続・パパイヤの漬物

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

一か月前に仕込んだパパイヤの漬物が、
美味しく漬かりました!

漬け込んで2週間後、漬かり具合が良かったので、
結局、3度目の漬け込みは、せずにココまで来ました。

こちら(↑)が、純米酢で漬けたパパイヤで、

こちら(↑)が、醤油漬けです。

今回、1つのパパイヤから、2種類の仕込みをしたので、
仕上りの違いも判って、とても勉強になりました。

僕の味覚では、醤油漬けの圧勝です(笑)

純米酢バージョンも、それなりに美味しかったですが、
パパイヤ独特のクセが、少しですが立つ感じでした。

一方、醤油漬けの方は、
醤油とパパイヤが調和しており、
文句無しで美味しいです。

奄美の人々が、好んで食べられる理由が判った気がしました。

パパイヤは、何で仕込んでもそうですが、
漬かるのに時間が掛かります。

今回の2種は、1カ月程度でしたが、
糠漬けで美味しく食べようと思えば、3ヵ月以上掛かります。

そのため、途中で諦めてしまう人も、いらっしゃるようですが、
忘れた頃に、美味しく出来上がっているのですから、

ちょっと、儲かった気分で頂けちゃいますので、
ぜひ、挑戦してみて下さい。

火を通していませんので、
青パパイヤ酵素が完全に生きています!

酵素の王様とも呼ばれる青パパイヤ酵素は、
摂氏100度でも活性状態でいられるそうですが、

非加熱であれば、それ以上の力も期待できます。

ちなみに、薬用効果もある食材ですので、
食べ過ぎには注意して下さいね。

食前にひと口、ふた口食べるだけで、
充分に腸内環境を整備してくれます。

大切に頂きましょう。

Scroll to top