無発酵の雑穀パン/グルテンフリー編

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨年11月末の投稿で、無発酵の雑穀パンをご紹介しました。

当時は、グルテンフリー生活では無かったので、
雑穀と全粒粉を使って、フライパンで焼いていましたが、

今回は全粒粉は使えませんので、
その代わりに、そば粉とタピオカ粉を使用し、

雑穀にはアマランサスを挽いたモノを使ってみました。

僕の雑穀パンの基本は、雑穀「1」に対して、
メインとなる生地の粉を「3」使う遣り方です。

材料は、2~3人分です。

・アマランサス 75g
・そば粉 100g
・タピオカ粉 125g
・ベーキングパウダー 小さじ3
・天然塩 小さじ1弱
・菜種サラダ油 大さじ1 ※油の種類は何でもOK
・水 カップ1弱

アマランサスは、元々超小粒な雑穀ですが、
これをさらに挽いて、粉状にしちゃいます。

時々、アマランサスを洗って使う人がいますが、
これを洗うと大変面倒なコトになるので、
洗わずに使っちゃって下さい。

どうせ、高温で焼きますので、
雑菌の心配は不要です。

ちなみにアマランサスの製粉には、
去年の同じ投稿でも使っていた、年代物のミルサーを使いました。

年明けには、新機種に買い替える…と当時は書いていましたが、
壊れていたパッキンだけ、購入できたので、

まだまだ、現役で活躍してくれそうです。
\(^o^)/

ボウルに、細かく挽いたアマランサスと、
分量のそば粉とタピオカ粉を合わせ、

ベーキングパウダー、天然塩を入れ、

粉だけの状態で、良く混ぜ合わせます。

こうして撹拌した粉を、一旦ビニル袋に入れておき、
同じボウルにカップ1弱の水と、大さじ1の菜種サラダ油を入れ、

菜箸などで充分に撹拌したところに、
ビニル袋の生地の粉を半量ずつ戻して混ぜ合わせ、

雑穀パンの生地を完成させて行きます。

水がカップ1弱ですと、少し固めになるはずですので、
生地の整形がしやすい状態になるように、

水を少しずつ足して、調整してやって下さい。

今回は、電気オーブンで焼きますので、
オーブン皿の上にクッキングシートを敷いて、
※見てのとおり、クッキングシートは再利用です(笑)

その上に丸めたパン生地を延ばしながら整形し、
最後に、その上から包丁で「切れ目」を入れておきます。

上から、生地の半分くらいの深さまで、
包丁を押し込んだだけですが、

こうしておけば、焼き上がった時に、
手で簡単にちぎって食べられて便利ですよ。

対流モードにした200度の電気オーブンで、
15分焼けば完成です。

美味しそうに焼き上がりました。
雑穀パンは、その断面が可愛いですよね。

発酵が要らないので、
思い立った時に、すぐに焼けて便利です。

主食が足りないときなど、便利なレシピで、
ボウルも1個しか使いませんので、洗物も少なくて済みます。

アマランサスは、歯応えが楽しいので、
リピートしたくなるコト、確実ですよ(笑)

ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。