土星以遠4惑星と2016年

本日、2回目の投稿です。

今朝のメルマガの記事ですが、
こちらにも、転載させて頂きます。

あと一週間で、今年も終わりですが、
貴方は来年を、どんな年にされますか?

多くのチャネラーたちが、来年の、特に秋口から、
大きな変化が起こるコトを予言していますね。

僕は予言をするつもりはありませんが、
年明け早々、2016年について語るコトになりました。

1月6日の水曜、夜7時から、
国立オリンピック記念青少年総合センターにて行います。
※小田急線「参宮橋駅」下車徒歩数分

この7月にもお邪魔した、
谷口みよ子さんのイベント「響探求会」です。

今回は、調和療法やフラワーレメディの話題ではなく、
宇宙や星々の話しを交え、2016年について講演します。

外宇宙からの入口となる、土星以遠の4天体、
土星、天王星、海王星、冥王星の教える来年について、

2時間たっぷり、お話しさせて頂く予定です。

もちろん、今回も、
とびっきり不思議なお話しです(笑)

今回の冬の温かさが、
もはや、タダゴトでは無いように、

来年という年も、宇宙の調和に向けた、
タダゴトでは無い年になるはずです。

昔から、大切なコトには口の固いNASAは、
例によって沈黙を守っていますが、

2012年以降、太陽系の軌道が変わりはじめており、

占星術等で使うトランジット計算では、
正確な太陽系惑星の位置を、

今では算出できなくなっているようです。

地球人たちは、太陽系を小さく教わり過ぎたため、

中央に居座る大きな太陽を中心に、
10惑星が、まるで永久機関のように、
正確な公転周期で運動していると、人々は認識しています。

今回は、そうした縛りを一掃する、
視野の広いお話しをさせて頂き、

僕たちは、この変化に向けて、
どうあるべきかについて、詳しく説明いたします。

イベントの詳細は、みよ子さんのサイトをご覧下さい。
参加へのお申込みは、同ページ内のフォームからとなります。

ちなみに、当日の午前中は、
今年の正月に亡くなった父の一周忌に参加し、

蒲田の宿に戻って着替え、講演会場に向かいます。

皆さんにお会いできるコトを、
楽しみにしております

\(^o^)/

僕のオヤツ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、僕のオヤツをご紹介します。

左の瓶に入っているのは、
生姜のスライスを乾燥させたモノです。

以前、ひかりあめでも販売していた、
ハーブ茶葉のシリーズと同じですが、

これを茶葉にせず、そのまま食べます。

もちろん、辛いですので、
良い子はマネしないで下さい(笑)

朝、起きてすぐに、
これをガム代わりに、ゆっくり噛んでいます。

驚くくらい唾液が出て、感動しますよ。

また、天日干しの生姜ですから、
身体も暖めてくれますので、色々と好都合です。

ちなみに、生の生姜は、
身体を冷やすので、注意して下さいね。

そして、右の瓶には、
有機のそら豆を煎ったモノが入っています。

塩味も何もついておらず、
そら豆の味しかしません。

そして、滅茶苦茶固いんです。

歯の悪い人は、マネしないで下さいね(笑)

お腹が空いたときに、これを2~3粒食べます。
良く噛む必要があるので、満足感も高いです。

生姜の方は、毎日噛んでますが、
そら豆の方は、週に何回か頂く程度で、

基本的には、1日1食生活の醍醐味である、
空腹感を楽しんでいます。

育ちざかりの子供さんや、
閉経前の女性で、血糖値の下がりやすい方は、
この生活は向かないそうです。

大切な食事ですので、
無理をせず、それぞれの遣り方で楽しみましょう。