茶のススメ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ご存知のとおり緑茶は、日本の伝統的な飲み物です。

緑茶に含まれるカテキンは、
細胞の癌化を防いだり、血流を改善するなど、
身体に良いコトで知られていますが、

興奮性のあるカフェインや、
胃腸壁を荒らすタンニンなども多いので、

交感神経の優位になりやすい人や、
ストレスを抱えて胃腸の弱った人には向きません。

そこで、登場するのが「番茶」です。

写真は、サンエー・ハンビータウン店で撮影しました。
僕の頻繁に出没するスーパーマーケットです(笑)

番茶も緑茶の仲間ですが、茎の部分がメインですので、
葉の部位と比べて、カフェインもタンニンも少なく抑えられており、

さらに熟成させてから焙煎するコトによって、
それらの刺激物が、殆ど残留しなくなっています。

つまり、この「熟成三年番茶」は、
お茶の持つ良い効能を、程良く引き継ぎながら、

興奮性のあるカフェインや、
胃腸壁を荒らすタンニンを気にせず、
安心して楽しむコトのできるお茶と言えるのです。

茶葉4グラムを、500ccの熱湯で煮出し、
これを水筒に入れて、外出先に持ち出すなどしても、
一日で飲み切ってしまえば、酸化の心配も不要です。

ちなみに写真の製品は、有機栽培の茶葉ですので、
他の茶葉製品と比較すれば、少々割高ですが、

上記の淹れ方で活用した場合、
一日20円で楽しめる計算となります。

このコストなら、
ペットボトル飲料から卒業できそうですよね(笑)

交感神経の優位になりやすい方、
そして、ストレスなどで胃腸壁をやられ、
免疫力を落としている方は、

ぜひ、一手間掛けて、
ご自身を労わってあげて下さいね。

Scroll to top